どうも。
笹川です。

LINEをスムーズにして、
デートまでたどり着く男。


LINEで毎回、返事が途絶えてしまう男。


同じLINEというツールを
を使っているのになぜ
結果が違うのか?


理由はいくつかありますが、
ハッキリ違う点を
一つ今日はお話します。


表現方法の違いです。


LINEが上手な男は、
表現方法が上手で、
LINEが下手な男は、
表現方法が下手です。



表現方法が上手だと
相手に重たい好意が
伝わることはないからです。


女の子にLINEを送る時、
意識しないといけないのは、
自分の気持ちの伝え方よりも、
伝わり方です。

表現方法が違うだけで
伝わり方は変わってきます。

以前、LINEの返事が
来なくなるほとんどの理由は、
気づかないうちに
“告白”をしている可能性が
あるからだというお話をしました。


ただ、矛盾しているんですけど、
好意がない相手に、好意を伝えたら
ダメなんですが、好意を伝えないと、
女の子を好きにさせることはできません。



だから、表現方法が大切なんです。


LINEが上手な男は、
一般的に、NGとされている。


?の絵文字を使ったり、
「好き」という言葉を使って、
女の子を口説いてます。


「え?そんなことしたら、好意が伝わっちゃうんじゃないの?」


と思われるかもですが、
上手な表現方法を使えば、
好意を前向きに
受け止めてくれます。


例えば、「好き」という言葉を使うなら、


「○○ちゃん、俺の超タイプなんだよね。前からずっと好きでした。」


と言うと重い好意が伝わりますが、


「○○ちゃんの八重歯、俺は好きだよ^^カワイイじゃん。」

※八重歯がコンプレックスという設定です。


と言うと喜んでくれます。


好きという言葉を使っていても、
使い方や表現方法によって、
伝わり方も変わってきます。


LINEを伝言板に
しているような人は、
表現方法が下手だから、
LINEで失敗することが
多いんだと思います。


そして、上手くいかない原因が
表現方法にあることに
気づかないままだから、

LINEで仲良くなろうとしたら、失敗する。

という固定概念が
出来てしまったんだなと。


表現方法というのは、
ちょっとしたことを意識したら、
上手になっていくものです。


考え方としては、
相手を不愉快にさせないように、
楽しませてあげる。


ということを意識すると良いです。


表現方法
言葉の使い方
絵文字の使い方

全て上手になると、
今までもらったことがないような
LINEを女の子が
くれたりしますよ^^


例えば、表現方法が下手だと、
下記のようなやりとりには
ならないでしょう。


5103


LINEのスタンプを使ったんですけど、
スタンプも、写メや絵文字と同じで、
使い方が下手だと、

「男のクセにスタンプ使うとか・・・・・」

って思われます。


僕が上記のやりとりが
できるようになったのは、
LINEを極めたからです。


LINEが上手になれば、
LINEも上手になります。


今日一番、
お伝えしたかったことは、
表現方法を意識してみて
欲しいということです。


  • LINEは、伝言板として使うもの

  • LINEは失敗をしやすい媒体

  • LINEで女の子は口説けない








  • 色んな意見がありますが、
    LINEだけで女の子を
    口説いてしまう男も
    世の中にはいます。


    ただ、すごく少ないです。


    ほとんどの男はLINEが
    下手だと断言しても良いです。


    ほとんどの男はLINEが下手=女の子も期待していない


    だからこそ、LINEが上手になることは、
    ライバルとの差別化なんです^^

    「○○君って、なんか他の男と違うな^^ メールしてても楽しい♪」

    今年は、是非
    上記のように思われるように
    頑張ってください。


    その辺のモテ男なんて
    相手にならないぐらいモテます^^

    なぜ、LINEの返事がないのか知りたくないですか?

    sasagawa

    以前、特典としてお付けしていたレポートを
    期間限定で無料公開しています。

    テーマは、

    【LINEの返事がない女性を振り向かせるアプローチの方法について】

    です。

    なぜ、返事がないのか?

    根本的な理由を分かっていな方が多いです。

    現在、僕のオリジナル特典には、
    もっと濃いレベルの特典がありますので、

    このレポートは、
    特典としてお付けしていないのですが
    内容自体は、しっかりとまとめて作っています。

    せっかく作ったレポートを
    封印しておくのはもったいないと
    思ったので、どうせなら
    この機会に公開しようと思い企画してみました。

    ご興味がありましたら下記のフォームからご請求ください^^

    お名前の欄は必須になっていますが、
    ハンドルネームでも問題ありません。

    ただ、ご入力頂いたメールアドレスに
    レポートを添付しますので、誤字のないようにご注意ください。



    *メールアドレス

    *上記のアドレスでよろしいですか?

    間違いなければ左のチェックボックスにチェックを入れてください。

    ※この企画は僕の思いつきですので、予告なく削除することがあります。




    この記事をご覧になった方は下記の記事もご覧になっています


    メール術ヘッド画像
    藤村勇気の携帯メールで女を口説く方法レビュー