カフェで働く女性と仲良くなる方法

先日、このようなご相談を頂きました。


よく行くカフェの店員さんを好きになりました。年下の女性で、23歳みたいです。自分よりも年下です。彼女には連絡先を一度聞いて断られてるのですが、なんとか仲良くなりたいと思っています。ですが、周りの目も気になります。何かアドバイスを頂けると助かります。


実は、よく行くお店の店員さんと仲良くなりたいが、
どう接して良いか分からない人は多いので、


今回は、上記のご相談もあるので、
カフェ店員さんと仲良くなるためのコツについて
お話していこうと思います。


まず、上記のご相談に対してのアドバイスからしていきます。


仲良くなるパターン1


店員さんと仲良くなるための王道と言われる
パターンをお伝えしておくと、


まず、連絡先を聞いて断れわれる状況は、
作らないように工夫しておくことが大切です。


一度でも断れれてしまうと、女性にも警戒されてしまうし、
次からそのお店にも行きにくくなるし、
女の子が他の店員さんにも相談したら、”変な男”という
レッテルをそのお店で貼られてしまうことになります。


だから、本来は、一発で連絡先は聞かないとダメです。


「それじゃあ、どうやったら、失敗せずに連絡先を聞けるの?」


という疑問については、僕のスペシャル特典を勉強してください。


date

100%失敗しないデートの誘い方


仲良くなるパターン2

他の店員さんとも仲良くなり、他の店員さんから、
良いお客さんだと彼女に言ってもらえるような構図になるように
持っていく。


です。


今回のご質問者さんの場合は、パターン2の選択をする必要があります。


なぜなら、一度、連絡先を聞いて断られてしまっているからです。


ですので、何事もなかったかのように、
今後もお店に行き、他の店員さんとも積極的に
絡むようにします。



連絡先を交換できたら、できるだけ早めにデートに誘うこと。



ここからは、連絡先を交換した後の話になりますが、
連絡先の交換後は、できるだけ早めにデートに誘うことです。


彼女が冷めてしまう可能性がありますし、
彼氏ができる可能性だってあるからです。


また、長期的にやりとりを続けていくうちに、
ボロが出てしまう可能性もあるので、短期間で
勝負に出たほうが良いです。


友達から仲良くなりたいという思いもあるかもしれませんが、
ナンパのような出会い方で友達の方向性に持っていくのは、
口説くことよりも、難易度は高かったりします。


ご自身の、コミュニケーション能力に自信があるなら、
友達になっても良いのですが、自信がないうちは、
まずは、口説くことを考えたほうが良いです。


コミュニケーション能力次第で、店員ナンパは成功率が変わる


店員さんをナンパして、成功するかしないかの
確率というのは、その人の会話力に影響されます。


話をして楽しそうな人だと思ってもらえたなら、
連絡先を教えてくれる可能性は高くなります。


逆に、話しても、楽しそうな男だと思われなければ、
彼氏がいなかったとしても、お断りされることがあります。


店員さんと仲良くなるコツについて、話しましたが、
結局の所、一番大切なのは、会話力です。


オススメの教材


藤村勇気の会話教材
恋愛教材を探しまくれば、

『カフェの店員をナンパする方法』

という教材があるかもしれません。


でも、そういう教材をオススメする人は、
多分、恋愛ができない人だと思います。


なぜかというと、上記でもお伝えしたとおり、
本質の部分を理解していれば、会話力を磨いてもらう
ことが、ナンパの成功率をあげることに繋がるからです。


会話力を磨くということであれば、
僕がオススメするのは総合恋愛会話教材になります。


藤村勇気の総合恋愛会話教材の口コミや感想について


まとめ


カフェの店員に限らず、お店の店員さんと仲良くなりたい場合、
二人っきりの時に連絡先を聞いてしまうのが原則です。

戦略はこれぐらいで十分です。

あとは、会話をして、楽しい男だと思ってもらえることが重要です。

楽しませる自信がない場合、選択肢はひとつしかありません。

会話の勉強をして、会話力を磨くです。

メニュー


■【読者プレゼント有り】メルマガ

■狙った女性を確実に落とす恋愛講座

■女に好意を持たせるLINE術指南講座

■女性の理性を崩壊させるセックス講座

■youtube動画講座

■ご相談、お問い合わせ

soudansenyou☆renaisyouzainavi.com

知りたいことや話して欲しい内容がありましたら下記からご注文ください

あなたの知りたいことをご記入ください

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ