どうも。

笹川です。

女性に告白をして、
距離を置かれた経験がある人は
好意を伝えることは、
リスクがあって、
勇気がいる行為だと
思うかもしれません。


ですが、女性を口説いていく上で
好意を伝えることは、どこかで
必ずしていく必要があります。


ですので、今日は、
好意の伝え方について
お話しします。


なぜ、告白をすると距離を置かれてしまうことがあるのか?



まず、最初に距離を置かれてしまう
好意の伝え方からお伝えします。


距離を置かれる好意の伝え方というのは
重たい好意を伝えることです。


一番、分かりやすいものをあげるなら
告白というものがあります。


告白というのは、重たいです。


重たい好意というのもを
女性はあなたが思っている以上に
警戒しています。


なぜなら、重たい好意の
延長線上には、

デートに誘われたり、
告白をされたりと
めんどくさい展開が待っているからです。

ですので、
めんどくさい展開になる前に
距離を置くんですね。


ただし、少し
矛盾していることを
言いますが、

好意を伝えられること自体は
悪い気はしないものなんですね。


極端な話、
罵倒されるのと
告白であれば、

後先のことを
考えないのであれば、
告白のほうが嬉しいわけです。


ただ、女性にとって
迷惑になる行為を
連想させるのが
重たい告白ですので、

重たい好意が
伝わらないようにすることが

女性を口説いていく上で
重要になります。


好意を伝える時は、軽い好意であることが必須条件



僕は、前から、
相手が自分に対して
どのような感情を
持っているかわからない時は
ユーモアを交えて
好意を伝えることを
意識するように言ってます。


女性が自分に好意を
もっているのなら
女性の好意の大きさと
同じ大きさの好意を
伝えても大丈夫ですが、


女性が自分に抱いてる好意よりも
大きな好意を伝えてしまうと、
女性は引いてしまうんですね。


ですので、女性が
自分に対して
どれぐらいの好意を
もっているかが
分からない間は、

重たすぎる好意が
伝わらないようにするために、
好意を軽く伝えることが大切です。


軽い好意というのは、
例えば、

「今の表情かわいいね。もう好きになったよ」
「チャラいから!」

こういう会話ですね。


少し極端ですが、
このような好意の伝え方を
軽い好意と言います。


大切なのは、その人の持つイメージ



先ほどの

「今の表情かわいいね。もう好きになったよ」
「チャラいから!」

このような会話をすることで
チャラい男だと思われます。


そして、チャラい男の
「好きだよ」は
誰も信用しませんよね。


逆に、童貞の「好きです」は、
断る断らないは別の話だが、
本当に好きなのは伝わりますよね。


同じ言葉を伝えるだけでも
相手に伝わるものは、

あなたが、どんなイメージを
持たれているかで違ってきます。

例えば、真面目なイメージを
持たれていたのに、いきなり

「今の表情かわいいね。もう好きになったよ」

こういうことを言っても
不自然なわけです。


そして、何回か軽く好意を伝えると、

「あの人、私に気があるのかも・・・。気を付けないと・・・・」

と思われてしまう可能性があります。


話していて楽しい人だと思われる努力をしましょう



まず、あなたが、多くの女性と
接する上で、今
持てれるイメージ。

このイメージは
脱却していく必要があります。

おそらく、好意を伝えることで
距離を置かれることが多い人は、

  • 真面目
  • 大人しい
  • 不愛想

  • きっとこういうイメージを
    持たれていると思います。

    このイメージを変えていく必要があります。


    少し、難しく
    感じるかもしれませんが、
    楽しい人だと
    思われるような振る舞いを
    今後は心がけていかないといけません。


    できるできないというお話しではなく
    努力をするかしないかというお話しを
    今はしています。



    出来なさそうだから、やらない⇒今と何も変わらない

    出来なさそうだけど、ダメ元でも努力はしてみる⇒変わっていく可能性がある


    チャレンジする気持ちが
    前提としてないと、好きな女性を
    口説けるようには
    なっていきません。


    そして、この気持ちを
    もった上でまず、
    あなたに意識してほしいことが、

    普段の会話に、遊び心を持つようにする

    ということです。

    普段から、
    身近で起こった出来事や
    他人の会話を聞いていく中で、

    「こんな展開になったら、面白いかも」

    ということを
    妄想するようにする。


    そして、実際に面白そうだなと
    思ったことは、軽く、
    言葉に出してみてください。


    この思考が習慣になると
    遊び心を持つことができます。


    遊び心を持つと冗談やユーモアが言えるようになる



    遊び心が持てるようになると
    冗談を言えるようになったり、
    ユーモアを言えるようになります。


    本当です。


    僕自身、元々は
    堅物だったので、ユーモアが
    大事だと言われても
    意味がよく分かりませんでした。


    ですが、遊び心が持てるように
    自分自身を変えると、
    ユーモアを言うことが
    簡単になりました。


    冗談を言えたり、
    ユーモアのあることを
    言えるようになると、


    あなたのイメージは、
    真面目そう⇒いつも冗談ばっかり言ってる、適当、チャラい
    などこういうイメージに代わります。


    あなたは上記を見て、
    こんなイメージを持たれたくないと
    思ったかもしれません。


    ですが、今のあなたに
    持てれているイメージよりは
    確実に女性ウケすることだけは
    お伝えしておきます。


    あなたが、
    今のご自身のイメージを
    大切にするのか?


    それとも、イメージを
    変えてみるのかは
    お任せします。


    ただ、

    いつも冗談ばっかり言ってる、適当、チャラい

    こちらのイメージだと
    軽く好意を伝えても
    距離を置かれてしまうことはなくなります。


    ですので、
    好意を伝えて
    距離を置かれてしまうのであれば、
    あなた自身のイメージを
    変えていくというのが
    根本的な原因を
    解決する方法となります。

    結論


    女性が好意的なら、
    好意はバレるように
    したほうが良いです。


    女性が好意的ではないなら、
    女性にとって負担にならない
    程度の好意から伝えていくべきです。


    そして、そもそも、
    日常の会話がつまらないと
    相手にされません。


    ですので、普段の会話で
    ユーモアのある会話ができるように
    なる必要があります。


    ユーモアが言えるようになると
    ユーモアを交えながら好意を
    伝えていくことで、


    100%重たい好意には
    捉えられないので、
    距離を置かれることが
    なくなります。

    そのため、日常会話の中に、
    好意を入れていくことが
    できるようになり、

    軽い好意を積み重ねていくと
    女性の態度が変わってくるので、

    まずはこの態度の変化を
    実際に見てください。