どうも

笹川です。


人生で一度は、美女と野獣カップを
見たことがありますよね。


野獣側の男は、なぜ、
あんなに美人をゲットできたのか?


俺は、あれほど野獣ではないのに
なんで美人の彼女がいないんだろうか?


こんな嫉妬心は男なら
誰でも持ったことがあると思います。


僕もあります。笑


特に、SNSあるあるですが
出会いを増やす活動をしていると
動き出した最初の方は
可愛い女の子と会うことは稀で
可愛くない子が来ることのほうが多かった。


そんな子とのデートの帰り道に
美女と野獣カップルを見たら、
激しく嫉妬していました。


ラブホテルから出てくる所を
目撃した時なんかは、殺意が沸きました。笑


こういう経験をすると
ブスが相手だと本当に
虚しい気持ちになります。


ブスを口説く技術は美人を口説く技術にもつながる



ただ、可愛くない子でも

「タイプじゃないから口説かん!」

とか言ってたら、
ずっと成長しませんから

可愛くない子を自分が可愛いと思える部分を
必死で探して
、自分のモチベーションを上げて
ホテルに連れて行ってました。


だから、お金がかからないデートを
したいんですけど、お酒を飲まないと
口説く気にならないということで
飲みに行くこともありました。笑



でも、結果として
他の男では見つけ出せないブスの
魅力を見つけられるようになりました。



他の男では見つけれないブスの魅力を
見つけることと、


他の男がまだ見つけていない美人の
隠れた魅力を見つけるのは結構似ています。


同じ技術が必要になります。


だから、美人と会えるようになった時
ブスをちゃんと口説いてたおかげで


美人と知り合った時、
まず、すぐに仲良くなれました。


そして、デートも簡単に
できました。


エッチも簡単にできました。


気づいたら付き合っていた
ということが何回もあります。


僕自身は、イケメンかというと
そんなことはないですよ。


僕は見た目がよくないことを
自覚してます。


・見た目は、ノンスタイル井上似。

・身長も163センチ。

・スタイルも悪い。


こんなハンデを背負っています。


ちなみに、低身長の人は、
よく分かってもらえると思うんですが、



低身長って、皆さんが思ってる以上に
自分に合ったサイズの服を見つけるのって
大変なんです。


170センチぐらいが、日本人の平均ですから
その平均に合わせたサイズの服がほとんどです。


ですから、自分の外見磨きをするとき
自分の見せ方は他人よりも、かなり
頑張りました。


どちらかというと、がっちり体型なので
細身の服もあまり似合いません。


だから、そんな自分を
どうみせるかの研究も自分なりに
してきました。


大体、服代で、
100万ぐらいは
自分に投資しました。


そして、まあ、なんとか
初対面でもフェードアウトされない
レベルに落ち着くことが出来たという感じです。



自分の容姿が悪いことを理由に
悲観的になることは、簡単です。


というよりも、普通に容姿が良くない男が
イケメンをうらやましいと思い始めたら
誰でも悲観的になると思います。



でも、ずっと悲観的になっているだけで
何もしない男は、当たり前ですけど
何も変わらないじゃないですか?



例えば、飲みに行った時に
隣の席から、こんな会話が
聞こえてきたらどうですか?



男1「イケメンっていいよな。女に困ることないもんな」

男2「そうだね。整形でもしてみるか?笑」

男1「いやー、整形は、高いしな・・・」

男2「でも、イケメンじゃなくても、美女と野獣カップルっているよ」

男1「あれは、意味分からないよな。なんで、あんな男にあんなにいい女がつくんだろうな? 世の中不公平だよな」

男2「女友達多いのかな? 友達多かったら、紹介とかしてくれそうだもんね。」

男1「俺なんて女友達もできないレベルだよww」

男2「そんなこと自慢げに言うなよ。笑 頑張れよ」

男1「女友達の作り方が分からないんだよ」

男2「まずは、外見をオシャレにして、色んな女と出会える場所に行ってみたら?」

男1「でも、オシャレってどうやればいいか分からないしなー・・・」

男2「まあ、とりあえず、雑誌を色々と見たり、店員さんにアドバイスをもらったら?」

男1「雑誌って、モデルだから似合うようなファッションが多いし、店員なんて、ただ、売りたいものを売りつけられるだけだよ」

男2「そうかもしれないけど、もしかしたら、今よりはオシャレになれたら、それでも良くない?」

男1「・・・・」

男2「俺のことじゃないから、別にどうでもいいんだけどさ、今の自分を評価してみて、自分が全然イケてないって思うんだったら、
  とりあえず、現状維持が一番ヤバいじゃん。」

男1「そりゃそうだな」

男2「だったら、現状維持以外の選択をしないとダメだと思うんだよね」

男1「たしかにそうだね」

男2「だから、雑誌を買ってみるのも良いんじゃない? てか、色々見てみて、それでも欲しい服がなかったら、その時にどうするか考えたらいいんじゃない?」

男1「そうだよな。でも、どの雑誌をお手本にしたら良いか分からないしな・・・」

男2「とりあえず、全部買ってみたら?」

男1「多すぎたら、自分がどの系統でいけば良いか分からなくなるよ」

男2「じゃあ、まずは、1冊選んでみたら? どの雑誌を選んでも、今よりは良くなると思えば、いいんじゃない?」

男1「・・・そうだよな。でも、雑誌を読んでも結局、どのファッションを選べば良いか分からないしな・・・」



もし、あなたが、この男に
アドバイスをするなら、なんてアドバイスを
しますか?



思ったことは色々あったと思います。笑



そして、アドバイスを思いついたら
自分の胸に手を当てて考えてみて欲しいのですが、


あなたも、上記のような男に
なっていませんか?





・・・・ということを、
冷静に客観的に
考えてみてください。


上記のような思考の人って、
結局、不安が先行して何も
できないんですね。


ただ、何もしないとどうなるのか?


という所の不安はあまりないみたいです。


失敗を10回すると、経験が残ります。


服で例えるなら、10着失敗したら、

「こういう服は俺には似合わないんだ」

「こういうコーディネートは俺には似合わないんだ」

ってことが分かります。


でも、悩んで何もしてない間は
何をしたら失敗するのかも
分からないような状態です。



動き始めた時、
必ず何かを失敗する未来が
決まっていたら、


その失敗は早く
済ませたほうが良くないですか?



美女と野獣カップルを見て、
多くの男は嫉妬してますけど、


野獣男は、イケメンと比べると
勿論、容姿の部分でハンデを
背負っているわけです。



ですから、当たり前ですけど
イケメンよりも、努力をしないと
イケメンと同じ結果にはならないんです。


じゃあ、具体的に
どういう努力をしたのかな?


っていう捉え方が
出来るようになることが
大切なんじゃないかと思います。


美女と野獣カップルを見た時

「あいつは、なんであんな女を連れて歩いてるんだ?
どうせチャラい連中と一緒にいるんだろうな・・・・」

って思うんだったら、自分も
チャラいコミュニティーに飛び込んで
見れば良いじゃないですか。


自分と違うジャンルの人の
コミュニティーに飛びこむのは
勇気のいることだと思います。


でも、勇気を出して
飛び込んで、身近な所で
彼らを観察してみたら、


チャラい男達の良い所と
悪い所が、よく分かると思いますよ。


そうしたら、それは
あなたにとって大きな収穫に
なるじゃないです。



今までは、知らなかったことなんですから。



今までやらなかったことをやる時は
勇気がいるものです。



上手くいってない人のほとんどは
この勇気が持てずに、自分を慰める言い訳を
するために理論武装してるように僕には見えます。


ブサイクだから女性にモテないんじゃないんです。


ブサイクでも、モテるためには
どうすれば良いのかを、考えていないから
モテないだけだと思うんですね。


考えることと悩むことは
全然違いますよ。


悩む人というのは、ただ
悲観的になっているだけです。


つまり、悩みを解決させるためには
どうすれば良いのかを考えて、
行動しないわけです。


だから、現状がいつまでたっても
変わらないんです。


めちゃくちゃ容姿が悪いなら
容姿以外の所で自分の魅力を伝えて
行けば良いだけです。


例えば、女性を楽しませる会話
なんていうのは、
努力するほど技術力が磨かれていきます。



つまり、見た目と違って
努力次第でどうにでもなる
問題ということです。


そう考えたら、会話力を磨こうって
考えませんか?



でも、実践する場がない。


実践する場というのは、自分で
作りだせば良いだけです。


女性との出会いがないなら、
SNSで女性にメッセージを送ってみる。


人と話すことが苦手なら、
女性だけじゃなくて、男とも
話すことに慣れるために、


職場などで、積極的に
話しかけるようにする。


今まで、積極的に
話しかけることをしないなら


自分のキャラと違うという
違和感から、かなり勇気が必要だと
いうことに気づく。


いきなり、積極的に話しかけることが
中々できないから、今の自分が精一杯
できることから頑張ってみようと考え始める。


「とりあえず、朝会社にいったら、元気よく挨拶をすることから始めてみよう」


という結論になる。



今まで、恋愛ノウハウを読んでいたら
基本的なことがかかれていたら、


「俺はできてるよ」とか思ってたけど
全然できてなかったことに気づく。


だから、「俺はできてる」という
意味不明な思い込みを辞めようと
思うようになる。



当たり前のこともできてないような
自分だから、基本的に自分は
何もできない人間だと自覚をする。



やったことがないことを
始める時、謙虚さがないと
ダメだと自覚出来るようになる。



・・・これは、僕の話なんですけどね。



恋愛ノウハウに、

・プラス思考
・テンションを高くする
・相手の目を見て話す
・良い所を見つけてあげる


というようなことが
書かれていたら、

「こんな当たり前のことを知った所で、女を落とせるようにはならないだろ!」

って思うかもしれないんですけど、
物事には段階がありますから、


社会人だったら、これは
できて当たり前だよね。


っていうことがクリアできて
次の段階に、男女の関係があります。


ですから、一つ一つのことを見たら

「これが、恋愛と結びつくことはないだろう」

と思いがちなんですが、実は、
一つ一つのことこなしていくと、
最終的には結びついてくるんですね。



僕の場合は、人として当たり前のことを
当たり前のように出来るようになったら、
職場で周りに人が集まってくるようになりました。


女友達もできました。


僕を頼ってくる人も現れました。


僕を頼ってくれた人は
僕に女の子を紹介してくれるように
なりました。


職場の女友達、何人かと仲良くなったら
彼氏の相談をしていた子が、
僕のことを好きになって
僕に積極的にアプローチをしてきた女の子がいました。


女友達が仲の良い友達を
紹介してくれることもありました。


女友達の輪が広がっていく時の
感覚が分かりました。


「友達から友達へ、こうやって繋がっていくと
可愛い女友達が増えるんだな」


と思いました。


僕、ナンパやSNSで出会いの量産も
していますけど、


やっていなくても、女には
困らないです。



友達の輪が広がれば、
誰かが女友達を紹介してくれるし、


僕のことをよく思ってくれてる友達なら
僕を紹介する時に、好印象になる紹介を
してくれます。



だから、最初から、好印象の状態で
人間関係をスタートさせていくことが出来ます。



この人間関係を作るのって実は、
口が上手い男にならなくても
出来ることだったりします。



僕の場合は、ナンパを始めたことで
どこでもチャラさ全開になったことで
職場の人間関係が悪くなったこともありました。笑



チャラくなることで
慕われることはあんまりありません。



だから、チャラいだけの男なんて
なったらダメですよってことなんですが、


口下手で、恋愛経験も少なくて
顔も悪いなら、外で出会いを作る活動も
一生懸命やったら良い都思うんですけど


同時並行で、職場での人間関係も
大切にされてみてはどうでしょうか?



とにかく

「この人が喜ぶことって何だろう?」

「この人ってどんな人なんだろう?」


ってことを意識することが
仲良くなるコツだと思います。



ナンパやクラブナンパ、SNS、
合コンなどでは、イケメンんの方が
有利だと言われることは多いですが、


イケメンじゃなくても、
全然、結果は出せます。


だから、こういう突発的な出会いも
作ったほうが良いんですけど、


突発的な出会いがダメでも
職場の人間関係をちゃんと作っていれば


職場の人から、誰か女の子を紹介して
もらえることもありますよね。


また、僕みたいに
女友達Aの女友達Bを紹介してもらって

女友達Aと女友達Bの飲み会にも
誘ってもらえるようになると、


そこでも女の子がいて
仲良くなれるわけですから
そこでも出会いが作れます。



長期的な目線を持って
出会いを沢山作れたら、


例えば、50人の女の子と
知り合ったなら、そこから
かならずあなたの魅力に
気づいてしまう女性もいます。


こうやって美人な彼女を作るのも有りですよね。


どっちにしろ、出会いが少ないと
気持ちに余裕を持つことはむつかしくなりますから、


職場のような場所でも、
突発的な出会いも両方大切に
した方が良いってことです。


また、両方大切にすることで
忙しくなりますので、
他人の幸せを妬む暇がなくなります。


美女と野獣カップルを見ても
妬む余裕もなくなります。

  

メニュー

■恋愛ノウハウの選び方ガイド

■【読者プレゼント有り】メルマガ

■狙った女性を確実に落とす恋愛講座

■女に好意を持たせるLINE術指南講座

■女性の理性を崩壊させるセックス講座

■youtube動画講座

■ご相談、お問い合わせ

soudansenyou☆renaisyouzainavi.com