質問しない会話法

藤村勇気の総合恋愛会話教材
こんにちは。


笹川雄太です。


会話のキャッチボールをする


という表現方法は色々な所で使われがちですが、
意味をはき違えている人が最近多い気がします。


まぁ、テレビなどでも言われていたり
するので正しい情報だと思ってしまうのは
無理ないかもしれませんが、今後は正しい情報から
知識を得るようにしてください。


会話のイケメンの章P.70
『プライバシーの質疑応答について』


上記に正しい情報が書かれています。



会話のキャッチボールを成立させるためには
質問をしないといけないと思い込んでいる人が
世の中には多すぎます。


質問をしないといけないと思ってしまうのは
質問をしないと会話が持たないからじゃないでしょうか?


たしかに、質問をするのは
会話が楽になります。


ただ、質疑応答の会話自体に意味はないんですね。


なぜ意味がないと言えるかと言うと、

・名前
・職業
・年齢
・住んでいる所


上記の情報は知らなくても、
女の子は口説けるからです。


実際、僕は今聞いてません。


聞かずに女の子と仲良くなってますし
聞かずにホテルへ行ったことも何回もあります。


「それは女の子に対して失礼なんじゃないの?」


と思うかもしれませんが、
“誠実さ”というのは付き合った後に
見せてくものなんですね。


付き合う前から見せてもあまり女の子に響きませんし、
アピールをしているつもりでも気づいてくれないことがよくあります。



個人情報は聞かなくても、
仲良くなれば自然に女の子が話してきます。


例えば、僕の経験上だと
ホテルに行く前や、飲みに行く誘いをした時


「ねえ、そういえば私たちお互いのことまだ何も知らないよね。名前なんて言うの?」


といった具合に聞かれますので、
その時に初めて答えれば良いんですよ^^


つまり、女の子に聞かれた時初めて答えれば良いわけです。


心理学では自己開示という言葉があるみたいですが、
実際の所自己開示をして親近感が沸くかと言うと
実は違います。


一緒に笑って会話が盛り上がるから
親近感が沸くんです。


特に仲良くなっていない間柄だと
個人情報を聞いてしまうことで、


女の子に

「この人気持ち悪いな・・・」

と思われてしまう可能性も出てきます。


ですので、質問をするんじゃなくて
一つの話題でどうやって会話を盛り上げていくかを
意識すると会話力アップにつながります。


とは言っても、僕も昔は相手の個人情報をよく聞いていました。


聞かないと会話が持たなかったからです。


ただ、会話力を磨きたかったので

・名前
・職業
・年齢
・住んでいる所


これらの個人情報を聞かないように
仲良くなることを癖になるまで意識したんですね。


最初は難しかったんですけど、
慣れてきたら、個人情報を聞かないことが
普通になりました。


そして、それから会話を盛り上げるのが
楽になりました。


どうでも良い話題でも盛り上げれるようになったからです。


誰でも話す話題で盛り上がるのは簡単です。


盛り上げるのが難しい話題でも盛り上げれるから
女の子は



「この人との会話って何か新鮮♪」



と思ってくれるんです。


そのやり方を1から10まで
教えてくれているのが藤村会話術ですよ!



藤村勇気の総合恋愛会話教材レビューはこちら

メニュー


■【読者プレゼント有り】メルマガ

■狙った女性を確実に落とす恋愛講座

■女に好意を持たせるLINE術指南講座

■女性の理性を崩壊させるセックス講座

■youtube動画講座

■ご相談、お問い合わせ

soudansenyou☆renaisyouzainavi.com

知りたいことや話して欲しい内容がありましたら下記からご注文ください

あなたの知りたいことをご記入ください

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ