LINEとメールの違い

line今更ではありますが、
メールとLINEの違いについて
お話しておきます。



まさかとは思いますが、
LINEをやっていないということは
ないですよね。


30代後半以上の年齢の女性であれば、
メールのやりとりでも良いかもしれません。


ですが、メールしかできないと
恋愛出来る女性層が限られます。



若い女性とも恋愛したい気持ちが
あるのでしたら、LINEは必ずやっておいてください。


なぜ?


と思うかもしれませんが、
理由は特にありません。



LINEをしない特別な理由がない限りは、
深く考えずに、LINEの時代と割り切って
使うようにしてください。



で、今日の本題に入ります。


まず、一番の違いは、
やりとりの履歴が一気に見れる所にあります。


LINE 脈アリ1


つまり、リアルタイム感が
メールの時よりも強くなりましたので、


メールの時よりも、
コミュニケーションを意識することが
大切になります。



伝言板みたいな使い方を
している人は本当に注意してくださいね。



LINEはメールよりも
場合によっては、無視しやすい
状況になることもあります。



ですので、つまらないやりとりを
しているとすぐに、既読スルーされてしまいます。


そして、もう一つ
メールとの違いがあります。


それは、スタンプ機能です。


LINEが女性に受ける理由の
一つには、どうもこのスタンプが
あるからという理由もあるみたいです。


「このスタンプ可愛い♪」

みたいな理由で
使い始めた女性が多いので、


LINEを使うならスタンプも
上手に使ったほうが良いです。


メールが主流だった時代、

【絵文字を使わないほうが男らしい】

という意見もありましたが、
実際、絵文字は間違った使い方を
しなければ、バンバン使ったほうが
女性ウケは良かったです。


スタンプも同じですので、

「スタンプを使うなんて男らしくない」

という考え方を持っていると、
結果的に、やりとりもつまらなくなるし、



上手にスタンプを使う他の男に
とられてしまうかもしれませんよ。



(恋愛に)に使えるものは
使わないと損です。



スタンプも絵文字も
自分の感情をしっかり表現するための
ツールだと思ってください。


絵文字も何もない句読点だけの文章を
読んだ時、相手は


楽しいのか?
悲しいのか?
嬉しいのか?
怒っているのか?


分からないですよね。


LINEはメールよりも感情表現を
しやすいコミュニケーションツールだと
言えます。



だからこそ、伝言板みたいな
使い方をしていると、一瞬で
フェードアウトされるんです。


これを踏まえた上で、LINE関係の
悩みを解決するための教材を探される場合は、


相手を楽しませることを軸に
しているノウハウを選ばれたほうが良いですよ。


洗脳、主導権、高圧的


これらを意識するようなことを
ほのめかすノウハウは詐欺だと思ってください。


実際の会話では社交辞令の愛想笑いや
よいしょがありますが、


LINEのやりとりでは、女性は
そこまで気を遣いません。


ですので、女性にとって
楽しくないやりとりは、害でしかないんです。



教材選びの参考にしてくださいね。


なぜ、LINEの返事がないのか知りたくないですか?



sasagawa

以前、特典としてお付けしていたレポートを
期間限定で無料公開しています。



テーマは、

【LINEの返事がない女性を振り向かせるアプローチの方法について】

です。


なぜ、返事がないのか?


根本的な理由を分かっていな方が多いです。


現在、僕のオリジナル特典には、
もっと濃いレベルの特典がありますので、


このレポートは、特典としてお付けしていないのですが
内容自体は、しっかりとまとめて作っています。


せっかく作ったレポートを封印しておくのはもったいないと
思ったので、どうせならこの機会に公開しようと思い企画してみました。


ご興味がありましたら下記のフォームからご請求ください^^

お名前の欄は必須になっていますが、
ハンドルネームでも問題ありません。


ただ、ご入力頂いたメールアドレスに
レポートを添付しますので、誤字のないようにご注意ください。


*メールアドレス



※この企画は僕の思いつきですので、予告なく削除することがあります。

メニュー


■【読者プレゼント有り】メルマガ

■狙った女性を確実に落とす恋愛講座

■女に好意を持たせるLINE術指南講座

■女性の理性を崩壊させるセックス講座

■youtube動画講座

■ご相談、お問い合わせ

soudansenyou☆renaisyouzainavi.com

知りたいことや話して欲しい内容がありましたら下記からご注文ください

あなたの知りたいことをご記入ください

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ