告白ってやっぱり、
シュチュエーションと
タイミングが大切な気はするけど、

自分には経験がないため、
アイデアも沸いてこない。

彼女にどうやってこの気持ちを
伝えたら良いか分からないし、
どうやったら振り向いて
もらえるかもわからない。

恋愛経験が少ない男でも、
女性に振り向いてもらえる方法ないか?


・・・・・実はあります。


告白は、自分の気持ちを
一方通行で伝える手段であって、

相手を振りむかせるための
ベストな手段ではないことを、
過去、好きな女性に振られた時に、
学びました。


その教訓を活かして、
以降は、告白をして、
女性に振り向いてもらおうと
考えることはやめました。

そして、

いかにして女性に自分を魅力的に見せるか?

いかにして、
好意的に見てもらえる接し方や
振る舞いをするかという
部分を研究しました。

その結果、

上手くいく女性を
上手くいかない女性を

100%の確率で
見きわめられるようになったので、
振られる恋愛はしなくなりました。


そんな僕が、今回は
告白で悩んでいる方に向けて
少しアドバイスをしたいと思います。


告白は何のためにする?



一般的には、
告白をしたら、
付き合えるかもしれない

という淡い期待を込めて
するものだという認識が
あると思います。


あとは、自分の気持ちを
早く伝えて楽に
なりたいという気持ち
から告白をする人もいますよね。

「もし、上手く言ったら・・・」

という運任せの
恋愛でも良い人は、
告白は良い手段だと思います。


ですが、僕のような、

「絶対に好きな女性は振り向かせたい」

という気持ちが
強い人には、
告白という手段は
向いてません。

告白というのは、
一方通行の好意を
伝える手段でしかないからです。


相手も好意を持ってくれていたら、
成功しますが、
そうでなければ、
失敗します。


好意を伝える手段というのは、
告白以外にもあります。


そういう意味では、
告白は相手を確実に
振り向かせたい時には、
ベストな手段ではないですよね。

大切なのは、
自分の気持ちを
伝えることではなく、
相手から好意を持ってもらうことです。


好意を持ってもらうためにどうする?


好意を持ってもらうためには、
自分の気持ちを伝えるのではなく、
自分の魅力を伝えることが大切になります。


自分の魅力を伝えるためには、
女性との根本的な
コミュニケーションから
大切になってきます。


女性をちゃんと
笑わせていますか?

女性をちゃんと
褒めてあげていますか?

女性を楽しませてあげていますか?


できていないのであれば、
あなたの魅力は女性には
伝わってはいません。


ですので、
自分の気持ちを伝える前に、
準備はしっかり
できているのかを、
確認してください。


デートに来てくれた女性に対して、

「デートに来てくれたってことは、俺に気があるんじゃ・・・」

と自分がどう思われているかを考えるのではなく、

「デートに来てくれたんだから、今日は思いっきり楽しんでもらおう」

と楽しい感情を与えてあげよう
という気持ちを持つことが
ものすごく大切なんです。


この基礎ができてから、
好意を伝えていくからこそ、
女性も好意的に
見てくれるのです。


ですから、
女性をエスコートする
という姿勢を持ち、


楽しませてあげる
という思考から
逃げないでください。


話をまとめますが、
相手の好意を
確信できる時でなければ、
告白は失敗する
可能性があります。


ですので、
好意の伝え方にも
色々と方法がありますので、
告白以外の方法も
考えてみましょう。


正しい好意の
伝え方をしていれば、
女性も態度や表情にでますので、
分かります。


ですので、
相手が好意を
持ってくれているか
分からないから、
告白をしようという考え方が
だめなのは当然ですが、

好意が分からないこと自体、
正しいコミュニケーションを
していない可能性が非常に高いです。


ですので、
女性に自分の魅力を
伝えるコミュニケーションから
学んでいってください。


ちなみに、
自分の魅力を伝えていくためには、
下記の記事から
インスピレーションを
得られると思います。

参照:狙った女を確実に口説き落とす方法