男はある程度強引な方が
良いと言われているが、
性格的に強引なアプローチが苦手。

ただし、紳士的なアプローチならできそうだ

というあなたに質問です。


紳士的なアプローチで女性を
口説ける方法があると
言われた知りたいですか?


“YES”でしたら、
今回のお話しは参考になりますので、
ぜひ、ご覧ください。


強引なアプローチはどういうものか?



どのような接し方が
強引なのか?


例えば、手をつない
で良いか聞かずに

そのまま手を
つないでしまうことを
強引という人もいれば、


無理やりキスをしたり、
パンツの中に手を突っ込むこと
みたいなことを
する男のことだよと
言う人もいます。


ですので、まずは、
僕が思う強引なアプローチとは
どのようなものか?


ということをお伝えします。


1.説得をする


説得というのは、
例えば、女の子をデートに
当日デートに誘って

「いや、さすがにいきなり会うのはちょっと・・・」

「いいじゃん。何か予定があるわけでもないんでしょ?」

「まあ、そうだけど。」

「それじゃあ、とりあえずちょっとだけあそぼうよ」


というような
マシンガントークで
言いくるめるよう会話は
強引なアプローチの一つになります。


2.個室で少し強引なボディタッチをする



これは、やっている人も
多いかもしれませんが、

例えば、カラオケなど
逃げ場がない個室で
女の子の腰に手をまわすとします。


そして、
その手を振りほどこうと
女の子がしたとします。


ここで、負けじと、
女の子が笑顔なうちは
ズシズシと何度も
腰に手をまわす行為。


これは強引なボディタッチになります。


これは女の子の警戒心を
ものすごく高めることになります。


ですが、ネット上などでは、

「少し強引なぐらいがいい」

という一部の女性の意見があり
それを鵜呑みにしてしまう人がいます。


実は、上記の女の子の言葉には
隠された本音があります。

それは、

「少し強引なぐらいがいい。・・・ただし、好きな人に限る

です。


3.タメ口で話す



強引というよりも、馴れ馴れし印象を
女性によっては与えますね。


時と場合によっては、
フランクで社交的なイメージが
伝わることもあります。


言ってみれば、
TPO次第ということです。


ただネット上や恋愛本などでは、
TPOを考えてという
文面が抜けていて

「女はタメ口で話した方が仲良くなりやすい」

と書かれています。

大体、
ここでお話しした項目が
当てはまる人は
ほとんどの項目が
当てはまる場合が多いので
注意してください。


説得をしたがる人は、
個室に行くと、強引に
ボディタッチをしたがりますし、


強引な
ボディタッチを
したがる人は、

場所問わず、相手が
どんな女性であっても
どんな場所であっても、
タメ口で話ががります。


おまけにすぐに呼び捨てで
呼びたがる傾向もあります。


過去によくいただくご相談で
僕が強引だなと思うアプローチをして、

失敗された方々に
共通する項目を上げましたので、
間違いはなくて当然なのですが。


紳士的なアプローチのよくある勘違い


再度確認してみたが、
やっぱり、強引なアプローチは
自分には向いてない。


はい。それは、
結構なことです。


「やっぱり、紳士的に接するほうが良いんでしょ」

というお声が聞こえてきそうですね。


もちろん、紳士的な接し方は女性から好感を持たれやすいです。


ただ、紳士的な接し方と言われて
どのような接し方か
しっかり理解できていますか^^?

ここでよくある紳士的に接するの意味をはき違えている方が
やっていることを上げてみましたので、ご覧ください。


女性の話を全て肯定するYESマンになる



まあ、これは、
文字通り、
自分の意見を持たず
女性が思ったことを言うと、

「俺もそう思うよ。」

と全てを肯定することです。


女性の会話には
基本的には肯定的でいたほうが
良いのはたしかです。


ただし、
全てに肯定していると、
会話がそもそも
盛り上がりませんし、

自分の中にある正義に
反することを言った時は、

「それは違うと思う」

ということを言って
あげないとダメです。


例えば、上司の愚痴を
言ってきた女性がいたとします。


「ねえ聞いてよ。昨日ね。課長が、私に仕事押し付けて、接待とか言って先に帰ったんだよね。ホントむかつく」

実際に、
このようなことを言う
女性がいるかは分かりませんが、
仮にいたとしましょう。


軽く愚痴っている程度でしたら、

「いや、俺は逆にありがたい。上司が○○ちゃんとの会話の話題を提供してくれてるんだもん」

「なにそれ。笑」

というような会話に
持っていくことができますが、
少ししつこく、

「それにしても、昨日はむかついたな」

と、真面目なトーンで
愚痴を言ってきたら

「やはり、人として、真面目に聞かないといけないのかな?」

って思いますよね。


こうなると、

  • 女性の意見を肯定する

  • 適当に聞き流す

  • 間違っていると思うことは、彼女の今後のことを思って言ってあげる

  • 等の選択肢がでてきます。


    1番は、付き合った後、
    この女性のわがままに
    振り回されることになります。

    2番は、その女性との
    関係はそれ以上深くは
    ならない選択肢です。

    3番は、本当に、
    おかしな女性であ
    ればあなたのもとを去ります。


    ですが、一時の感情で
    怒っているだけなら、
    こちらの思いやりも伝わります。


    思いやりが伝わると

    「この人、私のこと、それだけ考えてくれてたんだ」

    と感動してもらい、
    一気に、
    好感度が上がります。


    ですので、
    女性の意見に
    常に肯定的な男が
    紳士というわけではないんですね。


    ここは間違えないでください。


    聞き役に徹する



    紳士は聞き上手!

    というイメージが
    あるかもしれません。


    たしかに、紳士は、女性に
    気分よく話をさせることが上手です。


    ですが、気分よく話を
    させることが
    上手な男というのは、
    言い換えれば、
    会話を盛り上げるのが
    上手な男ということです。


    ここを勘違いされていなければ、
    それで良いです。


    ただ、聞き上手というと、

    相手の話に相槌をうち、
    大きなリアクションをすることで
    女性が気分よく話をしてくれる。

    と思っている方は多いです。


    ですが、実は、
    これをしていても、
    女性が積極的に
    話し続けてくれるわけではありません。


    世の中には、
    愚痴を言うのが
    好きな女性もいますから、
    そういう女性には
    有効でしょう。


    ですが、
    愚痴以外の話題では、
    こちらが相手の会話を
    掘り下げてあげる必要があります。


    じゃないと、会話は続かないです。


    男女を意識した会話(下ネタ含む)、恋愛の話をせず雑談しか話さない


    紳士は下ネタの
    話なんてしないで、
    爽やかな話題ばかりを
    話して好印象をつかみ取る。


    こんなイメージを
    お持ちでしたら、
    残念ながら、
    狙った女性は口説けないです。


    なぜなら、女性と
    男女の関係になるためには、
    恋愛の話は必須です。


    また、下ネタも
    相手のタイミングを見て、
    入れていく必要があります。


    なぜなら、政治の話を
    していていきなり、
    キスをする雰囲気には
    なりませんよね。


    やはり、
    いい雰囲気を
    作るためには、

    時には下ネタも
    必要なことがありますし、
    恋愛の話も必要です。


    下ネタが警戒されるというなら、
    下ネタを話しても
    警戒されないぐらい
    仲良くなってから
    話せば良いだけです。


    ですので、世間話や雑談だけでは
    女性と深い関係にはなれません。


    関係の薄い友達どまりです。


    食事中にお箸をとってあげる



    これはもう小手先の
    テクニックでしかないので、
    お箸をとってあげるだけで、
    紳士だと思われることは
    当然ですが、ありません。


    歩いてる最中に荷物をもってあげる



    こちらも上記と同様です。


    こういうのは、
    小学生ぐらいの男の子が
    好きな女性の前で、
    かっこつける時に思いつく
    浅知恵レベルです。


    まあ、
    こういうテクニックを
    使う根底には、

    「優しい男だと思ってもらえるように」するのだと思いますが、

    この程度の優しさは
    女性の心には響かないです。


    数分後には
    忘れているレベルの優しさで
    しかないことを
    覚えておいてください。


    強引なアプローチと紳士的なアプローチどちらの方が有効なのか?



    さて強引なアプローチと、
    紳士的なアプローチについて
    お伝えしてみましたが、
    結局のところ、どっちが良いの?


    ということなのですが、
    この答えは、
    TPOによって、変えるべきです


    時には強引さも
    出した方が良いし、

    時には紳士的に
    接した方が良いです。


    ただ、かなり
    親密な関係になるまでは、
    紳士的に接した方が良い。


    総括


    これを言ってしまうと、
    元も子もないかもしれませんが、
    強引な方が良いとか
    紳士的な方が良いとかではなく、
    TPOによって接し方を
    変えることが
    本当に大切だということです。


    ただ、

    「TPOによって接し方を変える

    」これができないから、
    悩んでいるわけであって・・・。

    という心の声も
    十分に僕には届いてますので、
    解決方法をお伝えします。


    具体的にどういう時に
    紳士的に接して、
    どういう時に、
    強引に接したら良いのか?


    この違いが分かりさらに、
    TPOによって
    強引さと紳士を
    戦略的に使い分けながら
    正確に女性を
    口説くノウハウがあるとしたら、
    知りたいですか^^?


    もし、知りたいようでしたら、
    僕にメールしてくださいね。


    もし、ご相談される場合、
    この記事のURLを
    貼り付けてご相談して
    頂けると助かります。


    笹川雄太に相談する