どうも。

笹川です。


最近、好きな女性について
よくご相談を頂くので、


今日は、好きな女性との接し方について
お伝えしていこうと思います。


ただ

「こういう接し方をしたら、上手くいきますよ」

っていう話ではないです。



というよりも、その女性との状況であったり
その女性のタイプによって、接し方なんて
当たり前ですが変えないといけないです。



ですから、上記のような
コピペ脳になってる方はまず、
目を覚ましてください。



ただ、自分で考えてみたものの

「結局、どうやって接していけば
良いのか分からない><」

となってると思いますので、
今日は、そこの部分の話が
少し進むような話をします。



まず、

気になってる女性=執着したい

好きな女性=執着したい


になってる方が多いです。



こんなことを言ってしまうと
元も子もないかもしれませんが、


本当に、心の底から好きな女性がいるなら、
その女性のことを大切に想いますよね。


大切に想うということは、
ある意味、その女性の父親のような
視点になってしまうのも
普通なんじゃないかと思います。



相手の女性の将来のことであったり
老後のことであったり、
その女性が不幸にならないようにするためには
どういう環境を作ってあげないといけないのか?


など。



例えば、派手な生活が
好きな女性だったら、


間違いなく、お金がかかる女性ですから、
まずは、あなた自身がしっかりと
お金を稼がないといけません。



ですので、サラリーマン一本で
チンタラ稼いでる場合ではなくなります。



副業なんて当たり前にやるようになります。



ということは、
間違いなく、今よりも
暇もなくなりますし、
忙しくなります。



で、好意を持たれているかどうかも
分からない相手に、本当に、
自分の時間を割いてまで、
投資することができるのか?



というお話しです。



さらに言うなら、相手の女性に
彼氏がいる場合、勿論、彼氏よりも
自分を魅力的に見せられるなら
相手はあなたといたほうが
楽しいわけですから、略奪も可能です。



ですが、相手があなたに
振り向かないということは

彼女にとって、彼氏のほうが
あなたよりも、魅力的だということです。



で、そんな時、
ストーカーになる人がいます。



ストーカーになる人の特徴は
彼女の感情よりも、自分の感情を
優先させているということです。



本当に、彼女のことを大切に
思ってるのであれば、彼女が
嫌がるようなことや、
怖がるようなことはしません。



彼氏と上手く行ってるなら、
そっとしておこう。



これが、思いやりです。


彼女の父親だったら、
このように考えると思いますよ。



だから、まず気づいてほしいのは、
好きとか平気で言いますけど、


それは、執着心に
なっていませんか?


ということです。



執着心は何も良い結果を生みません。



じゃあ、なんで、
執着心が産まれてしまうのか
というと、


“この次はないかもしれない”


と心のどこかで思っているからです。



冷静に考えれば
日本人口だけでも
20代~30代前半までの女性は
1000万人ぐらいいます。





もう一度、言いますよ。



女性の数は、
日本に、1000万人以上
いるんですよ。


出会いさえ増やせば
代わりの女性なんていくらでもいます。

「いや、そんなことはない。彼女ほど魅力的な女性なんて・・・」

と思われるかもしれませんが、
それは錯覚です。


かなり、きつい言い方に
聞こえるかもしれませんが、


結婚してる男性や
今お付き合いしてる彼女が
いるなら、僕は上記のようには
言いませんよ。


星の数ほどいる中から
選んだ一人ですから。



でも、付き合ってもいなければ
体の関係もないような女性に
そこまで想いを込めることって
おかしいです。


まず、彼女のこと、
知った気でいるかもしれないですが、


ハッキリ言って、付き合ってもないのに、
彼女のことを深く知るとかあり得ないですから。


ただ、勝手に、
情が入っただけなんですね。



僕も、そういう経験はあります。



だから、分かります。


情が入った時というのは、
彼女のことを良く知った気になります。


でも、実は、彼女の過去とか
何もしらないでしょ。


どういう過去があるのかとか。

どういう家庭で育ったのかとか

元カレがどういう人だったのかとか。



そういうこと
何も知らないじゃないですか。



まあ、こういうことを言うと、

「彼女の過去は詳しく聞いてます」

「彼女がどういう家庭で育ったのかも聞いてます」

「過去の恋愛も聞いてます」


とか思う人もいるかもしれないですけど、
結果的に、良いお友達止まりですよね。


それは、なぜかというと、
ただただ、話を聞くだけの
存在になってるからです。


話を聞いてあげることとか
誰でもできます。



話を聞いてあげた結果、

「それは、こういう考え方をしたら良いんだよ」

なんて、ウザい講釈を垂れる男は
ただ嫌われるだけです。



話を聞いてあげた上で、

「一緒にいるだけで癒されるな」とか
「一緒にいるだけで、笑顔になれるな」

と思われる男が彼氏候補に
なっていくんですよ。



でも、

「それが、出来たら、苦労してないよ」

とか思うんでしょ。



それは、結局、
コミュニケーション能力が
低い証拠です。


コミュ力が低いから、

「相手が喜ぶことをしてあげたら良いですよ」

と言われても、具体的に
何をしたら良いか分からない。


だから、具体性のある
テクニックを学びたいとか
思うわけですよ。


最初から、答えが欲しいとか
思ってしまうんですよ。


コミュ力って結局、
経験を積んでいくことでしか
培われていかないですよ。


だから、一人の女性に
執着せずに、日々、沢山
出会いを作って、
色んな女性とデートをした
ほうが良いんですよ。



でも、こういうと

「好きな女性以外とはデートしたくない」

ってなるんでしょ。



結局、自分が大事なだけでしょ。


自分の感情を何より
大切にしたいだけですよね。


例えば、好きじゃない女性を
好きにさせてしまって、いつか
振ることになることが分かっていたとします。


あなたは自身には
罪悪感が残ります。


その罪悪感を持ちたくないだけでしょ。


客観的に見れば、
結婚を迎えるカップルのほうが
少ないわけですから、
相手がストーカーになるような
振り方さえしなければ
僕は良いんじゃないかなと思います。


でも、相手を傷つけるようなことを
したくないとか


女の子の気持ちを弄びたくない
とか言う人いるんですが、


ただ、自分がやったことをないことに
挑戦しない理由が欲しいだけですよね。


大丈夫です。


心配しなくても、
あなたじゃ、思いっきり
惚れさせることはできないですから。笑


人間関係もろくに作れない人が
思いっきり好きにさせることとか
できないですから。


まあ、元々、
依存心の強い女の子だったら
別れる前に

「あなたと別れるぐらいなら、死んでやる」

とか言われるかもしれませんけど。


リストカットがある女の子とかね。


でも、そういう子は特殊です。


世の中、リストカットがある
女の子のほうが圧倒的に
少ないです。


だから、特殊なケースばかり
考えてたって仕方ないわけです。


で、話を戻しますが、
自立している女性の場合だったら
ちゃんと人間関係を作って
お付き合いをしていかないと
惚れてくれませんから


「相手を傷つけたくないな・・・・」

「女の子の気持ちを弄びたくないな・・・・」


こんなことで悩まなくて大丈夫です。



むしろ、胸を借りるつもりで
頑張って口説いて、


実際、おっぱいビンタでも
してもらってください。笑


色んな女の子とデートするとか
別に普通です。


ヤリチンじゃなくても
普通にそれなりに恋愛経験がある
男だったら誰でもやってることです。



そもそも、付き合った女全員と
イチイチ、結婚を意識してたら
恋愛なんてできません。


付き合っていくうちに
徐々に相手のことを分かって
いくのが普通じゃないかなと思います。


っていう話を、僕は、
昔、既婚者の恋愛コンサルタントに
教えてもらいました。



だから、童貞の時から
新規の女性とガンガン出会うことに
全く抵抗がありませんでした。



勿論、失恋したこともありますので、
辛い期間もありましたが、
長期間引きずることはありませんでした。



ですので、とにかく、
行動しない理由はもう
考えなくて良いですから、
とにかく、動きましょう。


とにかく、動きましょう。


今月、新規の女性と
最低3人はデートしましょう。


手段は色々あります。


どうやって出会ったら
分からない人は、直接メールしてください。


教えてあげます。

  

メニュー

■【読者プレゼント有り】メルマガ

■狙った女性を確実に落とす恋愛講座

■女に好意を持たせるLINE術指南講座

■女性の理性を崩壊させるセックス講座

■youtube動画講座

■ご相談、お問い合わせ

soudansenyou☆renaisyouzainavi.com