どうも。

笹川雄太です。

先日、ドSの風俗嬢と本番する方法
僕の経験談を交えてお話ししましたが、

今回は、逆にドMの風俗嬢と
本番に持ち込む方法をお話ししようと思います。


というより、今日も、僕の経験談になります。笑


ドMの風俗嬢を
本番に持ち込む極意ですが
まず、基本的に、
ホテヘルかデリヘルを使います。


1.最初からイチャイチャする



肝心なのは、
最初の5分間です。


出会ってからホテルに入るまで
どれだけ、イチャイチャする
ことができるかが
ポイントになります。


会った瞬間に、

「めちゃくちゃ、セクシーな体してるね!」

とか

「うわ、めちゃくちゃタイプやわ」

というようなことを言いながら
ホテルに向かうわけですが、
この時に手をつないで
ホテルに行きます。


2.ホテルに入った瞬間プレイを始める



そして、ホテルの部屋に入った瞬間、
女性にキスをします。


この時、大抵の風俗嬢は

「まだ、早いから」

と注意するんですけど、
たまに、押しに弱い風俗嬢がいます。


かなり、この場合は、
かなり抵抗が弱いので
すぐに分かります。


で、そこから、下を触ると
ほとんどの風俗嬢は、

「先に電話をして、シャワー浴びないといけない」

と怒られるのですが、
ここで流れに身を任せる風俗嬢は
ドMだと判断できますので

「お前、ドMだろ」

って言います。

すると、

「はい」

という返事をしてきます。


あと、一旦、女の子にタイマーを
押させても良いのですが、


僕はこの流れの場合、
シャワーも浴びずにそのまま
本番に持ち込んでしまいます。


本番に持ち込むコツは、
下を優しく愛撫したり、
手マンをしながら、
ベットに移動をして、
コンドームを、女の子につけさせます。


そして、

「ほら、入れてくださいって、言いなさい」

と言います。


本当にドMな風俗嬢は
この流れだと、確実に
入れてくださいと言ってきますので
そうなったらごちそうさまです。笑


ドSな男性だと、
このプレイは
かなり興奮します。


また、このやり方は、
デリヘルにとどまらず、
性感マッサージでも使えます。


性感マッサージも
当たり外れはあるんですけど
ものすごく変な女性は
少ない気がします。


性感マッサージは普通、
下半身のマッサージだけですので
女の子は神のパンツをはきます。


ですので、おっぱいに触るのは
禁止とか言われるんですけど、


イチャイチャしながらホテルに入り
ホテルに入った瞬間、キスをして、
愛撫を始める。


そして、このまま流れに
身を任せるような子なら
本番まで持ち込めます。


正直、本番禁止どころか
抜きなしのお店で、本番まで
持ち込むのはかなり興奮します。


ただ、一つ注意点があります。


ホテルに入った時に
女の子が、つよく抵抗をしてきたら
すぐにやめてください。



あまりしつこいとお店に通報されて
めんどくさいことになります。


よほどのことがない限り
怖い人は出てこないですが、
基本的に、この手のプレイをやる時は
ホテルに持っていくのはお金だけです。


免許証とかキャッシュカードとかは
持って行かないようにします。



何かトラブルがあった時はよく、
免許証のコピーをとられたりするので
そういうものは最初から
もっていかないことです。


そうしたら、怖い人が出てきて

「免許証のコピー出せ」と言われても
持ってないというしかないです。

お金を出すように言われても、
持ってないというしかないわけです。


まあ、そもそも、
こんな怖い思いをしてまで
行きたくないでしょうし、
こんな経験は普通はしないです。


ただ、悪質なお店は避けたほうが良いので
まず、ネットなどで調べてから行くことを
おすすめします。



ということで、
笹川雄太の風俗体験記でした。


最後まで、読んでいただき
ありがとうございました。


あと、個人的には、
セックスをしたいなら
風俗ではなく、
ペアーズなどの恋活サイトに
お金を使ったほうが賢いと思っています。


たかだか、3000円
ちょっとの投資をするだけで
工夫次第で、一か月に
10人前後会えるわけです。


ですので、あまり、
お金に余裕がない方は
ペアーズをやってたら
良いと思います。





ただし、どうしても、
風俗嬢の攻略をしたい場合は
下記のノウハウが
すごく参考になります。


⇒53人の風俗嬢を口説き落とした方法の詳細はこちら