30日で彼女を作った恋愛工学生が実践している記録術

どうも。

笹川です。

彼女を作りたい
気持ちはあるけど、

社会人になってから
出会いも減ったし
どうやって作れば
良いか分からない。

出会いを増やすことが
大事と言われても
出会いの場に行った所で、
何をしたら良いか
分からないし、
自分なんかが
相手にされるか分からない。

こんな気持ちでヤキモキしたことはありませんか?

僕はありますよ。

今から、ちょうど
10年ぐらい前ですが

彼女を作るために
合コンをしたら良いと
言われましたが、

どうやって
セッティングをしてもらったら
良いか分かりませんでしたし、

友達に主催してもらうにしても
どうやってお願いしたら
良いか分からないレベルでした。

このレベルなので
当然、他に出会える方法を
摸索しても同じでした。

積極的に
行動を起こすことが
大事だと言われても、

行動を起こすための
はじめの第一歩の
ハードルが高いから
悩むんですよね。

仮に、行動をしたとしても、
3日ぐらいで辞めて
しまうことも
知っていますよね。 目標にするための

僕も何をするにしても
三日坊主でした。

なぜ、最初の第一歩を
踏み出せないのか?

なぜ、行動が続かないのか?

実は、これは、
根性論の問題ではなく
自分がやるべきことが
明確になっていないからなんですね。

彼女を作るためには、まず、出会いの場に行くことが大切

これでは、
抽象的すぎるのです。

例えば、明日、仕事帰りに
帰宅途中にあるバーに
30分だけよってから帰える。

ここまで具体的に
やることが分かっている状態だと、
行動できそうな
気がしますよね。

ただ、
やるべきことを
具体的にしても
最初は行動できても、
ハードルが高いことが分かると
人間、続かなくなるものです。

そこで、今回は、
ある記録を行うだけで、
やるべきことを明確にし、

あなたのレベルにあった
具体的な行動を
あなた自身で見つけ出し、
3か月後に彼女を
作る方法をお伝えします。

今回お伝えする記録術を
学んでもらえると、

今まで止まっていた
あなたの中の時間の歯車が
ゆっくりと回り始めます。

勿論、最初は、
さび付いた歯車なので
動いてるのかが分かりづらく、
前に進んでるのかどうか
分かりづらいですが、

この記録術を毎日行うと、
時間が立った時に、
あなた自身が大きく
変化していることに気づきます。

この記録術を
あなたの習慣に
取り込むことができれば、

女性経験も積めるようになるし、
自分には何が足りてないのかも
自然と分るようになります。

また、行動力が爆発的に
上がるだけでなく、
精神的にもすごく
成長することができるので、

万が一、
上手くいかないことが
続いたとしても、
めげることはなくなります。

今のあなたからすると
信じられないかもしれませんが、

3か月後のあなたは、
今のあなたではありません。

別人に生まれ変わっています。

上手くいかないこと続きでも
行動できる精神的に自立した男に
なることができます。

記事のタイトルに、
恋愛工学生と書きましたが、
一般的に言われる、
恋愛工学を学んでいる人のことでは
ありません。

恋愛工学とは、そもそも
藤沢和希さんが作った造語です。

女性を虜にする究極の技術「恋愛工学」をテーマにした藤沢数希氏の小説『ぼくは愛を証明しようと思う。』。昨年6月に出版されるや瞬く間にベストセラーとなり、累計5万部を超えた本作のコミック版が発売された。「恋愛工学」とはなにか。原作者の藤沢数希氏の特別寄稿――。

主に、理系の男性に
親しまれる言葉ではありますが、

内容としては、
実際に使える心理学のテクニックを
取り入れただけの
内容になっています。

今回、お伝えする方法は
それとは違っています。

このブログでは、
恋愛の勉強をしている
理系の男性を
恋愛工学生
と定義していきます。

勿論、理系ではない男性でも
取り入れることは可能ですが、

科学に精通している男性ほど
納得できる内容になっていますので、
理系の男性に
向けての内容となります。

文系の男性は、

恋愛と記録すること何が関係あるの?

と思われるかもしれませんが、
実際、記録をすると意志力が
あがるというのは、
科学の世界では
認知されてる事実なんですね。

人間には、
自分を客観的に
見る能力が備わっています。

そして、自分を客観的に
見る能力を向上させるための
研究もあります。

気になる人は、
1981年に出された
「注意力と自己制御」という
タイトルの論文を
探してみてくださいね。

僕自身、この記録術を
イベント屋の仕事をする時に
活用していました。

イベント屋というのは、
簡単に言うと、毎日、合コンの
セッティングを
するのが仕事なのですが

この仕事をする際、
女性と男性を
集めないといけません。

毎日、やるわけですから
知り合いを呼ぶ程度では
到底回りません。

なので、
どれぐらいの人を
呼ぶべきなのかを
客観的に見直し、
現実的に無理のない計画を
立てるための記録術を
取り入れました。

そうすると、
自分の許容範囲で
実現的できる目標設定をすることが
できるようになりました。

この技術は、
恋愛にも応用できると
考えた僕は、
ちょうどその時に
相談を頂いてたブログ読者のTさんに
記録術を教えました。

Tさんは、
理系出身で、
30代童貞でしたが、
この記録術のおかげで、
3か月後に見事彼女を
作ることに成功しました。

こういった実例があるため、
今回、
ブログ読者の皆さんにも
シェアするべく
公開することになりました。

めげない目標設定のコツ

目標設定する際は
目指すべき目標と
最低目標の二つを決めるのが
常識です。

目指すべき目標として
おススメなのは、
月に10人の女性のLINEをゲットすることです。

ただし、これは、あなたの
パフォーマンスが十分に
発揮された時のことだと考えてください

あなたが、今まで、計画的に
女性と出会うための行動を
したことがないのであれば

月に10人と出会うことを
目標にし、頑張ることは
大変良いことですが、
おそらく、
難しいとは思います。

まあ、どれぐらい難しいかは、
人によりけりなので、
実際に行動してみてください。

そして、普通は、
一か月に10人の
LINEをゲットしようとしたけど、
結局、4人ぐらいしか
聞けなかったら、
凹んでしまいますよね。

ですので、最低値の
目標も設定しておくことが
ものすごく重要なんです。

最低目標として、
月に3人の女性とは
デートができるように
頑張ってみてください。

自分の中では、
1か月で10人にLINEを
聞くための行動をするのですが、
大体、10人まで行くことは稀です。

ですが、10人という
あなたにとって、
難易度が高い目標を
掲げて行動をすることで
1か月過ぎた時に、
おそらく、3人以上は
LINEを聞けています。

これを3ヵ月続ければ、
最低でも9~12人以上は
LINEゲットできている
計算になります。

僕の経験上、
確率が悪い時でも
10人前後、
LINEを聞いていれば
その中で3人ぐらい
デートできます。

3人デートができたのなら、
全員口説くことが
できなかったとしても、
1人は口説けます。

なぜなら、
デートできる女性というのは、
半分脈アリみたいなものだからです。

あなたに
興味のない女性は
デートに誘っても、
理由をつけてこないか、
デートのお誘いを無視します。

ですので、
デートに来る時点で、
口説ける可能性が
十分にあるということなんです。

目標の基準値をあげる

あなたの成長を加速させるための
第二のステップとして、慣れてきたら
目標のレベルを少しあげましょう。

LINEを聞くという目標から
デートをするという目標に
レベルを上げるんです。

なぜ、デートをすることに
目標をシフトしたほうが
良いかというと

LINEを聞くことを
いつまでも目標にしていると
あなたのLINEリストに
女の子のアカウントは
たしかに溜まっていきますが、
そこでストップしてしまうんですね。

僕自身、昔、あるSNSで
1か月で30人ぐらいメールアドレスを
聞いたことがあったのですが、
デートができた女性は、
0人だった月がありました。

連絡先を沢山聞いて、
女性慣れした
つもりでいたんですが、
1か月だった時、
何も変わってないことに
気が付いたんですね。

朝起きた時、
隣に女の子が
寝てることもないし、
夜寝る時も一人です。

そして、ムラムラした時は
一人でオナニーするわけです。

一人でオナニーしている時に

笹川

やばい、女を知った気になってるけど俺何も変わってないぞ・・・


と思いました。

出会いを増やすために
動き出した人が
最初によく陥るポイントなので、

10人ぐらいLINEの
やりとりができる女性が出てきたら、
次のステップに早くいった方が
良いということです。

設定する目標としては、

1週間に最低1人とはデートができる環境を作る

という目標設定がおススメです。

なぜなら、
週に1人とデートをしていれば
間が空いて、人見知りに
戻ることもなくなるからです。

極論ですが、
デートの約束を入れていく時に
全く、デートの約束が取れない時も
これからでてくるでしょう。

そういう時は、
誰でも良いから
デートだけは
しておくべきなんですよ。

例え、ブスであっても・・・

最悪、お茶だけして帰っても良いです。

1週間女性と会わないぐらいだったら
そっちの方が良いです。

なので、週に1人とは
デートができる
環境を作れるように
頑張ってみてください。

そうすることで、
出会いを増やすためのモチベーションも
保つことができます。

やはり、10人LINEを聞いても
全員、関係が続くわけではなく

その中でも、
レスポンスが早い女性と
遅い遅い女性に分かれます。

そして、そのうち既読すら
つかなくなる女性も出てきます。

なので、出会いを
増やす行動を
辞めてしまったら
ダメなんですね。

一時爆発的に行動して
全く行動しない時期を
作るぐらいなら

一回一回の行動は、
少なくても良いから
定期的に行動したほうが、
習慣にもなりますから、
出会いの量は
安定していきます。

ただ、
3ヵ月掛かったとしても、
10人以上の女性から
LINEを聞くことが
できたのであれば
1週間に1人ぐらいデート
できそうじゃないですか?

イメージしにくいなら、
月単位で考えてみてください。

毎週
デートの約束を入れることを
意識していたら、

デートが先伸ばしになってしまい
1週目は、0人だったけど、
2週目は2人デートの約束が
とれたなんてこともあります。

ですので、毎週
デートの約束を入れることは
意識しておいてほしいのですが

目標の最低値として
1か月に4人の女性と
デートができればOKだと
考えてください。

理想を言えば、
1ヵ月で10人ぐらいと
デートできたら
最高ですよ。

ただ、10人は
難しい人も
多いと思います。

ですが、
1か月にたった4人と
会えば良いだけでしたら
本気で頑張れば、
なんとかなりそうに
思いませんか?

しかも、
3ヵ月続ければ12人です。

半年行動を続ければ、
24人とデートできます。

1年行動を続ければ、
48人とデートができます。

48人も会えば、
その中から
あなたのタイプの女性も
見つかると
思いませんか?

48人も会えば、
あなたが
どれだけダメ男でも
1人ぐらいは
あなたのことを好きに
なってくれると思いませんか?

1か月で4人の女性と
デートをするという目先の
目標は小さくても
行動を続けるだけで、
それなりに経験値が
積めるようになっています。

ですので、ぜひ
参考にしてみてください。

ポイント

  • LINEを聞くことデートをすることに目標を変える
  • 定期的に女性とデートができる環境をつくる
  • 最低4人と1か月の間にデートをする
  • 同じことを3ヵ月続けてみる
  • 3ヵ月続いたら、同じことを3回繰り返す【3ヵ月×3=9】約1年。
  • ここまでできたら、48人の女性とはデートができている。
  • 上手くいかないこと続きの時でも継続力を保つコツ

    目標設定をすることで
    あなたにとって
    どんなメリットがあるかは
    ご理解いただけたかと思います。

    ただ、今回の話の本題はここからです。笑

    実は、自分の人生を
    変える気がなかったり

    男

    俺のこと好きになってくれる女の子、いつか勝手に現れてくれないかな


    と思っているだけで
    全く行動しない人でない限り
    具体的な目標を
    決める所まではやります。

    ですが、行動していく中で、
    上手くいかないこともあります。

    上手くいかないことが、
    長く続くこともあります。

    大体、そうなった時に、
    心が折れて行動することを
    辞めてしまうんですね。

    じゃあ、どうやったら
    心が折れずに行動を
    続けられるのか?

    ここにきて、
    記録術を使います。

    記録のつけ方を
    今からお伝えしますが、

    毎日の記録と
    週単位の記録と月単位と
    分けて記録していきます。

    実際に僕が使っている記録方法は
    下記の表になりますので
    参考にしてみてください。

    ※ちなみに、この時は、
    1か月のデート代が、7万円ぐらいでした。涙

    これだけ遊ぶ女性がいる場合は、
    出費の節約を考えないといけません。笑

    なので、飲みに行く
    デートは極力避けました。

    まいちゃんとたかねちゃんは
    タイプだったので、
    結構良いお店に行った気がします。

    こういうことを
    やってしまった翌月は、反省して、
    SNSやマッチングアプリで
    知り合った女性に関しては
    最初の一回目は、
    極力お茶デートをして
    早めに切り上げてます。

    ※経費削減と、女の子が
    実際可愛い子なのか、
    可愛くない子なのかを
    見極めるためです。

    外で知り合った女性については、
    真面目に口説きたい女性のみです。

    デート代にお金を使うようにして、
    それが以外の女性は
    そもそも遊ばないようにするか
    安いデートにするかですね。

    これは、あくまでも
    僕の例なので
    初心者さんの場合は、
    こんなイメージの
    記録になってくるかと思います。

    あくまで例ですが。

    初心者さんの例。

    相席バー 5000円
    バー 5000円
    ダーツバー 3000円×2=6000円
    マッチングアプリ 3000円
    街コン 4500円
    クラブ 3000円
    HUB 500円
    出会うための費用 27000円
    デート代 7000円~15000円×5=35000円~75000円
    合計 6万~10万

    ※ナンパできるようなれば、
    バー、クラブ、
    HUBなどを中心に出会いを作れたり
    店員さんをナンパできるので、
    出費を抑えられます。

    マッチングアプリを
    使っても、ナンパと合わせて
    1週間で合計3人
    LINEを聞ければ、
    1か月で12人LINEゲットできます。

    費用は、15000円
    行くか行かないかぐらい。

    合コン街コン、
    相席屋めぐりは
    とにかくお金が掛かります。

    また、LINEで
    口説くのが上手になると
    デートの時に、
    高いお店を頼まなくても良くなるので
    1回のデート3000円ぐらいで
    口説くことも可能になります。

    あとは、自分が
    一人暮らしをしていると
    家に呼べるので、
    ホテル代はかからないです。

    もしくは、デートをする前に
    一人暮らしかどうかも、
    下心がバレないように
    こっそり聞いておくように
    することで出費を
    抑えることができます。

    そして、表をもう一つ作ります。

    出会った女性の表です。

    こうやって
    記録をつけることで、
    自分自身が
    行動しているかを客観的に
    見ることができます。

    思いっきり
    行動しているつもりでも
    実は、全然できてないことも
    ありますから、
    感覚はそんなに
    あてにしたらダメです。

    そして、自分を客観視するために
    記録をつけてるわけなので。

    女の子の記録の方は、
    口説いてる女性との
    関係性が明確になります。

    また、たとえば、
    誰かに相談をする時にも
    役にたちます。

    例えば僕に相談する場合も
    この表を送ってもらうとします。

    LINEを聞けてる人数は多いのに、
    既読無視が多い場合って
    あると思うのですが

    メールでイチイチ説明してもらわなくても
    表を見たら、それが分かります。

    そうすると、
    上手くいかない原因も
    かなり絞り込むことができるので
    お返事もより
    的確になるということです。

    女の子の表の方は、
    出来れば、スマホで
    管理できたほうが良いですね。

    紙に書いて誰かに見られたら
    恥ずかしさ満点だと思いますし、

    スマホで管理しておくと、僕なんかに
    相談してもらう時も、楽だと思います。

    アプリを使うなら、
    evernoteがおススメですよ。

    上記の表も、
    evernoteで作りました。

    また、カレンダーの方は、
    見える所に置いといたほうが
    良いです。

    できれば、
    自分の家に壁紙として貼ったり
    ホワイトボードに
    書いておくなどしておきましょう。

    そして、毎日、
    帰ってきたら、
    記録をする。

    週間を作ることが大切なので、
    ホワイトボードを
    用意するのがおススメですね。

    ホワイトボードだと、
    女の子を家に呼ぶことになっても
    写メだけとっておいて、
    すぐに消せます。

    記録をして、
    月末に、自分の行動を
    見返してみてください。

    自分の課題、欠点なども
    浮彫になりますので、

    その上で相談してもらえると
    ものすごく的確な
    お返事ができると思いますし、
    もしかすると、自力で
    問題解決できることもあるかもしれません。

    口説けなかった女性は失敗と考えない

    何をやったら、
    失敗するのかが分からない人は、
    何をやったら
    うまくいくのかもわかりません。

    逆に何をやったら
    失敗するのかが分かる人は
    何をやったら
    うまくいくのかも分かります。

    つまり、失敗しないと
    上手くいく方法は
    分からないということです。

    ですので、失敗を避けて
    通ることはできません。

    ですが、
    失敗が続くと
    人はめげます。

    ですので、めげないための
    考え方を最後にお伝えします。

    失敗を経験させてくれた女性は、
    自分の成長の
    糧になってくれたんだと
    考えるようにしてください。

    あなたの欠点に
    あなたが気づくための
    実験体になってくれたと
    考えるようにしてください。

    そうすることで、
    めげることはなくなります。

    今回の話いかがだったでしょうか?

    僕の記録の例を見せましたが、
    言葉で言われるよりも、
    具体的なイメージが
    できたのではないでしょうか?

    毎週、どこか
    出会える場所へ出かけながら
    マッチングアプリをやっていたとしたら
    何も問題がなければ、
    女性との出会いはできますし、

    毎週行動をしているのに
    出会えない場合は、
    自分の第一印象の
    どこかに問題がある可能性が
    あるということが分かります。

    その場合は、こちらの記事を
    見返してみてください。

    自分の第一印象が悪い場合
    原因となる要素は
    そんなに多くありませんし
    ちょっと努力したら
    改善できるものばかりなので。

    一番マズイのは、
    自分の行動量が分からず
    漠然とした問題を
    抱えてしまうことです。

    1か月に何回か、
    婚活バーなどに行くけど
    あんまり連絡返ってこないかな。

    こんな感じの人は、
    半年たっても
    成長できません。

    そもそも、
    婚活バーしかいかないことも
    問題なんですけど、
    仮に、婚活バーに行くのであれば
    毎週行く場所を予め決めて、
    最低でも〇〇人から
    LINEを聞くと言う目標も決めます。

    その上で、
    どういう結果になったのか?
    という所がないと
    何を改善したら良いのかも
    分からないということです。

    今回のお話しを、
    もう一度だけおさらいしますが、

  • まず、目標を決める
  • 毎日記録をつける
  • これだけです。

    めちゃくちゃ簡単なので、
    ぜひ、実践してみてください。

    次回予告

    コンプレックス克服の心理学

    俺みたいな男を
    好きになってくれる
    女性なんて
    世の中に存在しないんじゃないだろうか?

    コンプレックスを
    お持ちの男性でしたら
    こういう気持ちになったこと、
    人生で何回もあると思います。

    僕も勿論、
    何回もありました。

    頭では
    落ち込んでいる時間が
    勿体ないことは
    分かっていました。

    なので、僕は、絶対に
    めげやすい自分を
    克服しようと思い
    沢山の行動心理学を勉強しました。

    心理学というのは、
    実際に学んでみて
    分かりましたが
    実践で使うには
    難しい理論と最初から、
    実践で効果のあることを
    前提に作られた技術があります。

    次回は、実際に、
    僕が学んで効果のあった
    心理学の技法を
    お伝えしていきますので
    楽しみにしておいてください。

    お伝えする内容は、
    感情のコントロールが
    できるようになる方法です。

    自信がなくても大丈夫!女性を前にしても緊張せずにいられるメンタルの作り方