“一撃”という名の口説くためのステップとは?

落とした女の子ほど
落とせない


・・・・・


この時の気持ちって
恋愛ノウハウに魔法を求めてしまう
気持ちと似ていますね。



こんにちわ



笹川雄太です。



童貞さんや
恋愛経験が少ない方に
よくあることですが



女性を美化しすぎてしまう



ってこととです。



女の子は、オナラもしないし
ウンチもしない
肌はプルンプルンで
匂いをかげばボ○キしてしまうほど良い匂いがする



流石に、ここまでの人はいないでしょうが
僕は、良い匂いだったら、超、元気になります♪


ただ、


女の子は男性経験が少ないものだと
思っていたら、ダメです。


彼氏がいないだろうなと思っていてもダメです。



こういう考えがもしあるなら
美化してしまっている傾向がありますので
現実を知らないといけません。



妄想じゃなくて、現実で口説けるように
なりたいのならです。



自分がこうなりたいと
思うことは強く想いましょう。



じゃないと、なりたい自分にはなれません。



狙った女に好きな男がいてもいなくても
俺の方に振り向かせてやる!マインド


です^^b


自分の狙っている女の子を振り向かせたい時に
自分の気持ちを我慢できずに何かしらの好意を伝えてしまったり
好意がバレてしまったことって、僕も昔ありましたけど、


そういうことをしてしまうのも
女の子を美化してしまっているからですね。


「お前が楽になりたいだけだろ?」
「女の子のことを理解する努力をしろよ」


多分、昔の自分と話せるなら
告白をする前に言ってたと思います。


告白をして
上手くいく理由は、相手にも
何かしらの好意があったりするからです。


相手にその気も無いのに
好意を伝えても、


買う気も無い商品の売り込みを
されているのと同じです。



極論を言ってしまうと
道端でよくあるキャッチセールスと
さほど変わらないってことです。


「めんどくさいなー」


きっとそういう気持ちでしょう。


女の子も同じ気持ちだってことを
学ばないといけないです。


沢山の経験の中からでも
ノウハウからでも良いので。



全然、良くないノウハウも確かに世の中沢山ありますけど
良いノウハウも一般的には否定されていますが


そういうのを否定している人達は
自己満足の恋愛をしているんじゃないかなと
思ったりする時があります。


恋愛は、一言で言えば
奉仕ですので、


相手がされて嬉しいことや
喜ぶことをしてあげるのが
当たり前です。


そのためには
結局、相手の心を読むスキルも
必要になってくるんですけど


相手の手を繋ぐだとか
それが出来たら、キスをしてみるとか


そういうことが出来たら
相手にも好意があるって確認できたり
しますので、



自分だけの判断で
急に好意を伝えてしまうのって



会って間も無い子に
突然キスをしようとしているのと
同じです。


そう考えたら、
なんでも、急にするっていうのは
ただの自己満足でしかないってことが
わかりますよね。



キスをする時はちゃんと
キスをしても良いような雰囲気を作ってからです。

悪魔の手引書


この二つのノウハウをお持ちの方は
既に分かっていることでしょうけど。



石井さんのノウハウで
キスをする時の雰囲気って実際にどんななのか?
その雰囲気ってどうやって作れば良いのか?を
映像で見て学び


キスのトリックで、
どういう流れでキスが出来るのか?
ってことを学んだ方ならです。



一撃で相手の心をつかんでいくには

こういうプロセスを分かっていないとダメです。


急にやると失敗します。



一撃っていうのは、
“会って速攻で”という意味ではなくて
“会えば確実に”という意味ですよ^^b



そこの意味を履き違えなければ
変なノウハウには惑わさる可能性が
一つ減り、自分がこれからどうしていけば良いのかも
分かりますよ。



笹川雄太




■この記事に対して思ったことや質問したいこと等
ありましたら是非お気軽にメールして下さい。



下記のフォームを使うとすぐに
抵抗なく僕にメールを送ることが出来ます。



メール素材


メニュー


■【読者プレゼント有り】メルマガ

■狙った女性を確実に落とす恋愛講座

■女に好意を持たせるLINE術指南講座

■女性の理性を崩壊させるセックス講座

■youtube動画講座

■ご相談、お問い合わせ

soudansenyou☆renaisyouzainavi.com

知りたいことや話して欲しい内容がありましたら下記からご注文ください

あなたの知りたいことをご記入ください

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ