「忙しい」「時間がない」をやめる9つの習慣

笹川雄太です。


今日は、時間の作り方をお話します。


恋愛をするためには
まず、女性と出会わないことには
始まらないのですが、


「出会いを作る時間がない」


という方もこの記事をご覧になっていらっしゃる方も
多いのではないでしょうか?


一般的に、

「時間がないことを言い訳にしてはいけない。時間は作るもの」


だと言われています。



実際に間違いではありません。


ただ、世の中には本当に時間がない人が
いることも僕は知っています。


毎日残業で、
終電ギリギリの電車に乗るような
生活サイクルなのに、


「時間は作るもの」


と言われたとしたら、
ブチキレるでしょう。



僕も実際に経験があるから分かります。



昔、ナンパを中心に出会いを作ることをしてたのですが、
仕事に追われている時期がありました。



僕は元々不器用なほうなので、
仕事を容要領よく終わらせることも苦手でした。




ですので、友達から合コンやナンパの
お誘いがあっても、



「仕事が忙しいから行けないわ。また、誘って」


と言っていたら


「時間作れるように、要領よく仕事をこなせよ!」


と軽く言われてしまいました。



そして、何度も断り続けていると
お誘いがこなくなり、その友達とは
一時期疎遠になってしまったことがありました。



友達からしてみると、
仕事を言い訳にしているようにしか
見えないわけですから、お誘いが来なくなるのも
分かります。



その友達は要領が良かったですから。



ただ、プライベートが
うまくいかなくなったことで、
勝手に世の中を恨んでいるようになっていました。



自分で選んだ環境なのにです。



当時は、


「時間があるやつはいいよな!!!」


というのが、口癖になっていた気がします。



ただ、こんなことを
言っていても、環境が変わるわけもなく
時間だけが過ぎていきました。



そこで僕は、
効率を考えるようになりました。



効率を考えるようになった理由は、


クタクタな毎日を過ごして
やっと作れた休日に、出会いを
作るためのエネルギーを持つことが、
厳しかったからです。



「どうすれば、少ない時間で女の子と遊べるんだろう?」



結果、


・風俗

・ネット

・クラブナンパ


の出会い方を中心に
活動をすることにしました。



社内に女性がいれば
社内恋愛も考えたのですが
残念ながら、当時は
社内に女性が一人もいない職場環境でした。



合コンは、予定が合わないため
出来ませんでした。


そして、ストリートナンパは
当時は、仕事のことで頭がいっぱいいっぱいだったので
休みの日に、ストリートナンパをする元気がありませんでした。



ですので、手軽な上記の三つの
出会い方に絞り込んだんです。



1.風俗



仕事に費やす時間が多かったため、
貯金は溜まっていたので、


月に二回ほど、
風俗へ行っていました。



風俗へ行った一番の理由は、
単純に、性欲の発散です。笑


ついでに、連絡先も
聞けたらラッキー程度の
気持ちで行きました。



ただ、完全なストレス発散ではなく
ある程度、口説くことも意識しながら
行っていました。



2.ネット


時間の合間を見て
ネットもしていました。



ネットの攻略法については
こちらのほうで、詳しくお話ししています。


⇒ ネットナンパ攻略法



使ったサイトは
とにかく手軽に会えるサイトです。



全体的に、可愛くない女性の割合が
多い傾向にありますが、


それでも当時の僕は、
女の子を選ぶ贅沢をする気持ちの
余裕すらなかったんです。


「誰でもいいからやりたい」


というのが、
正直な感想でした。



3.クラブナンパ



そして、最後はクラブナンパ。



クラブナンパは、
アルコールも入っているせいか、
女の子と仲良くなりやすいです。


そして、男女問わず、
ワイワイと騒ぐ場ですので、
仲良くなりやすいです。


僕の場合は、
ストレス発散目的で行っていた
理由もありました。



うまくいけば、お持ち帰りも
出来るかも、という気持ちもあって
一時期通っていました。



僕の場合は、ストレス発散もかねて
出会い方を選んでいました。



おかげで、
数人でしたが、関係を持つことも出来ましたし、
彼女になった女の子もいました。



すると、仕事のほうにも
集中できるようになりました。



あくまで僕の例ですので
参考にならないかもしれませんが、



自分の時間がない場合は、


1.環境を変える
2.労力の少ない出会い方を見つける


このどちらかを取り入れることが
大切になってきます。



環境を変えるというのは、
拘束時間が長すぎて、自分の時間を
中々作れないのなら、


拘束時間を短くして、自分の時間を
作れる仕事に転職をしてみる。


というのが、一つの方法です。


ただ、転職なんて
簡単に出来るものではありませんので
そこは、ご自身の判断で決断して欲しいと思います。



また、もう一つの方法は、
普段の仕事時間をどうすれば、
短くすることが出来るかを考え抜くことです。



どうすれば、
要領よく出来るかを
考え抜くことが大切になります。



僕の場合は、
要領を考え出すと、仕事にミスが出てきたので
神経を仕事に集中していました。



結果、仕事以外のことを
考えられなくなったので、仕事をやめました。



2.労力の少ない出会い方を考える


先ほど、僕の例をお話ししましたが、
大切なのは、自分にとって労力を出来るだけかけない
方法を考えることです。



例えば、三度の飯よりも
ナンパが好きなのであれば、



休日に、ナンパをすることはさほど
苦痛にはならないと思います。


僕の場合は、ナンパを継続的に
している時期はナンパが苦痛ではなかったのですが、


仕事に追われ、ナンパ出来ない期間が
続いたことで、ナンパに出ることに
エネルギーを使うようになってしまったんです。


だから、ストリートナンパから
クラブナンパにシフトチェンジしました。


友達も出来るし、無視もされない場所


というのが、クラブの魅力です。


また、ナンパは苦手だけど
ネットなら労力をかけない人もいます。



【労力をかけない方法】



というのは、本当に人それぞれですので
是非、自分に合った方法を見つけてくださいね^^


ps


ちなみに、この記事の最初で
表示された画像の書籍は

「忙しい」「時間がない」をやめる9つの習慣 (だいわ文庫)

です。

  

メニュー

■恋愛ノウハウの選び方ガイド

■【読者プレゼント有り】メルマガ

■狙った女性を確実に落とす恋愛講座

■女に好意を持たせるLINE術指南講座

■女性の理性を崩壊させるセックス講座

■youtube動画講座

■ご相談、お問い合わせ

soudansenyou☆renaisyouzainavi.com