僕は自分から話題を振ることが
苦手で質問責めみたいによくなってしまいます。

親しい人には、話を振って反応が悪くても
なんとも思わないのですが、親しくない人には
話を振ってあまり食い付きがない場合は、変に気を使って
質問ばかりして、会話が盛り上がりません。


相手の顔色を人よりも気にしているのかもしれませんが、
どうも質問しがちで、盛り上げ方がわかりません。


こんな僕にアドバイスをお願いします。


上記のご相談をいただきましたので、
早速お答えしていきます。


質問責めにならない会話の振り方



女性にツッコミをしてもらう会話を意識してみてください。


質問責めは
よくないという自覚がない方には、
質問禁止の自分ルールを
決めてもらったりしています。


ただ、自覚しているのに、
質問責めが直らない場合は、
自分の中のアンテナを
変える必要があります。


上記の方の例だと、
相手が怒っていないかどうか?


触れてはいけない話題に
なっていないかどうか?


という部分を相手の顔色を見ながら、
意識していたと思います。


ですので、この意識を
相手が笑っているかどうか?

今、このセリフを言ったら、
女性はどういう返事をするだろう?
また、その返事に対して
何を言えば、笑うだろう?


と、2歩3歩先を読み、
どうやったら
笑うかを意識してください。


そして、女性を
笑わせやすくするために
ツッコミを意識することが
大切なんです。


正直、理由を
口でお話するよりも
実践してもらったほうが、
早く理解できると思いますが、


ツッコミを意識した会話、
つまり、会話の中で
ボケを入れていくと
相手は”ツッコミ”を入れてきますよね。


つまり、相手の返事
が読みやすくなるんです。


結果的に、質問責めにもならないし、
感情的な会話になるので、
女性も話していて楽しくなります。


結果的に、会話も盛り上がりやすくなります。


根本的な問題解決の方法をお話するなら、
嫌われても良い女性、つまり、
会話の練習台になってもらう女性を
作って、色々、試すんです。


「こういう話を振ったら、どういう反応するんだろう?」


と思うこと全てを
練習台となる女性にぶつけるんですね。


そして、そこから、データをとっていきます。


そうすると、

  • 間違った話の振り方
  • 正しい話の振り方
  • 盛り上がりやすい話題

  • など分かるようになってきます。


    ですから、そのためにも、
    出会いの量産は必須です。