褒めるだけだと、
媚びている男だと
思わてしまうと
言われることがありますが、
それは、短調な褒めしか
していないだけです。

多くの男は褒める工夫が足りないんです。

どうも。

笹川雄太です。


最近、褒める
お話ばかりですけど、

何度もお伝えしないと
いけないぐらい、
大事な部分で、

何度もお伝えしないと
大切さが伝わらない部分だからこそ、
何度もお伝えしています。


「褒める話はもういいんだよ」


色んなご相談に
のってきましたが、
こんな方に限って、


褒めることが
ものすごく疎かに
なっていたりしますので、
ちゃんとお話を
聞いて欲しいです。


本日も、褒めについて
また違う角度からのお話を
していきたいと思います。


「女の子は褒めるだけではダメ?」


というテーマです。


普通に、考えて
会話って色んな話を
しますよね。


今までの自分の会話内容を
振り返ってみてください。


特定の会話しか、
しなかったことなんて
ほとんどないと思います。


ですので、
褒める会話しかしない
ということ自体、
有り得ないのですが、


「褒めてるだけだと、女の子は口説けませんよ」


こんなことをあなたも
聞いたことがあると思います。


だから、お話させて頂いています。


女の子を口説く基本は、
女の子がして欲しいことを
してあげること、

言って欲しいことを
言ってあげることです。


ですので、
笑わせて欲しい時は、
褒めることよりも
笑わせてあげたほうが
良いのは当然のことなんですね。


ですので、
褒めることを
優先させたほうが
良いことがある場合は
当然、そちらを優先させます。


ただ、会話の基本は
やはり、褒めですので、


>「褒めてるだけだと、女の子は口説けませんよ」


この言葉を鵜呑みにして、
全く褒めないぐらいなら、

褒めまくったほうがまだ、
女の子は口説けるというものです。


ものすごく細かいことを言うと、
褒めるだけでは
口説けない女の子もいますが、
全く褒めなくても
口説ける女の子はいないです。


褒めることが下手だと
女の子の心を動かすことなんて
できないんです。



だから、まずは褒め上手になること。

褒めるだけでは
口説けなかった時のことは
その後考えましょう。


今、褒めることを
意識的に会話に入れても
反応がイマイチな場合は、
褒め方に問題がある思ってください。



褒め方が上手になると、
褒めるだけで
落ない女の子でも
反応が微妙になるということは
ほぼありません。


会話自体は多いに
盛り上がっていることが
大半ですので、


褒めても反応が
微妙な場合というのは、
褒め方に問題があるとしか
言えないんですね。


だから、褒め上手になるまでは
まず、褒めることを
極める勢いで、
頑張ってください。


褒めを上手にならないと
何も始まらないです。


女の子を褒めることから
逃げないでください。


先日もお話しましたが、
天才と言われる領域まで
褒めを極めている男って
本当にいないんですよ。


だから、褒めを極めることで
希少価値の高い男になれます。


他の男では話せないようなトーク、
会話の盛り上げ方が出来るんです。


頑張らなきゃいけないのは
最初だけです。


なんとか、
褒めを自分のものに
してしまえば、
会話が本当に楽になります。


冗談をいうことが
苦手な場合も
褒めて、
スベるということは
まずないので、
意識してやってみてください。


慣れないうちは、
自分が普段使わないような
褒め言葉を言うことが
ちょっと恥ずかしいぐらいです。笑


ですので、
褒めることにまず
慣れてください。


普段褒めない会話が多かったのなら、
褒めることの効果も分かりますよ^^


あと、褒めの天才を目指すなら、
藤村勇気の総合恋愛会話教材も
持っておいてください。


「売り込みウゼー」と思われたなら、
このブログを閉じれば良いだけなのですが
褒めるの章は、本当に
革新的過ぎる内容になっています。


自力で褒め力を伸ばすのと、
藤村会話教材で内容を学んでから
褒め力を伸ばすのとでは、
成長スピードが段違いです。


僕自身、身をもって、
経験していることですので、
間違いありません。


藤村勇気の総合恋愛会話教材の感想と豪華限定特典のご案内