モテない男ほど自意識過剰!基礎は出来ているという思い込み

p
あなたは、未知の分野に挑戦をする時や
経験が全くない分野に挑戦する時、
初心にかえっていますか?


今まで、沢山の恋愛に悩む男性を
見てきましたが、


結果が中々でない方ほど自意識過剰で、
早く結果がでる人ほど、初心をわすれずに
行動をされている傾向になります。


例えば、ノウハウに

【笑顔でハキハキと話しましょう】


と書かれていたとしたら、
自意識過剰な人は、


「そんなありきたりなことはいいから、テクニックを早く教えてよ」


と思います。


初心を持って取り組む人は、


「当たり前のことかもしれないけど、
あえて書かれているってことは、多分モテない男はできていないんだろうな。
俺もできてないかもしれないから、ちゃんと意識しよう」


と考えます。


あなたはどちらの考え方をしていましたか?


前者の考え方は、
浮き足立って目先の幻想的な結果を
追求する気持ちが強すぎる傾向にあります。


【笑顔は大切】


そんなことは、誰でも分かると思います。


向けるべき視点は、
知っているかではなく、
出来ているかです。



なぜ、誰でも知っているようなことが
あえて書かれているのか?


という考えをしてみてください。


無駄にページ数を稼いでいるわけではないですよ。


ちゃんと意味があります。


70%~80%の確率で、
第一印象に問題があります。


あなたがではないですよ。


恋愛に悩む男性の割合がです。


以前、何人かのコンサルタントのコンサルに
参加したことがある僕ですが、


参加者さんを見渡すと、

「この人は結果を出すのに時間がかかりそうだろうな・・・」


という方に限って、第一印象に問題がありました。


そして、第一印象に問題がある人が
参加者の7割前後は占めていました。


上記の事実があったので、お話してみました。


恋愛の勉強をしている期間が長いのに、
伴った結果が全くついてきていない場合は、


第一印象に問題があるかどうかを
徹底的にチェックしてみて欲しいです。


・外見
・話し方
・雰囲気


こういうものを全て含めての
第一印象です。


ノウハウを勉強している期間が長いほど、
知識量も増えてきますから、
当たり前のように感じる部分も増えてくると思います。


だからこそ、

「この部分は、自分はできているだろう」

という錯覚にも陥りやすいので、
注意してください。


出来ている”だろう”という中途半端な確認
しかしていないから、
現状の自分を冷静に見つめることが
出来ないんです。


そして、現状が明確に分からないから、
どこを学ぶポイントも漠然としてしまうんです。


「俺ってもしかしたら、無表情になっていることが多いかもしれないな・・・」


と考えて、行動した場合、
本当に無表情だったら、その時に

「自分が出来ているつもりになっていただけだったな。今度からちゃんと確認をしよう」


と思えますし、笑顔になっていたら、

「表情は問題ないから、他の部分のチェックだな」


というように、
出来ていない箇所が一つ無くなる
ということです。


そして、ほかの部分も同じように
正確にチェックしていくことで、
問題点を一つずつ改善していきます。


出来ている”だろう”という横着を
するメリットは何もありません。


というよりも、出来ていなかった時の
ことを考えると、デメリットしかありません。


初心忘るべからず


先人達が残した言葉には、
経験が詰め込まれています。


「出来る!」という自信がない分野に関しては、
とことん初心で取り組むことが良策です。


「当たり前のことすらも出来ていないかもしれないから、
 俺は今まで恋愛に悩んできたんだな。」


現状の自分を受け入れてから、
一気に成長した時があったような気がします。


当たり前のことすら出来ないことは、
正直恥ずかしいことではありません。


経験不足の分野なら、よくよく考えれば、
当たり前のことができなくても、
恥ずかしくないです。


ただ、出来てないことを
そのまま放置しておくことは
恥ずかしいことだと個人的には思います。

メニュー


■【読者プレゼント有り】メルマガ

■狙った女性を確実に落とす恋愛講座

■女に好意を持たせるLINE術指南講座

■女性の理性を崩壊させるセックス講座

■youtube動画講座

■ご相談、お問い合わせ

soudansenyou☆renaisyouzainavi.com

知りたいことや話して欲しい内容がありましたら下記からご注文ください

あなたの知りたいことをご記入ください

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ