どうも。

笹川です。

あなたは、恋愛の勉強をして
どうなりたいですか?

即答できますか?


もし、即答できなかったら
目的がブレている可能性があります。


恋愛の勉強をはじめたけど
しばらくすると、恋愛の知識を増やすことが
目的になっている人をよく見かけます。


そういう人からは、


「○○という教材よりも○○という教材だったらどっちのほうがおススメですか?」


という質問を頂きます。



実は、こうなってしまうのには理由があります。


どんな教材が自分に合っているかを
色々と探していると、その教材の感想だったり
色々な評価をしているブログがあります。


まあ、このブログも言ってみればそうです。


僕のブログではあまりやっていませんが、

「○○と○○の比較をしてみた」

っていうことをやたらとしているブログがありました。


ああやって、色々な教材の比較を見ていくうちに、

「○○という教材よりも○○という教材だったらどっちのほうがおススメですか?」

こういうことを考えだすようになります。


そして、自分に合った教材選びに
すごくすごく時間をかけてしまいます。


時間は有限だというのにです。


多分、色んなノウハウを評価してるブログって
色んな教材を売りたいのが本音だと思います。



ですので、本来一つで良かったはずなのに
二つも三つも、同じような教材を
買ってしまうことになるんです。


そうならないようにするために、

1年後、どうなっていたいか?


ここの目標設定をちゃんとしましょう^^


例えば、可愛い彼女を
作りたいと考えている人は、

「彼女を作るために、俺に必要なのはどのノウハウかな?」

という視点でノウハウを選びます。


この視点というのは、簡単に言うと
「結果がでるなら何でも良いや!」なんです。


この考え方になると、あとは、
誰を信用するかだと思います。


僕を信用してくれた人は、
今の所ちゃんと結果が出ています。


例えば、僕が一番おススメする教材は
ちゃんと、成果のご報告も頂いてます。

⇒ 購入者さんの報告はこちら


でも、とにかく、沢山の教材を売りたい人は
藤村勇気さんの教材を読んだ感想が、

「情報量が多すぎます。
本来恋愛はもっとシンプルです」

だったりしました。


誰かは言いませんが、呆れましたね。


藤村勇気さんの会話教材の軸は、

「あらゆるタイプの女性を落とすことに特化したノウハウ」

ですので、あらゆるタイプの
女性の落とし方を学ぶための教材ですから、
当然ページ数も膨大になります。


必要なことを伝えていたら
結果的に、情報量が多くなってしまった


ということなんです。


ノウハウを作る過程で勿論、
無駄な部分は省いてます。


実際に、藤村さんからも、

「最初は、1500ページ以上ありました」

って言われました。


ですので、正直言って、
ノウハウを作ったことがない人は
評論なんてクソですよ。


経営学という科目が
大学にはありますよね。

でも、実際に、会社を経営したいなら
大学の先生から、学ぶのではなく
実際に会社を経営している人から
学んだ方が良いですよね。



この違いと似てます。



ネット上で、評論している人の言ってることは
ほとんど机上の空論です。


女性をまともに口説いたことが
ないような人達なんじゃないかと
個人的には思ってしまうぐらいです。


そういう人達の話を
真に受けると、軸がブレます。


ですので、
ネットは色々と調べものが
できる便利な反面、


本質を見抜く能力は必要ですので
気をつけてくださいね。