会話力を磨かなかった非モテのリアルな未来

こんばんは^^


笹川雄太です。



「会話力なんて元々のセンスの問題でしょ」


という言葉で、この問題を
片づける人がいます。


でも、こんなことを
鵜呑みにしてたら



会話を盛り上げるのが
苦手な口下手さんは


ずっと女性を口説けないままだと
いう結論になってしまいます。



もし、あなたの周りに
こういうことを言ってる人間がいたら


その人の言葉は
右から左に受け流してください。


その人の言葉には
価値がないからです。



あなたの人生に
影響があるような話をしてくれるなら
当然耳を傾けたほうが良いのですが、



全く関係のないことばかり
言う人なんて、聞くだけ
無駄ですからね。



モチベーションも下がってしまいますし^^;



・・・ただ、

普通は会話力の磨き方なんて
分からないと思います。



僕も、昔は、会話力は
磨けるものだと
思ってませんでしたからね。


でも、この教材は会話力を磨く具体的な
練習方法まで書いてくれてます。



の練習方法、大体
半年ぐらい実践すると、


自分のアドリブ力が向上したことを
すごく実感できるようになりますよ^^



ただ、よくありがちな

「このセリフを完全コピーするだけで口説けます」

といったものではないので、
脳みそに沢山汗を
かかせることはよくあります。



なので、疲れます。笑



疲れるのが嫌なら、
このノウハウは
買わないでくださいね。



・・・・会話力も向上しませんけど。



ただ、会話力が向上しないことが
どういう未来につながるのかは
知っておいた方が良いです。



恋愛の勉強をせずに生きてきた男の現在



今の考え方や
行動などを変えないと


今までの年齢分、今後も
同じ恋愛をしていく可能性が
相当高いという事実を知ってください。


まずは、こちらの記事を
ご覧ください。


高齢ストーカー…仕事一筋、真面目人間が陥るワナ


この手のストーカー被害は
実際に、このブログにもご相談として
届いてます。


先日ご相談させて
彼女に付きまとっている男の件ですが、
この前、とんでもない事を
言い出してしまいました。


彼女が

「彼氏がいるのであなたとは付き合えない」

と断ったら、友達でも良いと
いうことで一旦話は落ち着いたのですが、


ここにきて

「君と一緒になれなければ一緒に死ぬ」

と言い出してきたそうです。


ただの友達に戻ると
はっきり言ったはずなのに・・・


ちなみに、その男性
50代らしいのですが、童貞だそうです。


どうすればこの現状を回避出来るでしょうか?


宜しくお願いいたします。



やっとできた彼女に対して
異常な行動をとるストーカーに
悩まされているというご相談でした。


実は、ストーカー化
してしまった男というのは


もともと彼女に好意をもっていて
上記の方に彼女をとられたと
言う流れがあります。


こうなった原因は、
50代で童貞という所になります。


「君と一緒になれなければ一緒に死ぬ」


という脅しをしたら、
彼女が振り向いてくれるかも
しれないとでも思ったのか・・・


情けないですよね。


こんな男になりたくはないですよね。


でも、今ちゃんと
恋愛の勉強をしておかないと
こうなってしまう可能性は十分にあります。



非モテを自覚しているのに、

『好きな女じゃないと付き合わない』

こんなことを言っていたら、
恋愛経験を詰める日はこないです。


50年も生きてきたら
選択肢を変えるチャンスは
何回もあったはずです。


でも、この男性は
考え方を変えようとしなかった結果、
悲惨な現実を目の当たりにしています。


こういう男性に限って

「俺は何も悪くない。真面目に生きてきた」

とか言いそうですけど、
自分の人生を変えられるのは
自分だけです。


女性を楽しませられる会話力を身に着ける


この課題から逃げているか
どういう未来が待っているのかを
少しでもわかってくれたら嬉しいです。


会話の勉強はちゃんとしてください。


当サイト限定のご購入特典
チェックしておいてくださいね。

メニュー


■【読者プレゼント有り】メルマガ

■狙った女性を確実に落とす恋愛講座

■女に好意を持たせるLINE術指南講座

■女性の理性を崩壊させるセックス講座

■youtube動画講座

■ご相談、お問い合わせ

soudansenyou☆renaisyouzainavi.com

知りたいことや話して欲しい内容がありましたら下記からご注文ください

あなたの知りたいことをご記入ください

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ