こんにちは。


笹川雄太です。


出会いがないという
男性は多いですが、
外に出た時、

「この子カワイイな。連絡先とか聞けたら、超うれしいな」

と思ったことはないですか?


もし、あるなら、
出会いをものに
できていないだけです。


出会いはあるんです。


・・・・・いきなりの辛口ですいません。


ただ、出会いが欲しいと
思っているのなら
これぐらいの気持ちを
持ってほしかったんです。


ということで、
今日は出会いに悩む男性に向けて
初対面で連絡先を
聞くためにはどうすれば良いかを
お話したいと思います。


初対面といっても、
出会い方によって
アプローチの仕方も
若干変わってきます。

職場なのか?

ナンパなのか?

取引先なのか?

学校なのか?


色々あると思いますが、
連絡先を聞くために大切なことは、


連絡先を教えても良いなと
思われるぐらいの人間関係を
作っておくことです。


言い方を変えると、
連絡先が交換できる
ぐらい仲良くなるという
考え方をもっておくことが大前提になります。


そして、次は
その時連絡先を聞かないと
次に会う機会はないのか?


ということです。


たまに、


「職場に好きな人がいます。
どうやって連絡先を聞いたら良いですか?」

「カフェの店員さんが好きになりました。
どうやって連絡先を聞いたら良いですか?」



というご相談を受けることがあります。


連絡先を交換したい気持ちは、
分からなくもないですが、
連絡先を交換した後のことまで考えていますか?


恋愛経験が少ない方は、


連絡先が聞けた=デートに誘ったらOKしてくれる


と考えているかもしれませんが、
連絡先が聞けたからといって,
デートが出来るわけじゃないんです。


仲良くなれたから、連絡先を教えてくれるんです。

遊んだら楽しそうな人だと思われるから、デートしてくれるんです。

好きだから、告白をしてもOKをもらえるんです。



ですので、連絡先を聞く行為自体は
実はそんなに大切じゃないんですね。


どうやったら、仲良くなれるか?

どうやったら、楽しい男だと思ってもらえるか?


まずは、こういうことから
考えていかないとダメです。


仲良くなれたら、
連絡先を聞いても
全く気まずくない
雰囲気に自然となります。


ですので、仲良くなるまでは
連絡先は聞かないようにしましょう。


ただ、次会う機会がない
出会いの場合は
何をしてでも連絡先を
聞いておかないといけません。


そんな時は、
イベント事を
利用するのが良いです。



「今度バーベキューするからおいでよ。」

「今度、クラブでイベントあるからおいで。」

「今度、皆で海に行こう。」



※友達がいなくても、
ウソでも良いので言うこと


こういうことを言うと

「うん。行きたい」とか「いいよ。」
という返事が返ってきますので、

「じゃあ、その時連絡するから、連絡先教えといて」

とサラっと言うことで
連絡先を聞けます。


軽いイベントですので、
大体教えてくれますが、
これで拒否される場合は、
女の子から


「この人、生理的に無理!」

と思われている
可能性が高いので、
自分の振る舞いや、発言内容、
外見を見直してみてください。


また、肝心なのは、
連絡先を聞いた後です。


勿論、イベントごとに
本当に誘えるのであれば、

誘ってしまっても良いですが、
誘える環境がない人は
メールで仲良くなっていくしかありません。


メールで十分に仲良くなった後なら
デートに誘ってもOKをしてくれます。


そのためには、メールを
伝言板として使うのではなく
コミュニケーションツールとして
フル活用してください。


上記の連絡先の聞き方だと、
いきなり電話は
ちょっと難しいです。


女の子も、イベントに
誘ってくれる便利屋さんみたいな
印象で連絡先を交換したわけですから、


「用の無い電話はちょっと・・・・・」


と思われます。


ですので、いかにして
コミュニケーションをとって
仲良くなっていけば
良いかをものすごく考えてください。


笹川雄太

ps

藤村さんの会話教材をお持ちの方は、
女の子を口説く流れを参照の上、
ステップ1、ステップ2が完璧に出来るように
なってください。


ステップ2までをマスターできると、
連絡先ぐらい楽勝で聞けるようになります。


というよりも、連絡先が聞けない悩み自体が無くなります。