どうも。

笹川雄太です。


先日、

『初デートでエッチまで持っていくためには
どうすれば良いですか?』


というご相談をいただきました。


初デートに限らず、
エッチまで持っていくために、
一番重要なのは、
女の子の好意を知ることです。


よく、成功率を上げるホテルの
誘い方などありますが、

女の子との距離感や
関係を考えずに、

上記のテクニックに
偏った思考で行動に移すと、
上手くいくはずの
恋愛も失敗します。


「○○○○」という
誘い方をすれば、
女の子はOKしてくれるんじゃないか?



この考え方をもししているなら、
今日から、考え方を
変えてください。


上記の考え方で上手くいくのは
ある程度仲良くなった後、
一線を超えたいけど、
きっかけがないと
難しい状況の時です。


つまり、上記のテクニックを使って
上手くいくパターンには、

エッチに誘ってもOKしてくれる
レベルの好意を持ってくれている
という前提があります。



この前提を忘れて、
エッチに誘ってしまうと
ギャンブルのような
恋愛しかできなくなります。


  • 上手くいった時はなぜ上手くいったのか?

  • 失敗した時はなぜ失敗したのか?


  • この理由が
    わからない恋愛しかできない
    ということです。


    ですので、初デートに限らず、
    エッチに持っていくためには

    女の子の好意を知り、
    距離感を確実に
    縮めていくアプローチの仕方が必要なんですね。


    好意を探るという作業と
    アプローチをするという作業を
    同時にするということです。


    「そんなこと出来るの?」


    という声が聞こえてきそうですが、
    藤村さんの会話術を学んでいる方なら


    意味がよく
    理解できるんじゃないかと
    思います。


    ヒントを少しお話すると、
    ユーモアを上手に使いながら
    アプローチをすると、

    好意を探りつつ、
    同時に好意を伝えていくことが
    可能です。


    ですので、
    ユーモアを
    意識してください。


    初デートで
    やってはいけないのは、
    女の子の好意が
    どれぐらいあるのか
    わからない時に、
    下心を見せることです。


    例えば、メールで

    「休みの日いつ?」

    と聞いて、

    「じゃあ、その前の日にしよっか。」

    と言ってみたり、


    夜の10時ぐらいから
    会う約束をしてみたり、
    することです。


    女の子は男が思っている以上に
    下心に敏感ですので、見抜かれます。


    ですので、
    表面的には

    成り行きで、エッチな
    展開になってしまった

    という流れにしないと
    上手くいかないです。


    先ほど、お話した

    好意を探るという作業と
    アプローチをするという作業を
    同時にすることで、

    たまたま、エッチな
    展開になってしまった
    という流れを意図的に作れます。