女の子を会話で楽しませるための
基盤って何だか分かりますか?

先日お話したように、
笑わせることは、
とうぜん大切です。

女性を笑わせるスキルの磨き方-入門編-


ただ、面白い言葉を
言えたとしても、
基盤ができていないと、
面白さは半減して
しまうんですね。


では、基盤とは一体何なのか?


女性との会話を盛り上げるコミュニケーションの基礎



リアクションです。


オーバーリアクションを
意識することは、
会話でモテるための基本です。



逆に、リアクションが薄い男は、
話にくい人という印象を持たれます。


リアクションが薄いだけで、
会話が続きにくい原因を
一つ作っているようなものです。


話しにくい人だと思われると、
話をすることに
消極的な気持ちにさせてしまいます。


特に、面白いことを
言える自信がない人は
リアクションを大きくすることで
女性から笑いを誘えるようにもなります。


ですので、
大きなリアクションをとって、
高いテンションで接することを
意識してほしいと思います。


テレビを見ていても、
簡単にウケるのは、
テンション芸ですよね^^


(テンション芸は、一発屋と言われるような芸人さんに多いです。)


あまり、
面白いことは
言ってなくても

テンションだけで、
笑ってしまう雰囲気を
作れるということを、

笑いを追求している
プロフェッショナルが
証明しているということは、
利用しない手はないですよね。


今まで、
薄いリアクションで
コミュニケーションを
とってきたなら、


いきなり、
大きなリアクションに変えることは
難しいかと思いますし、

「俺はオーバーリアクションをするキャラじゃない」


というブレーキがかかってしまう
かもしれませんが、
考え方を変えてみてください。


リアクションを大きくできるようになる考え方


『リアクションを大きくするだけで、
面白いことを言えなくても、女の子を
笑わせることが出来るかもしれないから、
検証の意味も兼ねてやってみよう。』


上記のような気持ちで、
オーバーリアクションに挑戦して
もらえればと思います。


また、自分では、
リアクションを
大きくしているつもりでも、
他人から見たら、
全くリアクションが
大きくないことがよくあります。


“○○しているつもり”にならないためには、
自分の評価は一度捨てましょう。


【出来ているかどうかは、他人が決めること。】


という常識を頭にすり込んで、
周りの反応をよく観察してみてください。


話をしてても、
女の子の反応が全く変わらない。


「そうですねー。」というような
淡々とした返事が多い。



こういう場合は、残念ですが、
リアクションが薄い人だと
思われている可能性がかなり高いです。


ですので、イメージとしては
芸人のザキヤマさんの
ようなリアクションを意識してみてください。


お手本にするならピッタリの人です。


5

ザキヤマさんのようなリアクションを
とることに、ものすごく
抵抗がありそうなら、


普段のテンションも低いですし、
リアクションも薄いんじゃないかなと思います。


オーバーリアクションをすることに、
抵抗がなければ、結局、ザキヤマさんの
ようなテンションになっても
違和感がないはずです。


また、ザキヤマさんの
話の内容を
よく聞いていると、

ものすごく面白いことを
言っていることって
あんまりないんですね。


それなのに、いつも笑いをとれるのは
大きなリアクションがあるからです。



6

テンションをあげることや
リアクションを大きくすることが、
難しいから、テクニックに
逃げる人がいますが、


基本ができていないうちは、
何をしても、良い結果が
出ることはありません。


結局、苦手なことは
すぐに避けて通ろうとする
思考回路が、詐欺と呼ばれるような
ノウハウに手を出してしまうことにも
なったりするんですね。


恋愛商材のような、
悩みを解決することを
売りにした販売形体の商売は、

「簡単にあなたの悩みを解決できます!」

「楽にあなたの悩みを解決できますよ!」

という煽り文句を使うから、
商売が成立するんです。


恋愛に不自由ない人生にしたい
という気持ちを強くお持ちなら、
苦手なことにも、
立ち向かっていきましょう。


今現在、恋愛がうまくできていないなら、
苦手なことが多いのは当たり前なんです。


だから、苦手なことを
一つづつ減らしていくということは、

恋愛がうまくなっていっている
ということでもあるんです。