どうも。

笹川です。

女性を楽しませるためには、
やはり、ユーモアは必要です。


ただ稀に冗談が通じない女性もいます。


出会いが多ければ、
面倒だなと思う女性を
狙わなくても良いと思えますが


出会いが少ないと、
そういう女性であっても
大切にしないといけないと
思ってしまいますよね。


本日は、
冗談が通じない女性との
接し方についてお話していきます。


身につけているものを褒める



冗談が通じないということは、
例えば、

「世界一美人ですね」

と言う言葉を間に受けて、

「この人なんか重そうだな・・・・・」

と考えるということです。


第三者視点でみれば、
こういう女性は
痛々しいのですが、
普通に好意を伝えても、
重く受け取られます。


ですから、
身につけているものを
褒めてあげると良いです。

例えば、

「その服オシャレだね。どこで買ったの?」

というレベルの褒め方に
抑えるということです。


もしくは、仕事の話をしていたら、
仕事ができるとか、
内面を褒めてあげることで
素直に喜んでくれます。


ただ、少し厄介なのが、
冗談が通じないタイプの中には
自意識過剰な女性もいるということです。


自意識過剰タイプの場合は、好意が伝わらないように注意する


自意識過剰な女性は、
容姿が綺麗です。

自他共に認める容姿を持っているからこそ、
小さい時から、男にチヤホヤされています。

だから、自分の容姿に
自信をもっていますので、

褒め言葉や好意のある言葉に対して、
普通の女性よりも過剰に
受け取ってしまいます。


例えば、容姿に自信がない女性に、

「一目惚れしました」「今まで見てきた女の中で一番綺麗」

と言ったら、

「はいはい。おおげさだね。笑」

というように流すのですが、
容姿に自信を持っている女性は、
真面目に捉えます。


「一目惚れした」⇒(また一目惚れされちゃったか。でも、イヤな気はしないからいいか♪)

「今まで見てきた女の中で一番綺麗」⇒「うん。ありがとう^^」(もうそのセリフ100万回ぐらい聞いてるよ)


というようにです。


ですから、
好意を伝える気がなくても
相手が勝手に勘違いして、

「この男の心はもう手に入った」

と満足されてしまう場合があります。


この状態になると
口説けなくなってしまいますので、
好意が伝わらないように
しないといけません。


ちなみに、この辺の勉強は、
彼女のマスターキーがオススメです。


彼女のマスターキーのレビューはこちら


女性が自意識過剰タイプであれば、
焦らしを与えることが大切になります。


ただ、真面目な性格という理由で
冗談が通じない場合は、

好意を重く取られないように
褒め方を工夫しながら、
褒めてあげたり、


「〇〇ちゃんのキチンとしている所俺は好きだよ」

とか

「誰にでも優しい所俺は好きだよ」

というように
男性と会話をしていても
成立するような、
人として好きだよというニュアンスが
伝わるような会話をしていくことで、
仲を深めていくことができます。