職場の同僚に警戒されずに好意を持たれる方法

友達だと思われていた職場の同僚に
警戒されずに異性を意識させるテクニック



こんばんは^^


笹川雄太です。


学校
会社
趣味の会(○○教室、社会人サークルなど)


これらの場所では、
女性に対してのアプローチを
失敗してしまうと、後々
すごく気まずくなる可能性があります。


女性側も、変に男に好意を
持たれたりすると、


すごく気まずくなるかもしれないと
恋愛には慎重になっている場でもありますので、


まずは、異性を意識させない友達として
仲良くなることが重要になります。



学校であれば、学校ネタ。
会社であれば、会社ネタ
共通の趣味なら、趣味ネタ。


というように、その場にいる誰でも
話すことが出来る話題で、


彼女が楽しんでくれる時間を
少しずつ増やしていきます。


つまり、誰でも話せる会話の中で
彼女の笑顔を少しずつ、引き出し、


友達になることが出来た時、
初めて連絡先を交換するのが良いわけです。


普通の女性を口説く時と違うのは、


男女の関係が進展することを
意識した会話を最初はせずに、



異性を意識しない会話で仲良くなる
必要があるということです。



職場の女性に連絡先を
聞くタイミングについて、
よくご相談を頂きます。



ですが、大切なのは
タイミングではなく、
相手との関係性。



「そういえば、LINE教えてもらっても良い?」


と聞いて、断られそうな不安がある間は
連絡先は聞いてはいけません。



十分に仲良くなることが出来ていれば

「そういえば、まだ、連絡先聞いてなかったよね」

という聞き方をしても
教えてもらえます。



ですので、まずは、
普通の友達として
仲良くなることが大切だったりするんですね。



これが、定期的に会う環境にある
女性の基本的な接し方になります。



ただ、職場であなたが
口説きたいなと思う女性というのは、



きっと他の男性からも
人気がある女性だと思います。



そうなると、


もたもたしてたら
他の男にとられてしまう・・・


なんてこともありますよね。



そんな時に、ライバルたちを
ごぼう抜きにして、
彼女の心を独り占めできるのがこのノウハウです。



実は、ミステリアスの章に、
職場や学校、サークル等にいる
長時間一緒に友達としている女性に
対してドキドキ感を
与える方法が書かれています。



基本的に、長期間一緒にいる女性は
友達になることは簡単ですが、



一緒にいる期間が長いため、
異性を意識させることが難しかったりします。




だからこそ、このテクニックには
とてつもない破壊力があります。



この方法、実際、僕は使ったことがあります。



職場恋愛の経験自体は僕は少ないのですが、
少ない中の成功例だからこそ、
今でもよく覚えています。



以前、勤めていた会社の
女性だったのですが、


美人なんですが、
社交的で男友達も
多いタイプの女性でしたので、



当然、会社の同僚、
上司からも人気がありました。


その中でも、数人の同僚は
飲み会になると、


彼女の隣の争奪戦をし、
隣についた男は酔った勢いで
彼女を口説いていました。



ただ、コミュニケーション能力の
高い女性だったのに、
毎回上手にかわしていました。



そんな状況の中、
彼らを横目に僕は、


飲み会の場では口説かずに、
仕事をしている時に、


上記の

『ドキドキさせる方法』

を実践した所、彼女の方から、


「ねえ、今後ご飯行かない?」


とお誘いの声がかかりました。



そして、他の男性に見つかると
色々と人間的なトラブルが起こると
確信したので、


社内ではあまり親しげに話さずに
デートの日を迎えました。



彼女からデートに誘ってくれたので
その日は勿論お持ち帰りしました。



そして、その後も、会社の人間には
ばれない様にコッソリと付き合っていたのですが、
社内恋愛は大変でした^^;



ですので、正直、
あまりおススメはしません。


ただ、好きになってしまったのなら
仕方ないですよね。



友達以上の関係になれないのなら、
知っておいてほしいテクニックです^^



藤村勇気の総合恋愛会話教材実践者さんのご感想はこちら

メニュー


■【読者プレゼント有り】メルマガ

■狙った女性を確実に落とす恋愛講座

■女に好意を持たせるLINE術指南講座

■女性の理性を崩壊させるセックス講座

■youtube動画講座

■ご相談、お問い合わせ

soudansenyou☆renaisyouzainavi.com

知りたいことや話して欲しい内容がありましたら下記からご注文ください

あなたの知りたいことをご記入ください

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ