こんばんは。

笹川雄太です。

本日は、今の現実に
全く満足していない方に向けて、
どうすれば、理想の彼女を作れるのか?

ということを、
僕の経験談を元に
お伝えしていきます。


一番最初に意識すべきことは経験値を積むこと



理想の彼女を作るためには、
正しい順を踏んでいく必要があります。

「この方法を実践したら、一か月でモデル級の彼女が出来ますよ」

というような、
根拠のない無責任なことは
言いません。


上記のような言葉は
希望を与えてくれますので、
目にしている時は、
すごくいい気分だと思います。


ですが、このような、
現実的ではない妄想ばかりしていても、
あなたの恋愛が
うまくいくわけではありません。


ですので、現実的なお話しをしていきます。


今のあなたにとっていちばん重要なこと。


それは

『経験値を積むこと』

これを覚えておいてください。


あなたに今好きな女性がいたとしても、
『経験値』を積むことが大切なんですね。


なぜなら、
仮に好きな女性とデートの
チャンスがあったとしても、

そこから
相思相愛の関係に
発展させることが出来ますか?


きっと、その自信はないと思います。


自信があれば、今こうして
この記事に目を通していることも
ないでしょうから。


自信がないままデートをしても
万が一上手くいく可能性は
あるかもしれません。


成功率0%とは僕も言いきれませんからね。


ですが、そんな
運任せの恋愛スタイルで
いいんですか?


それでも、良い
ということであれば、

僕はあなたにとって
何の価値もない人間になって
しまいますので、
このブログを退室してください。


ですが、

「好きな女性とは確実に結ばれたい!」

こういうお気持ちが
あるようでしたら、

今は歯がゆくても、
グッと歯を食いしばって
経験値を積むことに専念すべきです。


今は、想像できないことだと思いますが、
恋愛経験が豊富になってくると、

今の自分では、
思いつかない女性の接し方や
口説き方ができるようになります。


だから、女性を口説くことに
自信が持てるようになるんです。


とはいっても、
相手がいなければ
デートもキスもセックスもできませんので、
経験を積めませんよね。


したがって、一番最初にすべきことは
必然的に出会いの量産になります。


今、恋愛教材をお持ちの場合も、
ここはよく頭に叩き込んでおいてくださいね。


  • ナンパ
  • 合コン
  • 友達の紹介
  • 街コン
  • クラブ
  • お見合いパーティー
  • SNS


  • など、手段は探せばいくらでもあります。


    今の時代、出会いがないというのは、
    言い訳にしかなりません。


    ですので、最初に何から
    始めたら良いか分からない場合は、
    まず、出会いを増やしてください。


    出会いが増えると、
    自分が女性からどういう
    イメージを持たれやすいのかなども
    分かるようになってきます。



    ちなみに、
    個人的におススメなのは
    SNSやアプリなどの
    ネットを使った今の時代らしい
    出会い方ですね。


    例えば、こういうサービスがあります。

    ペアーズ
    タップル
    omiai


    月額料金が、飲み代1回分より
    少し安いぐらいの金額がかかりますが、


    それでも、助成と出会えるなら
    安いもんだと思える方は、ぜひ
    活用してみてください^^


    「出会うためにあまり、費用はかけたくない」


    と言う場合は、
    ストリートナンパを
    頑張ってください。


    根気と忍耐力と
    勇気が必要になりますが、
    完全無料で、計り知れない数の
    女性と知り合うことが出来ます。


    とにかく、
    今日お伝えしたいことは、
    どれだけ恋愛テクニックを知っていたとしても

    試す相手がいなければ、
    宝の持ち腐れになるということです。



    ですので、意地でも
    出会いを作り出すようにしてください。


    また、

    「何もしなければ、出会いは生まれない」

    この厳しい言葉も
    あたまに叩き込んでください。


    この言葉から逃げていても、
    現実は何も変わりません。


    頑張りましょう^^


    また、下記の記事でも
    大切なことをお伝えしていますので、
    ご覧ください。


    童貞卒業までの目標設定!まずは5人口説く

    1週間?三か月の間に彼女を作る恋愛教材