目を見て話すと緊張するからこそ、会う前に好意をあげておく

「口下手だから、メールで口説こう」


上記のような”逃げ”の姿勢で
メールをしていても、中々女の子は
口説けないです。


なぜなら、どれだけメールをして仲良くなっても、
いずれ会って話をしなければいけない。


というプレッシャーがあるからです。


恋愛は本来楽しむものですから、
楽しい感情よりも、プレッシャーのほうが
強い精神状態だと、


楽しいメールを送ることも
難しくなります。


ですので、そんな時は
練習だと思って、メールをしましょう。


練習だと思って、メールをすると、
気持ちが楽になります。


何事も理屈っぽく考えてしまう癖を
もっていると、伝わりづらい部分ですが、


気持ちが楽になると、
結構、楽しいメールが思い浮かぶことが多いですよ。


また、女の子との会話が苦手だから、
メールで口説こうという考えは逃げですが、


いずれ、口下手は克服するつもりだけど、
今はまだ苦手だから、メールも最大限活用する
という考えは、逃げなどではなく、賢い考え方です。


実際、メールには、リアルの会話とは違い、
内容を考える時間があるというメリットがあります。


メール=会話


を意識していると、メールが上手になるにつれて
会話も上手になっていきます。


リアルの会話が苦手だと、
沈黙の時間が辛いですよね。


メールだと沈黙を気にしなくて良いので、


メールの練習=会話の練習だと
考えれば、全てが繋がり、


自分のやっていることは、
間違ってはいないという確信を持つ
ことができます。


また、リアルの会話に自信がない時ほど、
メールで口説くことは、難しくても


出来るだけ好意をあげておくことも、
大切なことです。


好意をあげて、会う前に

「俺実はあまり、話すのとか得意じゃないから、盛り上げれなかったらごめんね。」

と言っておけば、沈黙が多少あっても、
女の子は大目に見てくれます。


頑張って盛り上げようとする姿勢は必要ですが。


逆に好意もあげていない状態で、
何も伝えずに、沈黙が続くと、

「この人と遊んでもつまらない」

と思われます。


仮に、会っている時に、

「実は、俺話すのあまり得意じゃないんだ。なんかごめんね。」

というようなフォローを入れたとしても、
手遅れです。


「じゃあ、なんで私をデートに誘ったの?」

って思われます。


会う前に好意をあげる作業は、
保険みたいなものです。


会う前に好意をあげるのってどうやるの?


という場合は、藤村勇気のメール教材で
勉強してください。



藤村さんが、何年も実践し、
最短で口説くためには何をすれば良いかを
追求して作られたノウハウです。



時間を大切にされている方ほど、
良い自己投資になることをお約束します。


この記事で登場した教材


メール術ヘッド画像
藤村勇気の女を口説く携帯メール術レビューと特典案内


メニュー


■【読者プレゼント有り】メルマガ

■狙った女性を確実に落とす恋愛講座

■女に好意を持たせるLINE術指南講座

■女性の理性を崩壊させるセックス講座

■youtube動画講座

■ご相談、お問い合わせ

soudansenyou☆renaisyouzainavi.com

知りたいことや話して欲しい内容がありましたら下記からご注文ください

あなたの知りたいことをご記入ください

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ