こんにちわ

笹川雄太です

こうしてブログを書いていると
一番嬉しいのが、
メールをくれた方の
成果報告とか
感謝のメールです。


この気持ちって、
記事を書いている側しか
分からないのかも
しれませんが、

やりがいというか
僕にブログを続ける力を
与えてくれます。


メールをくれた人は
皆上手くいって欲しいな
と思うからでしょうか

その相談者さんが
モテない情報発信者の
わけの分からないノウハウに
惑わされいることを知ると、
物凄く腹が立ちます。


今日は、

「信用出来る人間」

というお話でもしようかな。


何せネットの世界なので
相手の顔が見えないわけですから
簡単に信用出来るはずがありません。


これは、僕に対してもきっと
同じだと思います。



ただ、本当に
想っていることって

やっぱり、言葉となり
それが文章に出ますので
伝わる人にはつたわってくれているみたいですけど。


それで、人の信用って
そういう所だと思うんですよ。


一番大切なのはですよ。


例えば、ネットの世界だと

「○○の雑誌に載りました」
「芸能人の○○さんの取材を受けました」

っていうのがありますけど
あれは、こちらがお金を払えば
そういうことが出来るので、
当てにはなりません。


僕色んな人と
お会いしたことありますけど
そういうことをやっている人も
何人か会いましたけど
やっぱり会うと、


信用できる人なのか、
出来そうにない人なのか
分かってしまいます。


今回はネットを
例にだしましたが
こういうステータスというか、

社会的地位というか
そういう所で
人を判断すると本当にいつか
痛い目に合います。


だから、

その人の魅力ってどこにあるのか?

って所を見た方が、
自分の人を見る目も養えるし
本当に良い出会いが
あったとき人と、

「この人すごいな」

って素直に思えますよ。


アンテナを変えるだけで
自分の方向性を、
良い方にも悪い方にも出来ます。


それを決めるのは自分なので、
何が正しいのかをちゃんと
見極めないとダメです。


正しいっていうのは、
自分にとってのですよ。


安易に判断してしまうと
失敗しますから。



特に人間関係の場合です。



アンテナを変えるだけで
良い出会いがある。


正確に言えば、
良い出会いだとわかるようになると
言いましたけど


これは、女性に対しても同じです。


世の中には色んな女性がいて特に、

出会いが少ない人、
恋愛経験が少ない人は
選ぶということをせずに

出会った女性を好きに
なってしまうことが
多いですよね。


特に出会いが少ない人は
少ない出会いの中から、
自分に合った女性を探そうとして
しまいますよね。


でも、本当はその女性が
自分に合っているかどうか
なんて考えもせずに、
とりあえずその女性をどうにか
振り向かせようと必死になります。


自分にあった女性を
見つけたいなら
まずは、女性を見る目を
肥やさないとです。


女性を見る目もないのに、
いくら頑張っても上手くいく
可能性なんて低いです。


  • 女性に困らないで遊びまくっている男

  • 大切な女性が出来て結婚して幸せになった男


  • どっちが、多いと思いますか?


    これは
    僕の意見でしかないですが
    遊び人の方が断然多いです。


    少し、頑張って
    出会いを増やしていけば
    女性に対して免疫とか、
    経験も自然とついてきますので、
    結構簡単になれるんですね。


    最初の出会いを増やす一歩が
    大変に感じますけどね^^;


    でも、そこさえ
    乗り越えたら後は

    「なんだ以外と簡単じゃん」

    っていうのが
    先駆者としての感想です。


    ただ、結婚とか
    大切な女性を見つけるっていうのは
    もっとむつかしいです。


    本当に、何年たっても
    円満で幸せそうに続いている夫婦、
    カップルって
    どのぐらいいそうなのかを
    イメージして頂けると、


    思っているよりも
    少ないっていうことが
    なんとなく分かって
    頂けると思います。


    そのぐらいむつかしいことなんですよ。


    女性を選ぶことって。


    まあ、沢山の女性と
    遊んでいる男と
    大切な彼女を見つけて
    上手くいっている男は


    そもそも張っている
    アンテナが違うから
    自分に合った女性を見つけないのは
    当然なんですけどね。


    自分に合った女性を
    探している人は
    正しいアンテナの
    張り方をしってください。


    DEAR WOMAN & Courage ?最愛の彼女を短期間で作るための最後の切り札?


    それで、
    僕が言いたいことは
    一回を好きになってしまったら
    仕方が無いことでは
    あるんですけど


    それでも、
    もっと沢山の女性を見て、
    本当に女性っていう生き物が
    どういう生き物なのかを
    知った方が良いです。


    これは、結局、
    その好きになった女性を
    口説ける男になるために

    経験を積むという意味でも
    大切なんですが

    もしかしたら、
    その女性が本当に
    自分と相性ピッタリな
    女性かどうかだって
    分からないってことです。


    特に熱が入っている内は、
    冷静に見れなくなりますから
    相手の可愛い所しか
    目に入らないですよね。


    経験の少ない人ほど
    この傾向は強いと思います。


    だから、自分の今狙っている女性に
    ばかり目を移さずに、
    もっと色んな女性を
    知ることです。


    どうせ、今の自分では
    口説ける自信がないのならです。


    本当に色んな女性がいますから。
    「この子はこういうタイプ」
    だなんてタイプ分け
    出来ないぐらいにです。


    好きな男の前では、
    あえてツンツンしてしまったり、
    避けてしまう女性も
    いれば向こうから
    積極的にアプローチしてくる女性だっています。


    皆口説き方が、違うように
    見えるかもしれませんが
    基本的な所は同じです。


    だから、しっかりとした
    口説きの一本筋を理解することが
    一番大切です。


    それが出来たら、

    「女の子が殻に閉じこもってしまった時はこうして・・・」とか
    「距離をおかれてしまった時はこうして・・・・」とか

    なりませんから。


    たまに、知識だけ凄くあって
    そういう講釈ばかり
    垂れている人もいますけど

    「そのような状況になってしまった時はこうやって・・・・」

    といっている時点で
    恋愛が上手くない証拠ですので、

    あんまり、
    そういう人の話に耳を傾けても
    知識は豊富になるかもしれませんけど、
    成長はしないと思います。


    モテる男は基本的に

    「そうなってしまった時は・・・・・そういう状況って俺ならないな」

    っていう状況ですから。


    悪い所から、
    挽回していくための
    テクニックやノウハウよりも
    悪くならないようにする
    ノウハウの方が実は必要かもです。


    悪い所から、
    挽回していくのは
    結局、復縁と同じで、
    可能性が低い所で
    勝負することになるので、
    そこに魔法を求めても
    そこに網を掛けて待っている
    販売者の戦略にハマるだけです。


    だから、同じことを
    繰り返さないように
    変な失敗をしないように
    なることの方が大切なんですね。


    ノウハウは学習して
    成長するものですから。


    笹川雄太