こんにちは。

笹川雄太です。

デートをして、
エッチをするまでの過程で
避けて通れないのが、
ボディータッチです。


女の子がどれだけ自分に
心を開いてくれているのかを見る時に、
一番、正確なのが、
肉体の距離感です。


険悪感を示している相手には、
あまり、近づきたがらないものですし、

気を許している男性には
女の子の方からボディータッチを
してくることもあるぐらいです。


恋愛経験が豊富になってくると
会話の中で、好意を読みとれる
ようになってきますが、


経験が少ないうちは、
特に、目に見える反応の
ほうが分かりやすいです。


ただ、ボディータッチは
もろ刃の剣だということを
覚えておいてください。


女性との距離を一気に近づけることもあれば、
一気に警戒されてしまうこともあります。



だからこそ、下手なボディータッチは
しないようにしてください。


あまり、誰もお話しませんが、

手相を見るふりをして、手を触る

という小手先のテクニックがありますが、
ぶっちゃけ、女の子は気づいてます。


「この人、私の手を触りたいんだな・・・」


ってです。


女の子に警戒されない
ボディータッチは、
理由づけができてさりげなく
触れる時に限ります。



警戒されずに自然とボディタッチができる状況



例えば、人込みに埋もれて
身動きがとりにくい時は、

手をつないで引っ張ってあげても
下心は全く感じさせません。


逆に頼もしく感じてくれます。


ですので、僕の場合は、
ボディータッチをしても
不自然に思われない時以外は、
しません。


自称ヤリチンの人とかだと

「頭を撫でてあげたり、手を褒めながら触ったり、
しながら、ボディータッチを積極的にしていきましょう」

というような意見が多いと思います。


ただ、実際、
ちょっと遊び慣れている男なら
やっていることですので、


差別化という点で見ると、
このボディータッチの仕方は
個人的にはオススメしません。


女の子は、
ウソをつくのが
得意ですから、

本当はイヤでも
嫌がっている素振りを
見せません。


キャバクラのスタッフをしたことが
ある方でしたら、
すごく分かると思うのですが、


男が思っている以上に
女の子は男の下心に敏感です。


ですので、あまり好感を
もたれていないうちから、
触ろうとすると一気に好感度を
下げてしまいますので、


いざ、という時のために
ボディータッチはとっておいたほうが良いです。


ここぞ!というタイミングで
一気にボディータッチを使うほうが
その後もすんなり口説けます。



ナンパ師用語で言う、
グダなんて起こりません。


それに、好意のある相手であれば
女の子もボディータッチをされたら
嬉しいですので、

あえて、触らないことで
結果的に焦らすことも出来ます。



焦らすとどうなるか?


実話ですが、手をつないで、
なぞるように指を触っていたら、




こんな状態になってました。


ボディータッチはやり方次第で、
女の子の性欲を一気に高めることも出来ます。


下手なボディータッチだと、
キスをするまでに、大体グダが起こります。


ですので、

  • 普通のボディータッチは、さりげなくできる時以外はしない。

  • ここぞ!というタイミングでは女の子がエッチな気分になるボディータッチをする


  • ということを覚えておいてください。


    では、どのタイミングで
    ボディータッチをすると
    女の子のパンツが大洪水になってしまうのかというと、


    藤村会話教材
    【女性を徹底的に惚れさせるための章】
    P.82でお話してくれています。