「この子は結構反応が良いな♪」

と思ってメールの
やり取りを続けていると、

徐々にレスポンスが悪くなり、
最後は、返事が来なくなってしまう・・・

「女の子って本当に何を考えているかわからない・・・・」

上記のような状況になった場合、
女の子の社交辞令を
見抜けなかったこと

メールの返事が
無くなってしまった
一つの原因として考えられます。

社交辞令のメールとはどのようなメールか?


一番、分かりやすい例は、
合コンで連絡先を交換した後に
女の子から来るファーストメールです。


「今日は、ありがとうございました^^ また、誘ってくださいね」

「機会があれば、また遊んでください」


こういう社交辞令のメールを見て、

「お!中々良い感じじゃん♪」

と勘違いして、デートに誘ってしまうと、
連絡が来なくなってしまいます。


ですので、社交辞令のメールは
見抜けるようになっておきましょう。


大体の場合、
連絡先を交換して
初めてするメールは、社交辞令が多いです。


ですので、女の子の好意を
初めから判断しようとしてはいけません。


女の子の本音を読み取れる時というのは、
何通もやり取りしていく過程にあります。



例えば、

ファーストメールの
「機会が合ったら遊ぼうね」は
社交辞令の可能性が高いですが、


何通もやりとりした後の
「機会が合ったら遊びたいね」
というメールは、


前向きにあなたとデートすることを
考えてくれているということです。


同じメールの内容であっても、
意味が全く違うメールになりますので、


メールのやりとりは、
単発で判断しないことが
結果的に、社交辞令メールを見抜くことにもなります。


よく、メールのやりとりが
続いていると、


「この子は口説けそうだな♪」


と考えてしまう男性は多いですが、
メールで大切なのは、回数よりも質です。


極論、中身の薄い
やり取りを10回するのと、

濃いやり取りを4回ぐらいするのだと、
後者のほうが、親密になれます。


ですので、何通やり取りをしたとかを
考えるよりも、
一通一通のメールを大事にしましょう。



下手うちする男性が多いのは、
一通一通のメールを疎かに
しているからです。


ミスを無くすだけで、
女の子の好意をグッとあげられる威力を
持っているのがメールです。


上手になってくださいね^^