純粋な気持ち=真面目、バカ正直ではないです

こんにちは。


笹川です。


前回、純愛についてお話しましたが
言い忘れていたことがあったので
今日はその続きをお話しておきます。


純愛をするために、大切なのは
【思いやり】ですが、


この思いやりの捉え方を間違えていると
相手に嫌われます。


というか、底の浅い男だと思われます。



逆に、しっかり理解できるとめちゃくちゃ
女性からモテます。



本来なら、この言葉ってすごく深いんですよ。


だから、1日やそこらで
学べるものではないですし
簡単に語れるものでもない。


dearwoman


結果を出された方なら、僕の言っていることは
よく理解できると思います。



自分は純粋でいたいと強く思っている方ほど
真面目でバカ正直でなければならないと思っていることが多いです。


自分の気持ちに正直になることは
人として正しいことです。


真面目に生きることも正しいことです。


ただ、自分の行動や意見を貫き通すことと
自分の意思を貫き通すことは似てるようで全く違います。


思いやりとは、極端に言えば
自分のことよりも、相手のことを優先して考えること。


・自分が傷つくかどうかよりも、相手が傷つかないかどうか気にしてあげる
・自分が辛いかどうかよりも、相手が辛くないかどうか気にしてあげる
・自分が楽しいかどうかよりも、相手が楽しいかどうかを意識する


こういう意識をまず持つことが、
思いやりの第一歩です。



好きな子が今いる方は、その子に対して
世界で一番思いやりを持っているのは誰かを
一度考えてみるようにしてください。


間違いなく、その子の両親です。



もちろん、思いやりのない親も世の中にはいますが、
ほとんどは、親以上にその子を大切に思っている人はいません。


親のとる行動を見て欲しいのですが、

・その子の将来のことを考えて、嫌われるとしても言った方が良いことは言う
・その子がどんな境遇でも味方でいてあげる
・人生がうまくいってそうな時はほったらかし、辛い時は支えてあげる

こういうことをしていますよね。


思いやりとは、上記のようなものです。


ですから、好きな子と純愛がしたい方は
自分の感情を優先させるよりも、


まず自分の感情を冷静にさせる
ことからするようにしてください。


で、”相手にとって”ということを
考えてあげることです。


媚びるという意味ではないですよ。


相手が客観的に見て、
人としてやったらダメなことをしたら


それはダメだってことを
ちゃんと伝えてあげないとダメです。


もちろん、嫌われしまうこともあります。


ただ、それでも相手のことを思ってあげることが
本当の思いやりです。


好きな子に好きな男がいるとしたら、どうするか?


その子の恋が実るように
応援してあげないといけないです。


もちろん、その好きな男よりも
自分の方が幸せにしてあげられる自信がある場合は
その子をしっかりと口説いてあげないといけません。



極端なことをいうと、
その子の幸せを考えた時、


自分が世界で一番幸せに
してあげられる自信がない場合は


どうやったら、その子が幸せになるのか
他の方法を探さないといけないということになります。



だからこそ、その自信を身につけるために
女性経験を積まないといけないんですね。



自分の自信がつくまでです。



好きな人しか見れない人ほど、
自分のものにしたい!!


という感情だけで動いている気がします。



今、自分の隣にその子がいて
幸せな気持ちでいてくれるかどうかを
考えてみてください。


他の男に取られない自信があるかどうかも。



昔から、何度もお伝えしていますが、


dearwoman



純愛をされたい方に
とってはすごく良い内容になっています。



1~6章までの構成の順番にも全て意味があります。



笹川雄太



■この記事に対して思ったことや質問したいこと等
ありましたら是非お気軽にメールして下さい。


下記のフォームを使うとすぐに
僕にメールを送ることが出来ます。


メール素材

メニュー


■【読者プレゼント有り】メルマガ

■狙った女性を確実に落とす恋愛講座

■女に好意を持たせるLINE術指南講座

■女性の理性を崩壊させるセックス講座

■youtube動画講座

■ご相談、お問い合わせ

soudansenyou☆renaisyouzainavi.com

知りたいことや話して欲しい内容がありましたら下記からご注文ください

あなたの知りたいことをご記入ください

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ