どうも。

笹川です。

好意の伝え方次第で、
女性に振り向いてもらえたり
振り向いてもらえなかったりするのが
恋愛です。


そこで、今回は、
モテる男とモテない男の
好意の伝え方がどのように
違うのかをお話ししていきます。


モテない男の好意の伝え方



まず、モテない男は、
好意を伝える以前に
女性の前で、YESマンになりがちです。


そして、YESマンの状態で
女性を褒めるから、
媚びているように
感じられてしまうことが
多いんですね。


話がつまらない事も多いです。


例えば、モテない男のあるあるとして
下記のようなものがあります。


LINEでは、好意を沢山伝えたりするが、
実際に会っている時は、
会話がそっけなくなってしまい
テンションも低いまま。


そのため、会っている時は、
好意が重たく感じてしまい、

LINEの時と、会っている時と
キャラが違うように感じられてしまい

結果的に、女性は
どのように接して良いか
分からない・・・


こういうことあります。


また、日常の会話がつまらないため
好意を伝えても、めんどくさい男だと
思われてしまうこともあります。


そして、そこまで親密でもないのに
ボディタッチをして、来ることで、
ものすごく警戒されてしまう・・・


こういうこともあります。

  • LINEでのキャラと実際のキャラには一貫性が必要

  • 普段から、ユーモアのある会話を意識する

  • 最初は、ボディタッチをしない

  • もし、あなたが、まだ
    女性を口説くことが得意ないなら
    最低限、上記の3つは意識してください。


    上記を直すことを意識しないと
    好意の伝え方が上手にならないです。


    モテる男の好意の伝え方



    では、どうやったら
    好意の伝え方が上手になるのか?


    好意を伝える時は、
    女性にとって、
    負担にならないレベルの好意か
    どうかを常に意識します。


    そして、相手との距離感も
    常に意識しつつ、
    相手の距離感に応じた
    好意の伝え方をしていく
    必要があります。


    例えば、
    初対面の女性なら

    「○○ちゃん、俺のことタイプって言ってた?」
    「ん?そんなこと言ってないよ。笑」


    こういうことを普段から
    言っていると、


    軽く好意を伝えても、
    本気さが伝わらないので、

    普通の楽しい会話として
    うけとってもらうことが
    できます。


    普段から、冗談のない会話ばかりだと
    突然、ユーモアのある好意を伝えた時に

    「いきなり、どうしたんだろう・・・」

    となってしまうので、

    あなたとの会話=面白い会話

    このイメージが女性の中で
    成立するように、
    普段から楽しい
    会話をする必要があります。


    そして、楽しい会話の中に、
    好意があるからこそ、

    たまに、真面目な
    好意を入れることで
    女性をドキっとさせることもできます。

    ポイント


    好意を伝える以外の会話で
    女性が楽しめているかどうか?

    ここが重要になります。

    女性が楽しめているのなら、
    冗談交じりの好意を伝えることから
    始めると良いです。


    そして、それができたら
    たまに、本気の好意を少し
    いれてみると良いです。

    冗談と本気の好意を
    交互させることで、

    女性をドキドキさせることができます。


    ただし、日常会話がつまらない男性に
    このテクニックは使えないので、

    軸となるのは、やはり
    日常の会話が楽しいかどうかになります。