2回目のデートができない・・・をなくすための解決方法

デートまでこぎつけることはできるが、
二度目のデートがいつもない。

一体、時分の何が悪いのかが分からない・・・

という方のために、今回は、
その原因は一体どこにあるのかをお伝えしていきます。

実は、僕も昔、二回目のデートが
できないことで悩んでいましたので、
お気持ちはすごく分かります。

ですが、あることをしてから、
この悩みは完全になくなりました。


そして、今となっては、もう、
500人以上の女性とはデートしていますが、
狙った女性であれば、

一回しか会えない女性というのは、
いなくなりました。


ですので、今回は、僕がしたあることについて
お伝えしていこうと思います。


二回目のデートがない具体的な5つの理由


1.会う前と会った時のキャラが違うと思われた


例えば、会う前のLINEのやり取りでは、
ノリが良くて、ユーモアもあり、
優しい男だと思われていたとします。

「面白いね^^」とか
「優しいね」とLINEのやりとりで
何回か言われたとしたら、


相手は確実に

・ノリが良い男
・ユーモアのある男
・優しい男

だというイメージをあなたに持ちます。


このようなイメージというのは基本的に
プラスイメージではあります。


ただ、実際のあなたが

・高いテンションで話すことが苦手
・ユーモアのある会話をすることが苦手
・気配りが苦手

でしたら、当然ですが、
あなたと会った女性は違和感を感じます。


そして、時間がたつにつれて、
この違和感が徐々に大きくなっていき、

「なんか、この人思ってた感じと違うな・・・」

と思われてしまうわけです。

そして、

「次はもう会わなくていいや」

と思われて終わります。

2.つまらない男だと思われた

上記の続きですが、実際に会って話している時に、
会話が全く盛り上がらないと女性は退屈します。


そして、女性は基本的に受け身ですので、
一緒にいてつまらない男とデートをしたいとは
思わないんですね。


ですので、デート中に退屈をさせてしまう男は、
次のデートはないという構図は覚えておきましょう。

そして、相手が退屈しているのか
楽しいと思っているのかを判断するためには、


女性の笑顔の回数や、テンションを高くして
話しているかを目安にしてください。


基本的に、テンションは低くてたまに
笑顔を見せる程度でしたら、相手が気を使って
愛想笑いをしてる可能性が高いです。


ですので、ノリよく話していない場合は、
退屈している可能性は高いと判断することが出来ます。


3.二回目もぜひ会ってほしいと強くは思わなかった

これは、女性によって、変わってくるのですが、
モテる女性ほど、二回目もあっても良いかなと思ってもらうハードルは上がります。

そこまでモテない女性であれば、
褒めてあげるだけでも、「この人とまた会いたい」と
思ってもらえますが、

モテる女性の場合は、

・褒め上手なだけではダメ
・ただ面白いだけでもダメ
・気が利くだけでもダメ

というように、沢山の要素を持っていないと、
男を意識させることができません。


僕の経験上だと、デートの後、
「今日は楽しかったです」だけだと、
社交辞令の場合が多いです。


楽しいと思ってくれた場合は、
デート後のラインも盛り上がるからです。


4.出会って30分で帰った

これは、実際に会ったお話です。

このブログの読者さんからのご相談なのですが、
その方は

「短時間で良いので、何回も接触回数を増やした方が女性に興味を持ってもらいやすい」

というテクニックを意識していたらしく、
デートにこぎつけた女性と話をして、


ボロが出ないうちにということで
30分で切り上げたそうです。


ただ、問題だったのは、話を聞くと女性もそれなりに
デートモードできていたことでした。


こちらに興味ももっていないその辺で
ナンパしてきたような女性でしたら

「じゃあ、1時間だけで良いから、ご飯行こう」

と誘い、会話が盛り上がっている途中で
切り上げる方法は、場合によっては有効です。


ですが、女性がある程度、異性を意識して
デートに来た場合は、早めに切り上げるのは
失礼です。


例えば、あなたが振り向かせたい女性と
やっとデートまでこぎつけたとして、


その女性が、デートに来て、数分で

「この後、予定あるから」などと
適当に理由をつけて帰ったとしたら、
どんな気持ちになりますか?


「俺、全然興味持たれてないな・・・」


と思いませんか?


これと同じ気持ちを女性にさせてしまうということです。


こんなことをしたら、当然ですが、二回目はありません。


狭い視野でテクニックを使うと間違いなく失敗します。

テクニックを使うことよりも、
TPOに合わせたベストな対応を
心がけてください。


5.デートが終わった後のLINEの内容に問題があった

この失敗はあまりないのですが、
僕の場合、たまにやらかしてしまうことがあるので、
一応載せておきます。


連絡を取る相手が多すぎるとやってしまう可能性あがります。


例えば、下記のラインを見てください。

linesipai
デートしてから、そのままに何も連絡を取らず
4日後に返事をしたのですが、その後連絡はありません。


これは、あんまりタイプの女性ではなかったので、
デート後他の女性と会っていて、そのままLINEをするのを
忘れていたのですが、


こういうミスは、取り返しのつかない失敗なので、
あなたはしないようにしてくださいね。


二回目のデートにこぎつけるためにするべき5つのこと


1.自分のキャラに一貫性を持たせる

LINEのやり取りの時に、
面白いとい終われたり、
優しいねと言われたら、


実際に会った時も

・面白いと思われる会話をする

・優しいと思われる行動をする

です。


「それが、できないから困ってるんだよ」


というお声もあるかもしれませんが、
できないで終わらせるのではなく、
できるようにならないといけないという
前向きな気持ちを持つことがすごく大切になります。


ちなみに、現状の自分のキャラが、

・テンションが高くない
・ユーモアが苦手
・褒めるのが苦手
・気配りが苦手

ということなので、
LINEの時のキャラも上記と
同等にすると一貫性は守れますが、

上記のような男とは女性は会いたいと思ってくれませんので、
結局デートまでたどり着くことはありません。


2.話してて楽しい男だと思われるようにする

この方法論については、また後日お話ししますが、
今回は、【楽しい男になる】という選択から
逃げないように、しっかりと決意してください。

人間は、想像できないことを要求されると
逃げたくなるものですが、やはり、
逃げてばかりだと、成長しませんよね。


結局、ノウハウコレクターと言われる人たちは、
逃げてきた結果の今です。


例えば、

「俺は楽しませることが苦手だから、聞き役に回ろう」


このような考え方も逃げの思考です。

その結果、

「聞き上手になってモテましょう」

というような教材に手を出し、
時間、お金、労力を無駄にします。

3.一回のデートで口説き落としてしまう

技術のいることですが、一度のデートで落とせるようになれば、
当然のことながら、二度目のデートの心配をする必要がなくなります。


ですので、現状、

「どうやったら、二回目のデートができるかな?」

ということに思考を
張りめぐらせているようでしたら、
ぜひ、

「最終的に、一回のデートで口説き落とすためにはどうしたら良いだろう?」

という考え方に変えてみてください。


根底が変わりますので、結果的に
本質が見えてきます。


4.楽しませられる時間の限界を把握しておく

これはすごく大切なことです。

女性に飽きられないようにするためには、
自分が楽しませられる時間は把握しておいた方が良いです。


言ってみれば、現状の実力の限界を
知っておいた方が良いってことですね。

ただし、最低2時間ぐらいは、楽しませられないと
話にならないことは知っておいてください。

女性もわざわざ時間を使って、デートしに来てくれているのに、
1時間程度で帰ってしまうと、

「私をバカにしてるの?」

って思いますし、2時間も一緒にいて
楽しいと思えない男と付き合いたいと思う女性はいません。


ですから、楽しませられる時間は長ければ長いに
越したことはありませんが、自信がないうちは、
自分の限界を知り、その手前でデートを終えるようにすることで、

「また、デートしても良いかな」

と思ってもらうことができます。


5.デート後のLINEで失敗をしないようにする

LINEの失敗をなくすためには、
一言でいえば、ミスをしないことなのですが、


もっと、具体的に知りたい場合は、
LINEセミナーを無料で主催していますので、
ご参加ください。


本日のおさらい


根底にある問題点としては、会話力が弱いということです。

リアルで楽しませるスキルがあれば、

会う前と会った後の
キャラが違うなどと思われることもないですし、
次にまた会いたいと思われるようにもなるわけです。


メニュー


■【読者プレゼント有り】メルマガ

■狙った女性を確実に落とす恋愛講座

■女に好意を持たせるLINE術指南講座

■女性の理性を崩壊させるセックス講座

■youtube動画講座

■ご相談、お問い合わせ

soudansenyou☆renaisyouzainavi.com

知りたいことや話して欲しい内容がありましたら下記からご注文ください

あなたの知りたいことをご記入ください

上記内容でよろしければチェックを入れて送信ボタンをクリックしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ