どうも。

笹川です。

最初に、
なんて声をかけたら、
女の子は返事を
してくれるのか
分からないと悩む人は
多いかと思います。


そこで、、今回は、
少しだけですが、
無視されにくい
声のかけ方を
お伝えしてい行きます。


これからお伝えする声のかけ方は
実際、100人以上の女性に声を
かけたデータを元に説明しています。

関節系ナンパの声のかけ方


「落としましたよ」

この声かけですが、
無視される可能性がかなり低いです。

この声かけよりも
反応がある声かけはないのかと
いうぐらい反応があります。

ただ、物事は一長一短ですので
勿論、デメリットもあります。

それは、第二声目が
難しいということです。

僕の場合は、
「あ、落としましたよ。出会いを!」とか
言ってますが、
笑ってくれる女性もいれば、
そこから急に
無視する女性もいます。

まあ、ナンパっぽくない
声かけだけに
そこからどうやって、
ナンパにシフトしていくかが
キーポイントになります。

一応、データをとってみましたが、
100人に「落としましたよ」と声をかけて
LINEが聞けたのは、10人前後でした。

成功率は
あまり高くないですが
ナンパ初心者さんが、
声かけに
慣れるためにやるナンパであれば、
この声かけは大いに使えます。


「すみません。○○ってわかりますか?」

信号待ちの時に、上記の質問を
女の子にしてみてください。

高確率で教えてくれます。

ただ、このかけも
上記と同様に、
ナンパにつなげるのは
難しいです。

100人に実践した所、
ここからナンパにつなげて、
連絡先を聞けたのは、23人でした。

ナンパが苦手な人は、
ハードルの低い声のかけ方だと
思います。

直接系ナンパの声のかけ方


「ナンパなんですけど」

無視されることが
多い声のかけ方ですが、
反応してくれた女性は、LI
NEを聞きやすい
というメリットもあります。

100人に試した結果、
12人のLINEをゲットしました。

この日は、たまたま12人でしたが、
日によっては、もっと
LINEを聞ける日もあります。

「ヒーコのファッションチェックっていう番組なんですけど・・・」

こちらは、ナンパもののAVを
真似しての声かけになります。

LINEを聞けた人数ですが
意外にも、100人中13人でした。

「一回で良いから、お茶してください」と土下座

100人中、37人LINEを聞けて、
さらにそこから7人の女性とデートまで
つながっています。

ナンパごときで、土下座をするのは
バカバカしいとは思いますが、

バカバカしく感じる行為だからこそ
真似する男も少ないため、非常に
成功率は高いです。笑

ただし、その後、LINEのやりとりが
続く女性は少ないです。


「今、youtubeの企画で・・・・」
(スマホを持ちながら声かけ・・・)


演技力が必要になりますが、
慣れてきたら、おススメできる
声かけになります。


直接敵で尚且つ、
女性と話しをする口実を
先に作ってしまうようなものですから、
会話を成立させやすいんですね。


ですので、慣れてきたら
お試しください。

今回のまとめ


上手い声のかけ方が、
ナンパの成功率を変えると
思っている人もいるだろうが、

一番大切なのは
声のかけ方ではなく、
声をかけた後、どのようにして
会話を盛り上げて、
興味を持たせるかです。

あと、声のかけ方に
こだわるよりも
声をかける人数に
こだわったほうが良いです。

声のかけ方が分からないなら、
最初から何を言うか決めてから
声をかけに行くことが大事なので、
今回の記事を参考にしてください。