どうも。

笹川です。

俺ってどうして、
女になめられるんだろう・・・・

あなたにも思い当たる節があるなら、
今日のお話は、ためになる
お話になると思います。


最近、

女性に舐めれている気がするのですが、
どうしたら、なめられなくなりますか?


というご相談を受けることがあります。


なぜ、こんな質問が
くるのか不思議だったのですが、
話を聞いてみると、

上記のご質問をされる方には
共通点がありました。


口下手という共通点です。


あなたが、口下手で
女性に舐められているように
感じるならそれは、
勘違いかもしれませんので

すぐになめられていると
決めつけるのは辞めてください。


舐められているわけではないと
思いながら女性と接する。

舐められているかもしれないと
思いながら女性と接する。

思いが違うだけで、
女性の本心が分かったり
分からなったりします。


今日は、この意味が分かるように
順を追ってお話していきますね^^


なめられやすい男となめられにくい男の違い



僕がお伝えしたいことは、

あなた「なんで、俺って女に舐められるんだろう?」

僕「それは、気のせいですよ」

ということです。


なぜ気のせいだと
言えるかというと、

女性からなめられる男が
どういう男かを知れば、
自分はなめられる男
ではないことが理解できるからです。


まずは、なめられている状態の定義づけが必要です。


女性にいじられることが
多いとかでしたら、

それは、なめらている
ということではなく、

たまたま、いじられキャラの
ポジションにいるだけですし、
いじられキャラは愛されているということを
理解しておいてください。



なぜかというと、
絡みにくいと思われていたり、
気難しいと思われている人は、

いじられることがありませんが、
相手から積極的に
心を開いてくれることはないですよね。

いじられキャラっていうのは、
よく言えば誰でも
話しかけやすい存在でもあるんです。


ですから、いじられキャラのポジションは
上手に利用したら、モテ男に変身します。



僕の知っているモテる男の中には、
いじられて怒る男など一人もいません。


むしろ、美味しいと思っています。


ですから、いじられキャラは
決してなめらているわけでは
ないんですね。


それじゃあ、
どういう対応が
なめらている対応というのか?


ということなのですが、
服やお金をねだらるような
キャバ嬢とお客さんのような関係だったら、
なめらていると言えるでしょう。


実際のキャバ嬢とお客さんの関係の場合は、別です。


なめらている状態とは、
言い換えれば、
見下されている状態とも言えます。


女の子に見下されているような
態度や接し方をされているなら、
なめらていると言えますが、


そもそも、
男を見下すような悪女は、
10人いたら、
1人いるかいないかぐらいの
確率ですので、
そうそう出会うことはありません。


唯一なめられやすい存在といえば、
ナンパ師です。



あとは、100人斬りを自慢しているような男です。


この記事を見て、
気分を悪くしたナンパ師がいるなら
それでも結構です。

一般の女から見下される行為が
プライベートの時間に
街中で女の子のケツ
ばっかり追い掛け回す行為(ナンパ)です。


ストリートナンパが
女性から見下される行為だと
自覚しながらナンパする分には
問題ないです。


ただ、ネットでナンパの勉強をした人は
ナンパ師を崇拝するような人もいるので

ストリートナンパをしている人間の
世の中での立ち位置を
知ってほしかったんです。

ですので、相手がストリートで
ナンパしたような女性なら
舐めている態度を
とってきても仕方ないです。


これは、仕方がないこと
だったりもしますので、
あまり、ひどい場合は、
関係を切ったほうが良いです。


改善の余地ありだと思えば、
口説き落とすまでは我慢して、

女性のわがままに付き合い、
口説いたあとにしっかり
教育するといった選択になってくるのですが、


基本的に、女性からよっぽどの
クズだと思われない限り、
なめられることなどありません。

上記を踏まえた上で、
あなたは、本当に
女性からなめられているのかを
考え直してみてください。


殆どの場合は、
本当になめられているわけではなく
勘違いである可能性が高いです。


舐められているのではなく、退屈しているだけ



それでは、なぜ、
なめられているように
感じてしまうのか?

やはり、捉え方の問題です。


例えば、中学生や
高校生の不良は
目が合っただけで、

「誰にメンチきってるんや。なめてんのけ!?」

とか言ってきますが、
このレベルで物事を見ていると
女性になめられていると
思う機会も増えるかと思います。


例えば、僕にご相談をしてくれた方の多くは、

他の男の前では、楽しそうに話すのに、自分と話す時は、
あまり、笑ってくれないし、大人しい男だと思われていそうだから
自分のことをなめていると思います

というようなことを
決まって言われるのですが、

単刀直入に言ってしまえば、
厳しい言葉ですが、

「それは、なめらているのではなく、女性があなたと話す時は退屈しているから、笑顔を見せないだけ」

というのが答えになるんですね。


女性が、他の男の前では
笑っているのは、
話していてい楽しいからです。

楽しくもない時の笑顔というのは、
社交辞令の笑顔ですので、

口下手だと自覚をされているなら、
自分が女性と話して、

あまり笑ってくれないのは
当然の結果だと考えてください。

ただ、落ち込む必要はないです。

自分の現状も
わからないような人なら、

上記のような事を言うと
落ち込むかもしれませんが、
口下手だと自覚をされているなら、

自分を客観的に
分析することもできますので、
自分のペースでも良いので、
口下手を直してください。


あなたならできます。


僕は努力で解決できない問題に
関しては口を出しません。


個人の努力で
どうにかなる問題だから
お話しています。


また、先ほど、
ナンパ師やチャラい男は
女性から見下されると言いましたが、


それでも、チャラい男たちが、
沢山の女性を口説ける理由は、
女性を退屈させないからです。



女性にクズだと思われていても
なめられていても、

楽しませるスキルがあれば、
女性も気が変わったりすることが
あるからです。


ですので、
口下手なら、
口下手を直す。


大物の芸人のような
トーク力がないと
女性を楽しませることが
できないのであれば、

トークにはセンスが必要ですが、
女性一人を口説くトーク力ぐらいは、
本当に努力次第で
問題なく身に付きます。


ですので、大切なのは
トーク力を磨くということから
逃げない姿勢でいることが
何より大切だと理解してくれれば、
今日のお話は収穫ありです。