デートの約束したい時、
あなたは、電話しますか?

それとも、LINEで
デートに誘いますか?


どちらのほうが、
OKをもらえる可能性が高いのか
悩む男性は多いと思います。


結論から、お話しますと、
確率はどちらも同じです。


大切なのは、
女の子との関係性と
流れです。


例えば、よく電話を
する関係なら、電話で
デートに誘ったほうが自然ですよね。


電話をよくするのに、
デートに誘う時だけ、
LINEだと違和感があります。


逆にLINEを
頻繁にする仲なら、
LINEでデートに誘っても、
違和感はありません。


ただ、あまりLINEをしないのに
いきなり、デートに誘うと


「・・・・」


という展開が予想できますので、
一番大切なのは、女の子とデートができる
ぐらい仲良くなれているか
です。


極論、既に好意を持たれていれば、
いきなり、電話して

「今から遊ぼう。」

と誘えば、女の子に
大きな用事がない限りは遊べます。


※さすがに深夜は難しいです。


さて、本質をまず理解して
もらった上で、デートの誘い方について
お話していきます。


上記でお話したように、
よく電話をする関係なら、
悩む必要はないと思います。


問題はLINEの場合です。


極論、LINEを頻繁にしていて
そのまま誘えそうな場合は、
LINEで問題ありません。


ただ、デートに誘うことが
難しそうな時は、まず

LINE⇒電話

に持っていき、

会話が盛り上がっている最中に
さらっとデートに
誘ってしまうのが
ベターな方法です。


なぜ、電話に移行したほうが良いのか?



LINEだと、考える
時間がありますよね。

自分が思っていたよりも、
関係が深まっていなかった場合は、
考えたあげく、お誘いを
断る選択をしやすくなります。


電話はリアルタイムですので、
LINEと違って、
考える時間がない分、
簡単には断りにくくなります。


イメージとしては、

電話で盛り上がって仲良くなった勢いで誘う!

みたいな感じです。


LINEが得意になってしまえば、
今日お話していることは
あまり関係なくなって
くるんですけど、


LINEが苦手なら、今日お
話したことをやってみてください。


ただ、結局、
電話でデートに誘うにしても
会話を盛り上げなきゃいけないので、


結局会話に苦手意識が
あると問題解決にはなりません。


一つアドバイスをするなら、
電話で会話ネタが思い浮かばない場合は、
電話をする前に、
話すネタをメモにとっておくことです。


結局、LINEでも電話でも
女の子と会話をするという本質は
変わっていませんので、
あまり深く考えすぎないようにです^^


女の子との会話が得意になれば、
電話でもLINEでも、
問題なくデートに誘えます♪