どうも。

笹川です。

女性は褒めるだけでなく、
いじったりからかったりして、
感情を揺さぶったほうが口説ける
というお話を聞いたことがあると思いますが、
言われたことを鵜呑みにして
失敗する人が後を絶ちません。

本日は、いじるやからかう会話が、
なぜ女性の好意をあげるのか?

ということについて
お話していきます。

女性と仲良くなるための会話の基本は褒めること


基本的に、良好な関係を
築きたい相手との
会話では褒めることは基本です。


特に、男と女の関係になりたい
女性であれば、尚更、褒めないと
いけません。


なぜなら、褒めないだけで、
気を悪くすることが女の子には
あるからです。



例えば、髪型の変化に
気付いてあげれなかったら、
口には出さなくても、

「この男って、本当に鈍感ね・・・・・」

と思っています。


だから、褒める会話というのは、
できていて当たり前です。



褒めることを忘れて、

やってしまって、
嫌われるパターンの人が
ものすごく多いです。


だから、まずは、
褒めることをマスターしましょう!!


ただ、勘違いしないで欲しいのは、
いじることやからかうことは、

本来正しいタイミングで使えば、
すごく効果があります。


イメージが定着しない男になれます。


エッチをするまでは、
イメージが定着するというのは
正直マズイです。


理由は、イメージが定着した瞬間、

「この人って、どんな人なんだろう?もっと知りたいな」

という興味が無くなるからです。


興味を持たれなくなると、
あなたのことを想像しなくなります。


だから、好きになることは、
ないんですね。


ユーモアが上手になれば、
思われることはあまりないのですが、


自意識過剰なタイプの女の子だと、
ばかりだと、

「この人は褒めてばかりの人なんだな」

というイメージで
固めてしまうことがあります。


これだと、女の子にとっては、
媚びている男に
近い感覚になりますので、
いじるやからかうことを
取り入れていくんですね。


そうすることで、
良い意味で女の子の期待を
裏切ることができます。


例えば、

「笹川君なら、ここは褒めてくれるだろう」

と思っている所で、あえていじったり、
からかったりすることで、

女の子の頭の中に
?を作ることができます。


「あれ?この人って本当は私が思ってたのとは違うタイプの人なのかも」


と、謎解きをするかのように
あなたに対して、
より興味を持つようになります。


だからこそ、
いじるやからかうことは
有効なのですが、

いじって相手の機嫌を損ねている人は、
いじり方に問題があります。


いじった後にフォローの褒め言葉を
言っておけば大丈夫だと言う人もいますが、


極端な話、

「お前は本当にバカだなー。」
「私はどうせバカですよ。」
「冗談、冗談。怒った顔も可愛いよ」

上記のようなからかい方をしても、
女の子の感情を
揺さぶれはするかもしれませんが、
印象は確実に悪くなります。

「この人無神経だわ。」

というようにです。

ですので、いじった後に、
フォローすれば大丈夫
という考え方は、
あなたは、本日限りで辞めてください。


女の子を無駄に怒らせて失敗をするのは、
あなたの恋敵となる、他の男達だけで十分です。


では、正しいいじり方っていうのは?

参照記事



また、
藤村勇気の総合恋愛会話教材で
詳しく学ぶことができます。


どの会話ノウハウを学ぼうが、
あなたの会話力が向上すれば、


結果オーライなので、
問題ないのですが、


いじるの部分に関しては、
少しだけ言わせて頂くと、

どうせ、会話を学ぶなら、
リスクの無い方法を学んでください。

藤村会話術の軸というのは、
褒めるとユーモアです。


だからこそ、話をしていても
相手に嫌悪感を
持たれることがないんです。


そしてたまに、
いじるから、
すごく効果があったりもします。


また、いじり方も、
相手をイラっと
させるいじり方ではなく、

「え?そんないじり方をするの?笑」

って思われるようないじり方なので、
嫌悪感を与えてしまう心配を
全くしないくて良いんですね。


だから、藤村会話術を学ぶことを
強くオススメしています。


恋愛の勉強をする時間は同じでも、
学ぶ内容が違うと、結果もかなり
違ってくるわけですから
ノウハウの選択はお間違えのないようにです^^


藤村勇気の総合恋愛会話教材の感想と豪華限定特典のご案内