どうも。

笹川です。

女の子のわがままに振り回されていませんか?


もし、そうだとしたら、
恋愛をすることに
疲れてしまいますので、

わがままな女の子との
付き合い方を
知ってくださいね^^


まず、わがままな女の子には、
3つのパターンがあります。


1.わがままではなく甘えている場合



好きな男には、
甘えたい願望を
持っている女の子に
好意を持たれている場合は、
わがままなことを
言ってくることがあります。


例えば、

「今度、ディズニーランド連れてってよ」
「もっと、メール返してよ」

というようなわがままですね。


恋愛経験がまだないと、
ただ、羨ましいだけかも
しれませんが、

複数の女の子と
遊ぶようになってくると、
上記のような束縛したい
女の子のわがままは
めんどくさく感じます。


こういうわがままな時は、
まともに返していると、疲れるし、
女の子も不機嫌になることが多いので、


「もっと、俺に構って欲しいってこと?」
「そうだよー。」
「めっちゃ、可愛い。もう一回言って^^」
「もう、言わない。」
「じゃあ、どうして欲しいのか言って?言わないと分からないよ。」
「私と遊んでよ。」
「素直なほうが可愛いよ^^」
「ありがとう^^」


という風に、
まともに答えるのではなく、
徐々に話をすり替えていくことで、
答えをあやふやにできます。


まあ、好意を持たれている場合は、
意識しなくても、
自然と上記のような
会話になっていくと思います。


2.性格がわがままな場合



性格がわがままな子は、
ムカつくことに、可愛いことが多いです。


男からチヤホヤされる環境に
いるため、自分がわがままだという
自覚がないんですね。


まあ、このタイプの子は、
歳をとってから苦労するんですけど・・・・。


基本的に

  • 奢るのは男の役目
  • 迎え送りは当たり前


  • こんな思考回路ですので、
    真っ向から立ち向かっていくと、


    「器の小さい男だな・・・」


    と思われて、あなたも
    無駄にイライラすることになります。


    ですので、こちらが
    大人になって良い意味で
    上から目線で接してあげる
    必要があります。


    幼稚園児の子が
    わがままを言っていることを
    想定してあげると良いです。

    「今、○○にいるんだけど、迎えに来てよ」
    「幼稚園児でも言わないようなわがままいうね。笑 何かあったの?」
    「別に何もないしー。じゃあ、いいよ(`・ω・´)」
    「冗談だって。迎えに行ってあげるよ^^ どこに行けば良いの?」


    というように、からかいつつも
    最後はわがままに
    付き合ってあげることが
    大切になります。


    普通に、

    「分かった。どこにいるの?」

    と答えると、
    なんだか媚びている
    感じがしますし、


    女の子の中の、

    【私が今まで見てきた、
    男ってこんなものよね。】

    リストに入るだけです。


    ですので、
    からかってあげることで、
    わがままな子にとっては、

    思い通りに
    いかない男になりますので、
    結果的に、他の男達との
    差別化ができます。


    3.意図的に都合の良い男にしようとわがままになっている場合



    分かりやすい例で行くと、
    キャバ嬢とお客さんのような関係ですね。


    女の子にとって
    都合の良い関係というのは、

    女の子にとって、都合が悪い、
    めんどくさい要求は、
    全て却下されます。


    「デートしたい」⇒「それじゃあ、私の欲しい物を買って」

    「会いたい」⇒「私を迎えに来てくれたら会えるよ。」


    というように、基本的に、

    「私の要求を飲まないと
    あなたの要求も聞き入れないわよ。」


    状態です。


    こういう子の場合は、

    「この男はもう少しで、私のこと好きになりそうだな。」

    と思わせ続けることです。


    人は、あと少しで手に
    入りそうなものがあると
    必死でとろうとしますよね。


    この状態を続けているだけで、
    勝手に落ちます。


    駆け引きに強くなれば、
    攻略は楽なタイプですが、


    駆け引きが得意じゃないうちは、
    苦手なタイプになるのではないかと
    思います。


    まあ、駆け引きといっても、
    さほど難しいものでもないんですけどね。


    わがままを言ってきた時、
    対応としては、先ほどと同じです。


    基本、こちらが
    大人になってあげて、子供と
    接しているような気持ちで
    話します。

    そして、普通に話していると
    女の子の思い通りの男になるので、

    「今、○○にいるんだけど、迎えに来てよ」
    「幼稚園児でも言わないようなわがままいうね。笑 何かあったの?」
    「別に何もないよ。迎えに来て欲しかったから。」
    「その言い方キュンとするね^^」


    上記のように、
    からかってあげることです。


    そして、実際には、
    わがままに付き合わないことです。


    そうすることで、

    「この男はもう少しで、私のこと好きになりそうだな。」

    状態を作り出すことが出来ます。


    わがままに付き合ってしまうと、
    「この男は、口ではこんなこと言ってるけど、本当は私のこと好きなんだろうな」
    と思われますので注意してください。



    わがままな
    女の子の3つのパターンは
    以上になります。


    女の子を口説けないうちは、
    わがままな部分が、
    ムカつくと思いますが、

    女の子を口説けるようになると、
    わがままな部分が
    可愛くみえてきます。


    というよりも、わがままな部分が
    女の子らしくて可愛い♪みたいな。


    慣れれば、わ
    がままを逆手に
    取ることもできますので、
    まずは、女の子慣れをすることです。


    そして、褒め上手になることですね。


    今日お話したテクニックも、
    褒め下手だと実践で使えません。


    最短で褒め上手になるためには、
    藤村さんの会話ノウハウのメゾットを
    学んでください。


    藤村勇気の総合恋愛会話教材の感想と豪華限定特典のご案内