媚びてる印象を持たせない女性の褒め方

頑張って褒めているのに、女の子の反応はイマイチ・・・・


問題は褒め方にあります。


褒めるという行為は本来は、
相手を喜ばせるための行為ですが、


相手に嫌われたくないという気持ちが
交じると、高確率で、


褒める⇒媚びる


に変わってしまいます。


だから、
マインドが大切なんです。


心の持ち方が変われば、

褒めるタイミング
褒め方
使う褒め言葉

全て変わってきますよね。


繰り返しになりますが、


「何回褒めても、女の子の反応が悪いぞ!やっぱり、女の子は褒めないほうが良いんじゃないの?」


という思考回路になっている場合は、
褒め方に問題があるという認識を
強く持つようにしてください。


褒めること自体を否定してしまう
脳みそになってしまいますと、
コミュニケーションも悪くなっていく一方です。


なぜなら、人と人が仲良くなろうと
思ったらやっぱり、お互いに褒めないと
簡単には仲良くなれないからです。


(普通に仲良くなろうと思っても時間がかかるということです)


最初は社交辞令の褒め言葉でも、
お互いの褒め合いをしているうちに
本当に仲良くなれってしまうことはよくあります。



お互いが楽しい気分になる会話に
していくためには、



どちらかが媚びていては
ダメなんですね。


で、媚びていると思われないように
女の子を褒めるコツは、


思ったことを口にすることを
習慣にしてみてください。


大体、媚びているように思われる時
というのは、褒め方がよそよそしかったり、
どこか不自然な感じがするんですね。


だから、媚びていると思われるわけなんですが・・・・。


思ったことを口にするということは
例えば、女の子の寝癖が気になったとしたら、


「今日は右側の髪だけアンテナ張ってるよ。何か探してるの?」
「これは、寝癖。笑  直してる時間なかった><」


というように、思ったことをそのまま
言ってあげれば良いんです。


注意点としては、優しい表現方法を
使ってあげることぐらいです。


褒めることばかり意識していると、
上記のようないじってあげたほうが
会話が盛り上がるようなポイントも、
褒めようとしてしまいますよね。


上記の例だと


「○○ちゃんって、寝癖もなんか可愛いね。」


というような、好意が伝わってしまうような
褒め方になってしまいます。


ですので、まずは思ったことを
口にしていき、褒めるだけじゃなく、
普通の会話も自然とできるようになっていく中で、
“褒め”を入れていくと良いです。


褒めの分野の基本的なことを
今日はお話しましたが、


まずは、基本からしっかりと
やっていきましょう。


基本をきっちりやる人間だけが
褒めの天才になれます。


ちなみに、褒めの天才が作ったノウハウは、
下記ですので、ご興味が御座いましたら、
ご覧下さい。


決して、あなたの邪魔になる教材では
ないことはお約束致しますよ^^



藤村勇気の総合恋愛会話教材の感想と豪華限定特典のご案内

メニュー


■【読者プレゼント有り】メルマガ

■狙った女性を確実に落とす恋愛講座

■女に好意を持たせるLINE術指南講座

■女性の理性を崩壊させるセックス講座

■youtube動画講座

■ご相談、お問い合わせ

soudansenyou☆renaisyouzainavi.com

知りたいことや話して欲しい内容がありましたら下記からご注文ください

あなたの知りたいことをご記入ください

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ