どうも。

笹川です。

ペアーズなどの恋活アプリをやってるのですが、
女性と会うまでは出来るのですが、
二回目のデートがないことが多いです。

どこを改善したら良いですか?


というご質問をよく頂きます。


口下手出身の僕も過去に
この問題にはぶつかりました。


実践されてる方は、原因のほうは
薄々気づいておられると思います。


LINEのやりとりをしていた時の
女性のあなたに対するイメージよりも


実際に会った時のあなたに対する
イメージが劣っていたので

「期待外れ・・・」

と思われてしまった。


ということが原因です。


ペアーズなんかを
されてる方はよく分かると
思うのですが

真面目にされていたら
会話の練習にもなったりする
じゃないですか。


ですので、女性との
コミュニケーションに
慣れはするんですけど、


第二の壁として、
リアルでの会話との違いに
直面するんですね。


リアルの会話の場合は、
返事を返す時間が全然ない
ということです。


LINEやメールだと

「なんて返そうかな」

って考える時間が
たっぷりありますが
リアルではそうはいかないですよね。


だから、口下手を自覚しているなら
デートの前に、話す話題をいくつか
決めておくと良いと思います。


ただ、それでも何も考えずに
話をしていると、すぐに話題は
尽きてしまいます。


ですので、一つ一つの話題を
しっかりと盛り上げる必要があるのですが
これだと、上手くいっても


女性のイメージは

「思っていた通り、楽しそうな人で良かったな^^」

という感じになります。



もちろん、
このイメージでも
女性は

「この人のことをもっと知りたい」

と思ってくれますので、
良いのですが、


僕が、女性をその日のうちに
お持ち帰りできるようになったのは
もう一段、上のレベルを
意識したからです。


背伸びをすることであなたのレベルは上がる



女性との会話をもりあげることは
当然のようにやりつつも、


LINEのやりとりをしていた時には
みせていなかった自分の一面を
みせるようにしてるんですね。


例えば、LINEのやりとりでは
基本的に、女性と一緒に
会話を盛り上げる
必要がありますから、
自然とくだらない会話が
多くなっていると思います。


LINEのやりとりでは
真面目な話は
あんまりしませんし


真面目な会話を
LINEでいっぱいすると
返事を返すのも
そのうちめんどくさく
なってきます。


ですので、真面目な
会話をLINE上でする機会は
あんまりないと思います。


ただ、リアルで会っている時なら
真面目な話はありですよね。


「普段は、おチャラけていたりするけど
真面目な一面もあるんだ。」


LINEのやりとりで、
楽しい会話ができていれば、
リアルであった時
真面目な話をすることで
上記のように思ってもらうことができます。


ただし、リアルでも
基本的には
楽しい会話が大切です。


真面目な話ばっかりしていると

「なんか、この人イメージと違う・・・」

となってしまいますから。


あと、他にもリアルでしか
見せれない一面というものも
あります。


お酒の席の気配りだったり、
デート中のエスコートだったりです。


例えば、事前に
彼女の好きそうな
お店などもデートの前段階で、
さりげなく聞いておいて、


適当な感じでデートの日程だけ
決めて、誘うとします。


そうして、デート当日、
適当に決めた感じを出しておいて


実は、彼女の好きなお店を
バッチリセッティング
していたとなったら

これはサプライズになりますので
女性の心を動かすことができます。


ですので、小さなサプライズは
何かできないかは、結構考えたりします。


最初は、中々思いつかないんですけど
色んな女性とのデートの約束をしながら

一生懸命考えているうちに、
アイデアがでるようになったりしますので

とりあえず、失敗しても良いから
思い浮かんだことをやってみる。

この行動がサプライズ力を
つけていくことに繋がります。


あと、デート中に何をしてあげたら
彼女は喜ぶのか?


ということも普通に考えています。


  • どこを褒めてあげたら喜ぶのかな?

  • どういうことを言ってあげたら、いっぱい笑ってくれるのかな?

  • 好きな所を見つけてあげたら喜ぶのかな?

  • 何かをしてあげたら喜ぶのかな?

  • など、彼女が喜ぶことを
    一生懸命考えます。


    この考えるという部分は、
    下心無く純粋に喜ばして
    あげたいという気持ちでやるのがポイントです。


    結局、この気持ちを持つことで
    思わぬサプライズが
    思い浮かぶことがあります。


    ですので、2回目が
    ない人のほとんどは
    話すことで精一杯に
    なっているような感じだと思いますが、


    この段階を克服するためには、
    今、精一杯になっていることよりも
    もう少しハードルが高い所も意識
    してみると良いです。


    話すことで精一杯なら、

    ・彼女が喜ぶことを一つしてあげよう。

    ・彼女が喜ぶ所を沢山褒めてあげよう。

    ・デート当日までにサプライズを一つ考えてみよう

    など。


    ワンランク上のテーマに挑むことで
    精一杯になる所も変わってきますので、
    デートの回数をこなしていくと

    「あれ?なんか、気づいたら、女の子と普通の話をするのはできるようになっていたな」

    ってことに気が付きます。


    デート中に何も意識せずに
    ただ、会って話すだけだから

    いつまでも同じ悩みを
    抱え続けることになります。


    成長していってることが
    実感できる時というのは、


    悩みが次第に変わって
    いっている時です。


    ですので、悩みが変わらない間は
    成長していないわけですから、

    上記のように、今よりも
    背伸びをして頑張ってみると
    良いということです。


    ただ、もちろん、
    レベルの高いことに挑戦を
    するわけですから、
    失敗もあります。


    失敗をしても良いように、
    失敗をしても良い女性との
    デートの機会をいっぱい作ることが
    大切なんですね。


    ですので、一人二人会って
    二回目のデートがなくて悩んでいるなら

    もっとデートが出来る女性の数を
    増やしましょう。


    何人もあっているけど、
    いつも、2回目がない場合は


    デート中に、
    今日お話ししたようなことを
    意識してみてください。