面白い男ってなぜかモテますよね。


ただ、口下手な人ほど、

「俺には笑わせられるだけのセンスがない」

と考えてしまいがちですが
ポイントを抑えておけば、
誰でも、笑わせることができます。


そのポイントというのを、
本日は教えますね^^


まず、女の子を笑わせるために
一番大切なのは、
センスや話術ではなく、
マインドです。


狙って面白いことを
言おうとしたけど、
スベッてしまった。


こんなことは、
誰にでもあるんです。


だから、あんまり
気にしないことが
大切になってきます。


というよりも、
気にすることって
ちょっと変です。


笑いのプロフェッショナルの
芸人さんでさえ、
スベることはあります。


大物芸人の松本●志さんや、
さ●まさんでさえです。


だから、まずは、
スベることを
気にしないことが、
大事になってきます。


特に、普段から
ボケたりするような
キャラでないなら、
いきなり面白いことを
言おうと思って、
中々ひらめかないかと思います。


ただ、大事なのは挑戦すること。


挑戦して、スベる。


この繰り返しで、
センスというのは
磨かれていきますので、
まずは、

・スベッても気にしないこと

・挑戦すること


この二つのマインドをしっかり持ちましょう。


女の子を笑わせるポイント


話のオチを考えることです。


例えば、ボケるにしても
いきなり、ボケても、
スベってしまう
可能性が高いですが、


ボケるポイントを前もって
作ることで笑いに化けることが
多々あります。



例えば、
「そのベルト、超オシャレだね^^」
「本当?」
「うん。女の子がしてるのあんまり見たことないし。」
「最近、流行ってるよ」
「本当?どこで買ったの?トイザラス?」
「そんなわけないでしょ。笑」
「俺ベルトが売ってるお店とか、あそこぐらいしか知らないよ。幼稚園の時、仮面ライダーのベルト買ってもらったし」
「仮面ライダーと一緒にされても全然嬉しくない。笑」
「冗談です。」


というように、
オシャレと褒め言葉を
前フリにして、
ボケることで
上記のように盛り上がることがあります。


「そのベルト、仮面ライダーみたいでカッコイイね。」


という入り方も
出来たわけですが、
上記のように

前フリとオチを
しっかり作ることで、

より会話が盛り上がるので、
是非意識してみてください。


ちなみに、女の子を
楽しませることに
特化した笑いを学ぶなら、


藤村勇気の総合恋愛会話教材をオススメします。


独学でテレビに
出ている芸人を見て、
勉強されるのも
悪いわけではないのですが、


テレビの笑いは、
実際にやると
ウケないことが多いので、
個人的には
オススメしません。

対女性に特化した笑いと
テレビに笑いの違いを知るためにも、
オススメ出来るノウハウですよ^^

藤村勇気の総合恋愛会話教材の感想と豪華限定特典のご案内