どうも。

笹川です。

女の子を喜ばせる基本は、
褒めることです。

女の子に限らず、
褒められてイヤな気分になる
人間はいません。


女の子の場合は、
男より感情を大切にしている分、
効果があります。


ただ、残念なことに、
褒め方を間違えると、

時と場合によっては、
不愉快な気分にさせてしまうことが
あります。


だから、褒める会話というのは、
さほど、重要視されないんですね。


恋愛ノウハウの場合だと、
褒めることよりも、

いじることを
推奨していることも
あるぐらいです。


ただ、誤解のないように
お話しておきますと、


女性を喜ばせる会話の基本は、
いじることではなく
褒めることです。


基本ができていないと、
当然何をやっても
うまくいくことはないので、
まずは褒めることを
しっかり出来るようになりましょう。

褒めて相手を不愉快にさせるのはどんな時か?


褒めたつもりなのに、
相手には褒め言葉じゃない時です。


例えば、かなり太っている女性に、

「○○ちゃんのお腹ってプヨプヨしててめちゃくちゃ気持ちいいね。」

と言っても、不機嫌になることはあっても、
上機嫌になることはありません。

褒め言葉として言ったけど、
太っていることを
気にしていますので、

触れないで欲しいという女心を
理解しておいてあげないといけません。


極端な例でしたが、
褒めてるつもりでも

相手は嬉しいとは
思わないことが、結構あります。

例えば、
容姿の整った女の子に

「カワイイね^^」

と言うこと、
背が高い女の子に
「スタイルいいね」

と言うこと、どちらも、
女の子を喜ばせることは難しいです。

たとえ、

「ありがとう^^」

という返事があっても、
それは社交辞令です。


理由は、言われることに、
慣れてる言葉を言われたからです。


新鮮な会話というのは、大切です。


「おはよう。」
「こんにちは。」
「こんばんは。」


挨拶をする時は、
何も考えずにすると思います。


ただ、「おはよう」という所で、
「おやすみ」と言われたら、
一瞬、「あれ?」と思いますよね。


「おはよう」と言われたら、
「おはよう」と返すのが、
当たり前ですが、

当たり前の会話というのは、
相手にとって、
想定の範囲内の会話なんです。



想定の範囲内の会話は、
感情が全く動きません。



女の子に褒め言葉を使う時も
同じことが言えます。


「カワイイね」と
言われることに慣れている子に、
「カワイイね」と言っても、
上記の挨拶と同じで、
感情が動くことは全くありません。



ですので、褒める前は、
女の子が何回も言われてそうな
褒め言葉を考えて、
その言葉は使わないように
意識してください。


別に視点から、
褒めてあげることが
重要になります。


今日は、褒めることの効果を
全く感じられない人に
向けてお話してみました。


褒めることは
効果がないのではなく、
褒め方に問題があるかもしれないと
考えてみてください。


1人の女の子に
1000通りの褒め方を
試してみれば、
褒める会話の強さが分かります。


ちなみに、褒める達人になると
駆け引きが難しいと
言われているキャバクラでも
通用する会話力を持てます。


そして、達人レベルまで
褒めるスキルを極めたい場合は、
藤村勇気の総合恋愛会話教材の
褒めるの章を学ぶことをオススメします。


“褒め”だけで
NO1キャバ嬢を口説いている男が
作ったノウハウですよ^^


下記が「藤村勇気の総合恋愛会話教材」のレビューになります。

藤村勇気の総合恋愛会話教材の感想と豪華限定特典のご案内