付き合う前の2回目のデートで女性を落とすための恋愛テクニック


どうも。

笹川雄太です。


今回は、付き合う前の2回目のデートで
女性を落とすための恋愛テクニックについて
お伝えしていきます。


デートは回数が重要ではなく質が重要だと心得よ!




まず、最初に知っておいてほしいことは、
デートは回数が大事なのではないということです。


よく、「○○回のデートで落とす」なんて
マニュアル的なデート教材ありますよね。


「一回目のデートは手をつなぐだけ」

「二回目のデートはキスまで」


とかです。


こうやって決めてくれたほうが
恋愛経験が少ない男性にとっては、
楽かもしれませんが、


女性との距離感に応じて、
臨機応変な対応ができない場合は
デートの回数を意識した口説き方は
辞めましょう。


この考え方というのは、女性の好意を無視し、
こちらの都合で女性との関係を進展させようと
していますよね。


だから、上手く来ません。


女性を口説く本質というのは、非常にシンプルです。


一回目のデートでも、
女性が好意を持ってくれて


ボディタッチを許し、キスも許し、
軽い愛撫も許したなら、当たり前ですけど
初デートでセックスまで話が進みます。


逆に、女性がこちらに
好意をもってくれていないなら


ボディタッチをしても、
警戒されるだけですので、
してはいけなせん。


つまり、何回デートをしたとしても、
ボディタッチすらできない関係が
続くということです。


ですので、大切なのは、
ボディタッチをしても警戒されないぐらい
女性は好意をもってくれているのか?


キスをしても、嫌がられないぐらい
好意をもってくれているのか?


ということを見抜けないといけませんし、
ボディタッチやキスを許してもらえるほど
好意を持ってもらわないといけないということです。



で、相手も人間ですから、
口説きやすい女性、
口説きにくい女性がいます。


また、自分の経験値と
相手の経験値に大きく差があれば、
当然、関係を深める時間にも大きな差があります。


ですので、この部分は
マニュアル化はできないと
理解してください。


目標を明確にせよ!



ただ、矛盾していることを言うようですが、

「せめて、一回目のデートでここまではやろう!」

という目標を決めてデートに
臨む期間があったほうが良い時もあるんですね。


それは、どういう時かというと、
女性経験が20人以下の時です。


こういう場合は、とにかく、
沢山の女性と知り合って、
沢山デートをして経験値を
積んでいくことが大切になるのですが、



やはり、やったことがないことに
挑戦していかないと、成長はないので、

「せめて、一回目のデートでここまではやろう!」

という目標設定が大切なんですね。


仮に、一回目のデートでは、

「どうにかボディタッチをしよう!」

という目標を決めて、デートに臨んだとします。


すると、どうすれば、
ボディタッチをしても
嫌がられないかを考えながら、女性と接しますよね。


最初は、下心を悟られて
失敗することもあると思います。


でも、それも学習に繋がります。


「ボディタッチを強く意識しすぎると、下心を悟られやすくなる」

という学習をです。


じゃあ、どうやって、
下心を悟られないようにするべきか?


ということを考えたりします。



ただ、ここで、

「下心を悟られないようにするために、一回目のデートは何もせずに帰ったほうが良いな」

っていう消極的な考えになるとダメですよ。


なぜかというと、この考え方が
マニュアル化してしまうと、

「一回目はとにかく、無難な話をしてればそれでいいや」


というマインドになりがちだからです。


どんな場合でも、自分に
どれぐらいの好意を持ってくれているのか?


ということを意識しながら、
女性を口説てください。


そして、この意識を持ちながら、

「どうすれば、ボディタッチをしても警戒されないようにできるのか?」

ということを考えます。


難しいですか?笑



でも、女性を口説くということは
こういうことです。


この答えを自分で見つけられない場合は、
素直に、ノウハウを学んでしまったほうが良いので、
僕なら、このノウハウをおススメします。



二回目のデートで好印象を得やすいテクニック



上記の話は基本であり、
今日お話したかった内容のメインです。


上記の基本を落とし込んだ上で
使えるテクニックがあります。


テクニックと言っても、小手先なんですけどね。


でも上記の考え方を
落とし込むことが出来れば、


一気に女性を落としやすい状況に
持っていくこともできます。


それじゃあ、それは、どういう
テクニックなのかという、
ギャップを使います。


一回目のデートを私服でしたのなら、
二回目のデートでは、スーツにしてください。


そうすることで、仕事ができる男の
イメージを女性に強く与えることができます。


なんで、スーツが女性ウケ鉄板なのかというと、
今まで仕事を頑張っていたという
バックボーンがあるからです。


ですので、二回目のデートをする際は
意識してみてください。


あと、デートの場所を意識するのも良いですね。


一回目のデートが、飲みのデートなら、
二回目は、車で夜景スポットを見に行くとか、


真面目な感じで責めるなら、
二回目は、あえてランチというのもありです。


何にせよ、TPOと女性の好意レベルに
合わせたデートプランを考えることが
何より大切だということは覚えておいてください。



で、ここを考えるのって、疲れるし、
デートプランのチョイスを
間違えることもありますが、
それも経験です。



頑張ってください^^


出会いが沢山あれば、
一回の失敗なんて全く気にならなくなりますので


今回のお話を取り入れる場合は
同時並行で出会いの量産にも力を
入れてくださいね^^

メニュー


■【読者プレゼント有り】メルマガ

■狙った女性を確実に落とす恋愛講座

■女に好意を持たせるLINE術指南講座

■女性の理性を崩壊させるセックス講座

■youtube動画講座

■ご相談、お問い合わせ

soudansenyou☆renaisyouzainavi.com

知りたいことや話して欲しい内容がありましたら下記からご注文ください

あなたの知りたいことをご記入ください

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ