声に出さないコミュニケーション

藤村勇気の総合恋愛会話教材

こんにちは。


笹川雄太です。



今回お話することは


恋愛が出来るようになりたい方に
とってはためになる記事


特に恋愛をしようと思ってない人に
とってはつまらない記事


になると思いますので
予めご了承ください。



いきなりですが、コミュニケーションっていうのは
声を出して話すことだけではありません。


メラビアンの法則って聞いたことないですか?


結構有名なので知っている人は知ってると思います。


・ボディーランゲージ 55%
・話し方 38%
・話しの内容 7%


上記は、相手に与える印象の比率です。


この比率のことをメラビアンの法則と呼ぶのですが、
会話の内容っていうのは、7%しか相手に伝わってないってことです。


半分以上の割合を占めるのが
ボディーランゲージです。


つまり、身振り手振りやジェスチャー、
顔の表情、声のトーンなどのほうが
相手に伝わりやすいということです。


口下手な人、
女の子とあまり仲良くなれない人の多くは
感情的な人間に見られにくいことが多いです。


逆に、会話が上手な人や
モテる男ほど感情的な人間に見られます。


感情的か感情的じゃないかの違いは
どこで見られやすいかというと


話の内容ではなくて、
身振り手振り、ジェスチャー、
顔の表情、声のトーンなどの部分が多いんですね。


そして、
恋愛がしたいなら一番最初に
意識しないといけないことが

感情的な人間だと思われるような
振る舞いをすることです。


周りの人から

「感情表現豊かだね」と言われる人は
大丈夫なんですが、


あまり言われない人は
自分は感情表現が豊かだと思われていないと
自覚することが大事です。


大切なのは、
「俺は感情表現を豊かにしてるぞ!」
という主観的な目線ではなく、


他人からどういう印象を持たれているかという
第三者からの目線です。


で、感情表現が乏しいと思われている人は
自分は感情表現が豊かだということを
アピールしないといけません。


アピールしないと伝わらないからです。


じゃあ、どうやってアピールをすれば良いのか?


ということが学べるのが、藤村会話教材の
【ノンバーバルコミュニケーションの章】です。


実際、会話教材ともなれば
どの教材でも

「ボディーランゲージって大事ですよ」とか
「感情表現を豊かにしましょう!」

ということはお話してくれていると
思うのですが、


この程度だと、自分自身で、
感情的に見せるように意識するレベルだと
思います。


ただ、感情表現が豊かじゃない人の多くは
感情的な人間に見られるための答えっていうのを
知らないことが多いです。


答えが分からないから自分なりに
模索をして終わってしまうんですね。


そもそも、
自分なりに答えを探して
問題を解決できているなら
今悩んでいませんよね。


自分の脳みそを使って考えても
分らないことはどれだけ考えても
答えは分らないままです。


ですので、自分で考えるのではなく
正しい答えを学んで実践したほうが
無駄な時間を使わなくて済みます。


また、感情表現を伝えるだけじゃなく、
雰囲気って恋愛では大事ですよね。


雰囲気を作ったり、読み取ったりするのも
実は、ノンバーバルコミュニケーションです。


ノンバーバルコミュニケーションの章


藤村勇気の総合恋愛会話教材レビューはこちら

メニュー


■【読者プレゼント有り】メルマガ

■狙った女性を確実に落とす恋愛講座

■女に好意を持たせるLINE術指南講座

■女性の理性を崩壊させるセックス講座

■youtube動画講座

■ご相談、お問い合わせ

soudansenyou☆renaisyouzainavi.com

知りたいことや話して欲しい内容がありましたら下記からご注文ください

あなたの知りたいことをご記入ください

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ